Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

琵琶湖TEST釣行記 【2018年 初釣り】

稲吉さんから2018年1発目の琵琶湖TEST釣行記を頂きました!

ビーツァM7をがっつりと!嬉しい~!

d0145899_21553903.jpg
2018年 初釣り

こんにちは。

3月17日(土)、琵琶湖(南湖)に初釣りに行ってきました。

まずは、チッパワを試してみたいのでシャローへ。
水温は10℃あるし、釣れそうな雰囲気。
朝は、ここ数日の暖かさはなく寒さを感じるので、チッパワを投げたい気持ちを抑え、少し深いエリアからチェックすることに。
少し深いエリア(2m前後)といえば、ビーツァM7の出番!

ビーツァM7でゆっくり丁寧にボトムを舐めるイメージで何投かしていると、「フッ」と軽くなるバイト。
今年のファーストフィッシュは、56cm(3000g)!
d0145899_21555685.jpg
超~嬉しい!

少し暖かくなってきたタイミングで、もう一段浅いレンジをチッパワRBにてチェック。
今度は明確な気持ちのいいバイト!
44cmをキャッチ。
d0145899_22000100.jpg

その後は、期待できそうなシャロー~ディープのエリアを様々なルアーでチェック。
チェックしたルアーの中でヤマセンコー4inchは、50cm、46cm、40cmをキャッチできました。
d0145899_22004309.jpg

2018年の初釣行は、ビーツァM7とチッパワRBのおかげで幸先の良いスタートを切ることができました。


・・・・チッパワRBについて・・・・

チッパワRBの軽快な引き心地、障害物回避能力の高さやカマキリフックの刺さりの良さなどは、たくさんの皆さんからご紹介頂いており、私も同感なので割愛させて頂きます。

チッパワのプロトモデルと製品版の違いについて紹介させて頂きます。

チッパワのプロト(発泡ウレタンモデル)の琵琶湖TESTでは、それなりに釣れるクランクって感じでしたが、正直、これはいい!とは言えず何かモヤモヤした状況でした。
元々、カナダでBIGスモールを狙う為に作ったシャロークランクだとお聞きしていたので、あちらではこの強波動系アクションを必要としているのだと思い、あえて意見は控えさせて頂いておりました。

d0145899_22442967.jpg
発泡ウレタンのプロトモデルがインジェクションになり、リップがスクエアビルからラウンドビルになっただけと思っていましたが、ボデーサイズ(長さ・幅)も若干変わっている。(驚)

巻いてみたらアクションも全くの別物だし、直感で釣れるクランクだと判ります。(驚)
いいルアーを世に出すために細部までこだわっているところが、西根さんの素敵なところ。
チッパワRB、一軍入り決定です!

私の中では、プロトタイプも含め40cm台しか釣れないジンクスは継続中です。(笑)
早くジンクスを破りたい!
それでは!

◆◆タックルデータ◆◆
【クランク用①】
ロッド:スティーズ 731MRB-LM
リール:スティーズ A TW 1016H
ライン:スーパーハードプレミアムプラス 14lb
ルアー:ビーツァM7、ファットブル8

【クランク用②】
ロッド:HB760M
リール:ジリオン SV TW 1016SV-H
ライン:スーパーハードストロング 16lb
ルアー:チッパワRB

【ライトリグ用】
ロッド:FDアンリミテッド274M
リール:セルテート2506
ライン:スーパーハードプレミアプラス 6lb
ルアー:ヤマセンコー4inch



稲吉さん、ありがとうございました!!

初釣りからいきなりビッグバス連発。やっぱ稲吉さんは凄いっすね~!

この時期、ビーツァM7は稲吉さんの十八番なのですが、今年もナイスフィッシュが釣れたとの事で嬉しすぎです♪(嬉)

文中で稲吉さんが発泡ウレタン製プロトチッパワと、製品版チッパワの違いについて書いて下さっておりますが、製品版チッパワは僕の最後のちゃぶ台返しで急遽ラウンドリップ仕様に変更されたのですが、その理由はまさに稲吉さんが書いて下さっている事そのものだったんです。(ちゃぶ台返しの顛末はコチラ

発泡ウレタン製チッパワは製品版と比較すると、かなり強振動系のアクション設定なんですけど、この強振動がもろ刃の剣になっていて、場合によってはすごい爆発力を秘めているものの、振動が強すぎるが故、いつでもどこでも投げれるという感じではなかったんですよね。

稲吉さんも書いて下さっておりますが、僕も初期型発泡ウレタンモデルに、どことなく完璧にハマっていない感を感じていたのがこの点で、ラウンドリップ化することによって探していた最後のパズルのピースが見つかったという感じでした。

そして、ラウンドリップモデルというベースモデルが完成してくれたおかげで、その先にあるチッパワのシステムクランク化の道筋をはっきりとイメージすることができるようになりました。

稲吉さんは釣れるものは釣れる、釣れないものは釣れないと何時もはっきり言って下さるのですが、そんな稲吉さんのタックルボックスにチッパワRBが一軍登録されたのは嬉しいですね。(すでにビッグバス連発の釣果報告を頂いたつもりになってますw)

稲吉さん、素晴らしい釣果報告を頂き、ありがとうございました!


■ 稲吉さんに業務連絡
近いうちにまたプロトクランクを色々とお送りすると思いますのでテストお願いしますね~!
by nishinelureworks | 2018-03-22 23:42 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback
トラックバックURL : https://beatour.exblog.jp/tb/26594743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31