人気ブログランキング | 話題のタグを見る

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』

昨日、アッパーナイアガラリバー&レイク・エリーに出撃してきました!

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_241846.jpg

7月11日
■ フィールドコンディション(アッパーナイアガラリバー&レイク・エリー)
天候 :ドピーカン
水温 :21.3℃
気温 :17~22℃
風向 :北東強風→南西強風
水色 :クリアー

朝ボートランプにたどり着くと、ガイドに出撃前のポールさん発見!

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_2111853.jpg

ゲストの方々と打ち合わせ中のポールさん♪

自分もポールさんに色々教えてもらい、ポールさん情報を元に、まずはアッパーナイアガラリバーの様子を見る事にします。

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_2141529.jpg

いざ、出撃~!!

何時もの事ながら、この瞬間ってホント、ドキドキしますね~♪


そして、ファーストスポットでいきなり反応あり!

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_216624.jpg

デカビーツァウェイクのプロトモデルにガボンと激しくアタックしてきてくれたのはスモールマウスの42センチ!!

いやぁ、やっぱトップは楽しいですね~♪

しかし、その後、追いはあるもののなかなかバイトに至りません。

デカビーウェイク、パユート、ジャークベイト等に追いかけてくるものの、あと一歩のところで食わない状態。

そこで、先日、エリー湖で調子の良かったオチアユWPを試してみたら・・・・・

なんと!一投目にいきなり食ってきたー!!

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_2184242.jpg

この日テストに投入したばかりのオチアユWPテストカラーをひったくって行ったのは、47センチ1750gのナイススモールマウス!!

何が違うのかよく分かりませんが、オチアユWPにルアーチェンジしたら一発で食ってきました。
しかも、その次のキャストにも、同じぐらいか、少し大きいぐらいのビッグスモールマウスがヒット!
しかし、あえなくジャンプ一発でサヨウナラ~。(残念)

この後、バイトが途絶えたので、めぼしそうなスポットをランガンしてみます。

そしたら、2つ目のスポットで、デカビーツァウェイクにまさかのラージマウスがヒット!!

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_2315224.jpg

ナイアガラリバーは完全にスモールマウスが優勢種な事もあって、ラージマウスは珍しい♪(笑)

そして、3つめのスポットで、スモールマウスヒット!!

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_2342511.jpg

舟べりまでジャークベイトを激しくチェイスしてきて食ってきてくれたのはスモールマウスの41センチ君!

ちなみに、この写真の背景に写っている景色はアメリカ領です。

ナイアガラリバーを境にして、右岸がアメリカ、左岸がカナダなので、GPSで国境線を確認しながらカナダ領を釣っています。(NY州のライセンスを持っていたら、アメリカ領での釣りも可能)

と言う訳で、アッパーナイアガラリバーでそれなりに釣れたのでレイクエリーに向かいます!

ナイアガラリバーをずんずん遡ると、アーチ形状の特徴的な橋が見えてきます。
これがアメリカとカナダをつなぐ、その名も"Peace Bridge"(平和の橋)

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_264932.jpg

この橋の向こう側がエリー湖です!!

そして、いざエリー湖へ!!

Navionicsを確認しながら沖の小島に向かいます。

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_2451129.jpg

この小島はアメリカ側から広がる広大なフラットの先端部に位置する小島。

この島の向こう側はアメリカ領です。

アメリカ領で産卵を終えたスモールマウス君達が、ここまで来てないかとの予測の元、行ってみたのですが、残念ながら不発。

そうこうしているうちに南西風が強くなり、エリー湖にうねりが入り始めます。

そこで新兵器を投入!!
使いたくてウズウズしていたこの子の出番がついにやってきました!!

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_2483276.jpg

各方面から良い評価を耳にするエレキの修理屋さんの落下傘を、エリー湖に投下!!

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_2515395.jpg

エリー湖の広大な水平線をバックに力強く開き、水を溜め込んでくれる修理屋さんの落下傘。

心強い事この上なしです!!

今回、初めてシーアンカーなるものを使ってみたのですが、これがかなり素晴らしいの一言♪

釣行記 『7月11日 レイク・エリー』_d0145899_25631.jpg

この日の状況はうねり+他の船の引き波が合体すると、ボートの前と後ろから同時に水が入ってくるぐらいの波。(って言えば、波の大きさが想像して頂けますでしょうか?汗)
そんな状況なので、フロントデッキに立ってトローリングモーターを踏むのはかなり危険な状態。

が、シーアンカーを使用することによって、フロントデッキに立つ必要性が無くなり、船の中央部の一番揺れが小さい部分に立って釣りできるので、非常に楽に釣りをすることが出来ました♪

エレキの修理屋さんの落下傘。
これからのエリー湖釣行のマストアイテムになるのは間違いなしです!(エレキの修理屋さんのブログ


が、しかし、どんどん風の強さが増していくエリー湖。
何度かのドリフトを試みてみるものの、船の進路変更をするのも気合を必要とするような状況になってきたので退散。
残念ながら、エリー湖でバスをキャッチできずでしたが、安全第一です。

また早くエリー湖に行きたいなぁ。

ホント、ここで釣りができる事に感謝。そして、この日、釣れくれたバス君達に感謝です!!

■ 使用タックル1
ロッド : ファイナルディメンションTS168M
リール : カルカッタコンクエスト101DC
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー: デカビーツァウェイク・プロトモデル(アルワイフカラー)

■ 使用タックル2
ロッド : ファーレンハイト172MHF
リール : アンタレスAR
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー : オチアユWP(チャートリュースバック)

■ 使用タックル3
ロッド : ファイナルディメンション・アンリミテッド166ML
リール : アルデバランMg7
ライン : レッドスプール16ポンド
ルアー : ジャークベイトプロトモデル115mm
by nishinelureworks | 2013-07-13 03:58 | 釣行記 | Trackback

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31