Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2009年 06月 12日 ( 3 )

Eliteシリーズ ミシシッピーリバー 初日

2週連続でEliteシリーズが開幕しました~~!

d0145899_14465418.jpg


今回の舞台はミシシッピーリバー。
ミシシッピーリバーと言っても、下流域ではなく、アイオワ州辺りのけっこう上の方(中流域?)が、今回のトーナメント開催地です。

まずはフィールドの詳細から。。

フィールド名 : ミシシッピーリバー

フィールドタイプ : 多くの岩やダムを伴った氾濫原

水面積 : 計算不可

メインストラクチャー/カバー : 枯れ倒木、ブラッシュ、ウィード、リリーパッドなど

メインベイト : クロウフィッシュ、シャッド

平均水深 : 5ft(約1.5m)

バスのタイプ : ラージマウスと極少数のスモールマウス

キーパーサイズ : 14インチ(約35センチ)

天候 : 低気温を伴った曇り

水温 : 70F前半(約21℃ちょい)

水色 : 多くの場所で透明度ゼロ!!1ft見える場所が幾つか。メインチャンネルとクリークはチョコレートカラー!!

魚の状態 : 殆どがポストスポーン

メインパターン : フリップ、スピナーベイト、プラスティックワーム、シャロークランク、トップウォーター、フロッグなど


フィールド詳細についてはコチラで詳しく紹介されているのでご覧下さい。
http://bassfan.com/news_article.asp?id=3319

ちなみにグーグルマップによるとこんな場所みたいです。 ↓ ↓
http://maps.google.co.jp/maps?q=Fort%20Madison%2C%20IA&lr=lang_ja&oe=utf-8&rls=org.mozilla:ja:official&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&sa=N&hl=ja&tab=wl


d0145899_14475857.jpg

去年も確か、ミシシッピーリバーでの開催が予定されていたと記憶しているのですが、その時は大洪水で、急遽トーナメント会場をテネシー州のオールドヒッコリーレイク(だったかな?)に変更になりました。
で、今回もトーナメント地が変更になるほどではないみたいですが、やはり増水してマッディーリバーとなっている模様です。


さて、初日の結果ですが、暫定首位はランディー・ハウエル!!
d0145899_14571946.jpg

なんと、4日間のプラクティスでは一匹もキーパーが釣れなかったとの話ですが、初日は50ヤード(約45m)ほどのストレッチにあるブッシュでリミットを揃えた模様です。
そして、全ての魚は水深1ft(30センチ)以内の超シャローで釣れたそうです。

そして、2位は大森さん!!
d0145899_14574216.jpg

キタァーーーー!!(喜)

暫定首位のランディー・ハウエルと2位の大森さんですが、同じエリア(とあるバックウォーター)をシェアしている模様です。(他にも何人かの選手が同エリアに居る模様)

で、メインパターンはフリップ!!
増水で、バスがカバーに入ってるんですかね~?

初日トップ12入りしているメンバーの名前を見ても、フリップの名人が多いですもんね。(笑)

大森さんですが、本日キャッチしたバスは5本のみ。(他3ポンドクラスの魚をバラしてしまったらしいです)

5本揃って大ハッピーとのコメントをされています。

明日どうなるんでしょうか。。


エドウィンは52位、イッシュは81位のスタートとなっています。

日本人選手では、清水さんが31位と好ポジションからスタートされています!
d0145899_1524833.jpg

桐山さんは87位、宮崎さんは90位とかなり苦しいスタートとなっています。

ちなみに、現在AOYを争う、KVDとスキート・リースですが、KVD8位、スキート・リース46位スタートとなっています。

正直、キーパー5本を揃えるのがかなり厳しい展開のようですので(初日ノーフィッシュは9人、1匹のみは20人)、まだまだどうなるかワカリマセンよね。

という訳で、駆け足でしたが、初日の結果でした~。

■ 初日Top12
1 Randy Howell      16- 4
2 Takahiro Omori     14-10
3 Matt Herren        14- 9
4 Billy Mccaghren     13- 1
4 Tommy Biffle       13- 1
6 Shaw E Grigsby     12- 8
7 Brent Chapman     12- 5
8 Kevin VanDam      12- 4
9 Stephen Browning   12- 3
10 Kelly Jordon       12- 1
11 Alton Jones       12- 0
12 John Murray       11-10

31 Morizo Shimizu     8-13
46 Skeet Reese       7- 1
52 Edwin Evers       5-14
81 Ish Monroe        1-13
87 Kotaro Kiriyama     1- 9
90 Yusuke Miyazaki     0- 0

■ フルスタンディング

■ BASS関連記事
■ BassFan関連記事
■ BASS ZONE関連記事
■ 写真拝借 ESPN


おまけ
今回の大会がフリップ大会になるのなら、このおっちゃんがヤバイような気がするんですけど、どうですかね?(笑)
d0145899_15293173.jpg

トミー・ビッフル初日4位!!
個人的に大注目しております。(笑)
by nishinelureworks | 2009-06-12 15:31 | アメリカトーナメント | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『各種プロトタイプ状況(前編)』

さてさて、何時ものNLW裏日記に戻って、琵琶湖からの熱い便りをご紹介させて頂きます!!

稲吉さんから、琵琶湖TEST釣行記を頂きましたので、早速掲載させて頂きますねっ!
なんと、今回は前編、後編に分けて記事を書いて下さるとの事。

と言う事で、琵琶湖TEST釣行記の前編です!!


『 各種プロトタイプテスト状況(前編)』

こんにちは。
現在、西根さんから託された各種プロトのTESTを琵琶湖(南湖)にて行っています。
そのルアーは、
・パユート85S(仮)
・バズベイト(改良バージョン)
・マル秘ウェイクベイト
・オチアユミノー(改良バージョン)
・KB105DR(Type6)
・マル秘ディープクランク
・ラバージグ
などです。

今回は、別件の用事もあり、1日+数時間、琵琶湖に浮いてきました。

あまり、いい釣果は出ていませんが、兆しが見えてきたり、色々な発見や驚きがあったので現状を報告しますね。

朝一、KB105DR(Type6)イナヨシタイガー改(仮)を投げてみますが、30cm弱の子バスが釣れたのみ。
クランクはいまいちなので、違うことを試してみることに。

まず、少し前に西根さんの裏日記で紹介されていた、『 パユート85S(仮)』ですが、どんな使い方ができるか色々、試してきました。
ある状況下では、このルアーかなりイケるかも!って感じ。
当日はそのような状況に出会わなかったので、詳細はまたの機会に。

マル秘ウェイクベイトでは、水面をテロテロって感じで引いていると、喰った!
まずまずのサイズ。(45~47cm位)
しかし、私の悪い癖でこれくらいならってブチ抜いたら、ポロって・・・サヨウナラ~。

初フィッシュなのに、写真も撮れず、ゴメンナサイ。
その後も期待して投げてみましたが、ノーバイト!
こちらも、ルアーの紹介等は次回、釣れたときにってことで。


前回のTEST釣行記以降、早速改良(仕事が速いですね、西根さん!)されたオチアユミノーを投入。
マル秘アクションが以前のモデルより出しやすいってことでしたが、まだ毎回そのアクションを出せるところまではきておらず、まだまだ改良の余地があると感じました。

しかし、そのマル秘アクションが出せた後、何回かバイトが起きました!(やっぱりこのアクション、効きますね~!)
d0145899_2551750.jpg

しかし、合わせが早かったり、うまく乗らなかったりで、ようやく初バスをキャッチ。(小さっ、でもうれしい!)


オチアユミノーへの反応がなくなったので、こちらの先日送って頂いたバズベイト(改良バージョン)を投入。
しかし、『 なかなかいけそう!』 って動きをチェックしていたら、3投目でラインが切れ、大切なバズベイトを琵琶湖に奉納してしまいました。(西根さん、ゴメンナサイ)


上記ルアーTESTの合間に投げた、ストレートワームのTXやワッキーでは、56cm(2900g)などをキャッチ。
d0145899_2555834.jpg

GOODサイズをキャッチできたことだし、午後からは、釣れても釣れなくてもNLWルアーのみで勝負をしてみることに。
最近、ソフトベイトでしか、いいサイズ釣っていないしね。
(後編に続く)



稲吉さん、ありがとうございました!!

オチアユ君&丸秘ウェイクベイトでの初フィッシュ、めちゃんこ嬉しいですわ~~!!!(喜)

つか、今回頂いた『オチアユ君+オチアユ君初バス+稲吉さんの写真』、何時もデカバスを持っている稲吉さんの写真しか見た事が無かったので、めっちゃ違和感が。(これはこれでレアな写真ですな。爆笑)

でも稲吉さんも嬉しそうですね♪(笑)

後編は稲吉さんから届き次第掲載させて頂きたいと思います。(楽しみ!!)
by nishinelureworks | 2009-06-12 03:03 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

Voice From The Water  『一歩ずつ』

昨日、S湖の事をブログに書きましたら、何人かの方々から暖かいメール頂きました。

皆さん、本当にありがとうございます!

そして、ご心配をお掛けして申し訳ありません!

僕は大丈夫ですからっ!!(笑)


この1年間、悩みに悩んできた事で、自分の中では既に気持ちの整理がついておりますので、とにかく前進あるのみですわ~。(笑)

昨日の記事でS湖とは決別です!!(笑)



そりゃあねぇ、正直、ここ1年悩みました。(嫁さんからは、失恋してもそこまで悩まないんじゃない?ってツッコミを入れられるぐらい。笑)

S湖は、昨年の段階ではまだ完全に釣り禁止になったかどうかワカラナイ状態で、言ってみればグレーな状態。

でも、ルアー作りで生活させて頂いているという自分の立場上、そんなグレーなフィールドで釣りをする訳には行かないという事で、白か黒か結論がはっきり出るまで、S湖では釣りをしないと決めたのがちょうど1年前。


それからと言うもの、釣果の方は低迷を極め(それは今も続いていますが)、新しい釣り場探索中にS湖の脇を通る度に湖面から目を背ける自分。(湖を見たくなかった)

グレーな状態にも関わらず釣りしている人は沢山居て、沢山釣れているという話を聞いて、落ち込んだ事は一度や2度ならず。

この一年間、自分の釣りでたった一つだけ自分を褒めてやりたいことがあるとすれば、S湖に一度も足を踏み入れなかった事ぐらい。


来る日も来る日も釣れない日が続いて、ホントにこんな事やってていいのか?って悩み、
恥ずかしい話ですけど、カナダだし、誰か見ている訳ではないし、言わなければS湖で釣りしたってわからないんじゃない?と気持ちがグラついた事も一度や二度ならず。

ルアーのプロモーションだけの事を考えるなら、そうするべきなのでは?と何度も誘惑に負けそうになりました。

それが例えグレーな場所であったとしても、バンバン釣りまくってればルアーのプロモーションにはなりますもんね。

が、自分には、それがどうしても出来ませんでした。


そんな気持ちがグラつく度に頭の中によぎったのは、日本でバス釣りを楽しむ人達の事。

正直、今の僕の状況なんかより、もっともっとキツイ状況でバス釣りを楽しんでらっしゃる方々も多いはずで、
そんな方々の事を思うと、とてもS湖で釣り糸を垂れる気持ちになれなかったし、こんな事で負けてられないと、自分を励まして新しい釣り場開拓に向かいました。


それにね、なんだかんだ言っても、今バス釣りが出来ている自分は本当に幸せなんです。

釣れない日々に凹んでも、自分の気持ちがポジティブでいられると、釣れなかったという落胆は、新しい事への挑戦の意欲に変わりました。

何時かは絶対釣れるだろう。
釣れたときは大感動だろうな~~~って。


そして、バス釣りの素晴らしさを再認識しました。

だってね、80アップのサーモンとかがボコボコ釣れる川を素通りして、居るかどうかどうかすらわからないバスを求めて走り回っているわけですからねぇ~~。(アホ以外のナニモノでもないですよね。笑)


今だから言える事なのかもしれないけど、この国に何のバックグラウンドも持たない移民一世って殆ど人柱みたいなもの。(ホントに笑っちゃうぐらい色んな経験させてもらってます。笑)

友人のTakaなんかもそうなんですけど、殆どカナダの地面に這いつくばって生きてきたようなものなので、今の場所に引越ししてNLWを立ち上げるまでは、僕自身も、正直、釣りなんて言ってられなかったし、生き延びるだけで精一杯の毎日。

カナダに渡って今年で11年目になりますが、最初の6~7年は釣りなんて言ってられない状態で、釣りと言っても、食料確保の為みたいな釣り。(爆)

なので、数年前の事を考えると、今の状況は本当に幸せです。


ちょっとずつ力を蓄えて、今の場所に引っ越しし、NLWを立ち上げたのが3年前。
たまたま通りすがりのS湖でルアーを投げてバスが居る事を知り、すっかりS湖のとりこになりました。
これでやっと、バス釣りできるよ~って、狂喜乱舞。(笑)

そして、S湖のオカッパリ通いの幕開け。
S湖で唯一オカッパリが可能な1キロほどのストレッチを何往復した事か。(笑)

仕事の前に後に、週3~4日のペースで通い続け、色んなルアーを開発させてもらいました。


そして、何時かはS湖に浮かんでみたいと目標を持ち、ポンツーンを購入したのが昨年。
が、時既に遅し。

S湖では既に釣り禁の話が持ち上がり、残念ながらポンツーンをS湖に浮かべる夢は叶いませんでしたが、
色んな水域にポンツーンを浮かべ、H湖やP湿原を発見。

そして、何時かはエレキが欲しいなぁって夢が実現したのが今年。

ロッドやリールなどのタックル類も大充実。(タックル入手に当たってお力を頂いた方々、本当にありがとうございます!)

一歩一歩ではありますが、自分が願っていた条件が少しずつ揃いました。


そして、今年は北緯49度の50アップラージマウスを釣る!!(ホントか?笑)
釣れるかどうかワカリマセンが、頑張りますよ~~~~!!!


将来への夢もあって、自分が40歳ぐらいになった時(あと2年)には、思う存分釣りを楽しめる環境になっていたいな~って目標にしています。

頑張るで~~~!!!!!
もうね、爆釣を夢見て、張り切りまくりですわ~。(笑)


というか、何よりも、今こんな事を言ってられるのも、ホントに周りで支えて下さっている方々のお陰です。
ホントに、それ以外のナニモノでもないです。

皆様、ホントにありがとうございます!!
by nishinelureworks | 2009-06-12 02:26 | Voice From The Water | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー