Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

from Michinoku 『釣行記 6月13日桧原湖』

東北の住民さんより釣果報告を頂きました!

何時もの如く素晴らしい釣果ですよー♪

d0145899_1262197.jpg

桧原湖にて、ポストスポーナー狙いのビーツァM5と M7によるクランキングがハマりましたので、御報告させて頂きます!

6月13日/桧原湖
フィールドコンディション↓
天候:晴れ後曇り
気温:20℃~24℃
水温:19℃~23℃
風:南東の風一時南風 風速2m~3m
水色:クリア

この日は、友人に同船させてもらっての釣行でした。

アイスフィッシング以来の桧原湖釣行となります。

昼前からと遅めのスタートフィッシングだったこともあり、状況をいち早くチェックする為にも、ウィンディーサイドとなる湖北部からのクランキング展開でスタートしました。

まず、ポストスポーン期のセオリー通り、ワンドベイマウスに位置し、ウィードフラットが広がるスト レッチへ。

良い感じに風が吹き付けています。

ビーツァM5をチョイスし、キャスト。

ハイスピードクランキングで流し始めた2投目、ファーストフィッシュがヒット!

d0145899_1274399.jpg

幸先よくナイスフィッシュをキャッチしました♪

その後も、ビーツァM5のハイスピードクランキングで流していくと連発♪

d0145899_12952.jpg

どうやら、水深1.5m前後がプライムなレンジだった様で、ウィードフラットのアウトサイドエッジより も、ポケットやインサイドエッジでバイトしてくるイメージでした。

なかには、ボート際までチェイスしてバイトしてくるバスもいました。

そのまま流した後、少し移動し、ベイマウスにウィードフラットとスタンプ群が絡むストレッチへ。

今度は、先程とは少しアウトサイドにボートポジ ションをとり、点在するスタンプのトップを狙うイメージで、ビーツァM7をチョイス。

再びハイスピードクランキングで流し始めると、ま た2投目にナイスフィッシュをキャッチ(笑)

読みが合っているのか、とても楽しい展開です。

そして、そのまま流していき、この日最大となる42~3cmのナイスフィッシュをキャッチ!

やはり、スタンプに適度にコンタクトした瞬間のバイトでした♪

ここまで、ビーツァのハイスピードクランキングのみで7匹のナイスフィッシュをキャッチしました ♪

その後、インサイドもビーツァM5で流すと、友人がキャストしていたロデオドライブにもナイスフィッシュがヒット♪

ここでお昼を回った頃、この日はこのままクランキングパターンで押し通すことにしました。

風当たりが弱くなり、パワーダウンを感じたことから移動することに。

始めのストレッチに戻ればさらに釣れそうな気がしたのですが、他のエリアを見てみたいということもあり、湖中央部西岸へ移動。

こちらも、良い感じにウィンディーサイドとなっています。

こちらでは、ロックハンプ周辺からチェックを開始しました。

ビーツァM7で、この日のプライムゾーンと思われる 1.5mに絡むドロップオフからチェックを開始する と、やはり早々にナイスフィッシュをキャッチ♪

インサイドでは、やはりビーツァM5でナイスフィッシュをキャッチしました♪

しかし、夕方になると、クランキングパターンに対する反応が鈍くなってきました。

SD85Fにローテーションし、ジャーキングで攻めると、チェイスはあるもバイトまで至りません。

そこでスローダウンし、アノストレート4.5インチ のネコリグなどを入れてみると、サイズダウンはしたものの、キャッチすることが出来ました。

ここで移動し、この日ラストのスポットへ、水門のチャネ ルに岬が隣接する桧原湖超定番のスポットです。

岬上のハンプをトップウォーターで攻めます。

友人がペンシルベイトでナイスフィッシュをキャッチし、自分もペンシルベイトをキャストしたのですが、バイトはあるものの、乗りません。

移動距離を抑えたアクションでしっかりバイトさせる為、トリプルインパクト105へとローテーション。

リッピングで攻めると、バイト!

d0145899_1304182.jpg

このトリパクフィッシュがラストフィッシュとなり、この日の釣行を終えたのでした♪

最終的に、ほぼパワーフィッシングの展開でツヌケの釣果となり、ハイシーズンに入ってから今年初の桧原湖釣行でしたが、最高に楽しいゲーム展開となりました。

初夏の爽やかなロケーションと美しい夕焼け、元気なバス達…、本当に、桧原湖は素晴らしいフィールドだと再確認しました。

福島には、この他にも素晴らしいバスフィールドが存在します。

何時までも、この素晴らしい福島のフィールドで釣りが楽しめる様にと切望してなりません。

ちなみに、この季節は、今回の様なパターンであってもネストのバスが釣れている可能性が高いので、キープなどはせずに、出来る限り迅速にリリースするべきではないかと自分は思います。

タックルデータ↓ ① ロッド:シマノ スコーピオンXT1600SS リール:シマノ スコーピオン1000 ライン:サンライン FCスナイパー14lb ルアー:ビーツァM5

② ロッド:シマノ ファイナルディメンションTS-1610MLF リール:シマノ メタニウムMg7 ライン:サンライン FCスナイパー14lb ルアー:ビーツァM7

③ ロッド:シマノ レサト1622R リール:メタニウムXT ライン:サンライン シューターディファイアー19lb ルアー:トリプルインパクト105


また、ビーツァ再販を熱望される声が私のもとにも多数届いております!

お忙しいことと思いますが、ビーツァ復活、宜しくお願い致します!



東北の住民さん、ありがとうございました!

桧原湖のハイスピードクランキング、めっちゃ楽しそうですね!
そう言えば相棒AYSさんも、ビーツァM7でナイスフィッシュを連発されていましたね。

いやぁ、桧原湖素晴らしすぎです!!(興奮)


にしても、注目は今回の東北の住民さんの使用タックル。
今回は急遽桧原湖に行く事になって、何時ものラージマウスタックルのまま臨まれたみたいですが、めっちゃ糸太いですね~。(笑)

要はバスが糸に気が付く間もないぐらいのファーストリトリーブって事なんでしょうか?
魚が問題なく食ってくるのなら、糸が太ければ太い程ラインブレイクの可能性が減ると思いますし、魚のファイト時間も短くできるので、リリース後の生存率も高まると思うんですよね~。

素晴らしき福島のスモールマウスフィッシングが、未来永劫楽しめる事を心より願っておりますよ~!

そうそう、ビーツァの復活ですが、必ずややり遂げますので、もうしばしお時間を頂ければ幸いです。
ここまで沢山の方がビーツァで釣って下さってるのに、復活させない訳に行かないですよね。(笑)

東北の住民さん、ありがとうございました!
(バス君の手持ち写真もありがとうございます!)
by nishinelureworks | 2013-06-15 01:49 | from Michinoku | Trackback
トラックバックURL : https://beatour.exblog.jp/tb/18973719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31