Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣行記 『スモールマウス天国へ・・・前編』 

先日のバンクーバー島の釣行記です♪

今回の記事、長くなりそうなので、前編、後編に分けて2部構成で書かせて頂きたいと思います。(笑)

それでは前編です!

釣行記 『スモールマウス天国へ・・・前編』 _d0145899_025523.jpg

今回釣りしたのは、バンクーバー島のQ湖というレイク

このQ湖、話によると、かの故開高健氏が、生前、最後に海外遠征に訪れた湖との事です。(もちろん狙いはスモールマウスバス←詳しい話は数年前のバサー誌にて紹介されてました)

僕自身も、カナダに渡って初めてスモールマウスバスを釣り上げた想い出の釣り場。
4年ぶりのQ湖は果たして微笑んでくれるか?

フェリーに乗ること1時間40分。
バンクーバーの沖に縦長に伸びるバンクーバー島は、九州ほどの面積を持ちながらも、人口僅か75万人

自然が豊富、魚も豊富。アウトドアマンにとっては天国のような場所です。

トラウト、サーモン、ソルトウォーターフィッシュ(ハリバットやコッドなど)はもちろん、スモールマウスも素晴らしいフィールドが幾つかあります。

今回訪れるのは、そんな幾つかあるスモールマウスフィールドの中でもトップクラスのポテンシャルを持つQ湖。
いやが上にも期待は高まると言うものです♪



が、ワクワクしながら湖に到着すると・・・・・。

あらま!激ニゴリ!!

何度かこの湖で釣りをした事もある嫁さんも、これってヤバイんじゃない?なんて言ってます。(苦笑)

水面には生命感ゼロ。(涙)

なんか、ヤバそうな雰囲気ですが、ポンツーンの準備。

準備を進めていくにつれて、釣れないかもという不安は何処へやら・・・・・・ワクワクは最高潮に!(アホ)

釣行記 『スモールマウス天国へ・・・前編』 _d0145899_0162137.jpg

でっかいポンツーン(水上飛行機)にちっちゃいポンツーン(僕のNLW号)♪

準備が終わり、出船前に嫁さんも”私も少し釣りしていい?”って話だったので、
いいよー”って、嫁さんのタックルにチューブワーム(一番根掛りしなさそうだったので)をセットして渡し、子供達にランチを食べさせてたら、あらまビックリ!

いきなり、”来たー!!!”って大騒ぎ。(笑)

でも様子が少し変で、ロッドが桟橋の中に引きこまれています。

遠くで見ていると???????状態。

ランディングのヘルプに行くと、なんと!嫁さんがルアーを落としていたのはこのスキマ!!
                ↓  ↓  ↓
釣行記 『スモールマウス天国へ・・・前編』 _d0145899_0281194.jpg

ありえませんわ~~。(爆)

普通、こんな場所にルアー入れないでしょ?(ワカサギの穴釣りじゃないんだから!!笑)


嫁さん曰く、桟橋の際に落として釣れなかったので、なら、桟橋のど真ん中に落としてやろうとこのスキマにチューブを落としこんだらしいのですが、それに見事食らいついてきやがった!!(爆笑)

今までも、かなりありえん事をやってビッグフィッシュをキャッチしてきている嫁さんですが、今回もやってくれました。(笑)

しかも、食ってきた魚は間違いなくデカイ!!

ロッドがこの数センチのスキマにギュンギュンと引きこまれ、ドラグがジージー出て行きます。


問題なのは、このスキマからは絶対にバスは引き出せないし、桟橋の下に鉄骨が入っているので、ラインをスキマの外に出す事もできない。

考えた挙句、桟橋の外から手を突っ込み、ラインを手繰り寄せてキャッチする事に。

が、楽勝40アップのスモールマウスは、そんなんお構いなしに引きまくり。(ラインで手が切れるかと思った。笑)

で、キャッチしたのがこの魚。

釣行記 『スモールマウス天国へ・・・前編』 _d0145899_0425543.jpg

46センチ!!
めっちゃナイスなスモールマウス君でした♪

オソルベシ、嫁。。(笑)

これで、かなりテンションが上がり、いよいよ出船!!

時期的に、思いっきりポストスポーンだろうなぁって事もあったので、まずはそれらしい場所をNLWジグType3の1/4オンスモデル+カットテイルワーム7インチで撃ってみる事に。

正直、スモールマウスにはかなりデカすぎる気もしますが、食えるバスだけ食ってこ~い!と、お構いなしに撃ち続けます。(笑)

こういう釣りを迷い無くやり通せるようになったのは、普段のH湖やP湿原での釣りから学んだような気がします。


すると!
来ましたよ~~~~!!

やっぱりQ湖には、この巨大ジグを食ってこれるビッグスモールマウスが居ました!!

釣行記 『スモールマウス天国へ・・・前編』 _d0145899_0515363.jpg

想像通りの場所で、想像通りのポストスポーン君47センチ!!

ポストスポーンと言う事もあって、かなりスリムな体型(1.3キロ)ですが、引きまくり!!(喜)

釣行記 『スモールマウス天国へ・・・前編』 _d0145899_053484.jpg

#5/0フックのNLWジグType3+カットテイルワーム7インチを普通に丸呑みです。(笑)

やっぱ、Q湖は釣れるやん!!

快心の一匹に気をよくし、似たような条件の場所を撃ち続けていくものの、アタリはそれ以降無し。

んー、やはりそれほど甘くないか。(笑)
でも、バスは絶対に居るはず。。。


という訳で、落とす作戦から、巻く作戦に変更。

ルアーは、ボックスを開いて何となく気になったデカビーツァ。

これまたスモールマウスにはデカすぎるような気もしますが、ボックスの中のデカビーツァ君が”使ってくれ~”って訴えかけているような気がしたので、迷わずチョイス。

もちろん、デカビーツァをスモールマウス狙いで使うのは初めて。

デカビーツァで、岬周りの超一級場所に絡むカバーを巻いていきます。

が、アタリは無し。

んー、やはり甘くないか~と、対岸へ向けて大移動を決断。

これまたH湖やP湿原で学んだ事なのですが、中途半端なエリアを延々と撃っていくぐらいなら、一級エリアに直行すべし。
これ鉄則ですな。(笑)

そして、もう一つの鉄則。
スモールマウスでは、移動中もトローリングすべし。(笑)

ベイトさえ居れば、湖のど真ん中のど中層でも普通に食ってくるのがスモールマウス。
今まで、何度もデカスモールマウスを湖のど真ん中で釣ってきた僕は、今回も自信満々でトローリング。(笑)

すると!
やっぱ、来ましたよっ!!

さっきまで釣りしてた岬の沖に適当にデカビーツァを投げて、トローリングしてたら、いきなりロッドホルダーのロッドがバットまで引きこまれる~~~~!!!(笑)

バスが食ってきたのは岬の沖50mぐらい。
キャスティングなら殆ど狙う事がないような場所です。

遥か彼方でドッパンドッパン跳ねまくるバス。

慌てて、ビデオのスイッチオーン!(笑)

イマイチ上手く撮れてませんが、スモールマウスのスピード感は感じて頂けると思います。(ホントか?笑)


上がってきたのは43センチのナイスサイズ!!

釣行記 『スモールマウス天国へ・・・前編』 _d0145899_1154335.jpg

釣行記 『スモールマウス天国へ・・・前編』 _d0145899_116229.jpg


もうね、Q湖最高!!って叫びまくりです。(アホ)

デカビーツァ、やってくれましたわ。(喜)

口の小さいスモールマウスでも、サイズが良ければ普通に食ってきますな。(笑)


ここまでの釣果・・・・・
嫁さんの釣った46センチ、47センチ(NLWジグType3)、43センチ(デカビーツァ)と、40UP3匹。

この頃には、釣れないかも・・・・なんて不安は完全に忘れてます。(笑)

そして、この後、対岸に着いた僕は、更なる歓喜の渦に飲み込まれるのでした。。

Q湖はやはり凄すぎる!!


後編に続く....
by nishinelureworks | 2009-06-21 02:05 | 釣行記 | Trackback
トラックバックURL : https://beatour.exblog.jp/tb/9886573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29