人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BASSエリートシリーズ 第6戦 レイク・マーレイ(サウスキャロライナ) 2日目

サウスキャロライナ州レイク・マーレイで開催されているBASSエリートシリーズ第6戦、2日目の暫定トップに立ったのはリック・モリスでした!

BASSエリートシリーズ 第6戦 レイク・マーレイ(サウスキャロライナ) 2日目_d0145899_14395399.jpg


2位には初戦のハリスチェーン戦の覇者であるマイク・マクリーランドがジワジワと順位を上げています。

3位は初日トップだったグランとゴールドベック。

そして4位はエドウィン・エバースです!!
うっしゃあああああああああ!!!(喜)

2日目暫定トップのリック・モリスのメインパターンはビッグフィッシュ狙いオンリー!!
今朝、何も釣れなくて家に帰るか、それともビッグフィッシュのみに狙いを絞るか、自分が持っているあらゆるタイプのルアー(スピナーベイト、トップウォーター、キャロライナリグ)で一番デカイルアーを結んだそうです。
そんな事もあって、終了1時間前まで5バイト4フィッシュ。
しかし全ての魚がでかかったそうです。(6ポンドフィッシュ含む)
で、終了1時間前にリミットを揃える為にチェンジアップをし、バークレイ・フィネスワームを使ってリミットメイクに成功。
かなりリスキーな作戦ですね。

2位のマイク・マクリーランドは、昨年クラークスヒルで勝った時みたいな感じで、可能な限り沢山のスポットを狙ったそうです。
ブルーバックへリングの動きがキーで、例えば2度~3度同じ岬に入ってバイトが無くても4回目に入った時にクレイジーに釣れたりすることがあるそうで、正しい場所に正しい時間に居る事の大切さをコメントしています。
釣り方はキャロライナリグとスイムベイトみたいです。

3位のグラント・ゴールドベックは昨日と同じエリアで、同じ釣り方をしたみたいですね。
いずれにしてもブルーバックへリングの動きが重要とコメントしています。

日本人アングラーは桐山孝太郎さんが30位で明日のセミファイナルにコマを進められました。

清水盛三さんは2日目大きくウェイトを落とし66位、大森貴洋さんは73位、宮崎友輔さんは96位でトーナメントを終えられました。

友人アングラーでは、エドウィンが4位、イッシュが47位、そしてもう一人の友人アングラーのブライアン・スノーデンが2日目の単日最大ウェイトとなる18ポンド11オンスを持ち込み、6位で明日のセミファイナルへコマを進めました!!(喜)

BASSエリートシリーズ 第6戦 レイク・マーレイ(サウスキャロライナ) 2日目_d0145899_1564917.jpg

写真はブライアン・スノーデン。
Go Go Go!!!!!
第1戦の雪辱を晴らしてくれぇ!!

明日のセミファイナルの結果、上位12名が最終日の決勝へコマを進めます。

ん~~~~~、明日が楽しみです!!(笑)

    Name       Day1  Day2   Total
1 Rick Morris      18- 0  17- 7   35- 7
2 Mike McClelland  18- 7  16- 6   34-13
3 Grant Goldbeck  20- 4  14- 0   34- 4
4 Edwin Evers    19- 5   14-10  33-15
5 Dave Wolak     14-13  18- 8   33- 5
6 Brian Snowden  13-13  18-11   32- 8
7 Jami Fralick      15- 7  15-12   31- 3
8 Bradley Hallman  16-12  14- 4   31- 0
9 Kelly Jordon     17-13  12- 5   30- 2
9 Greg Hackney    14- 2   16- 0  30- 2

■ 2日目の成績はこちら...

■ バスマスター関連記事
■ BassFan関連記事
■ BassZone関連記事

■ 写真拝借 ESPN
by nishinelureworks | 2008-05-17 15:13 | アメリカトーナメント | Trackback

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30