Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2010年 08月 10日 ( 1 )

H湖の奇跡の一日

昨日のH湖の釣行記です!!

d0145899_2545668.jpg


■ フィールドコンディション
天候 : 曇り時々雨
水温 : 22℃前後
気温 : 14℃→18℃
風向 : 無風(時々南東微風)
水色 : 笹ニゴリ


もうね、何から書いたらいいかわからないんですけど、結果を先に書くとこんな感じでした。

53.0cm 3.0kg デカビーツァ(シルバークローム)
51.5cm 2.5kg オチアユミノー改(シルバークローム)
51.5cm 2.5kg デカビーツァ(シルバークローム)
51.0cm 2.3kg M7(スーパーブッシュオリジナルクラウンカラー)
50.0cm 2.4kg デカビーツァ(シルバークローム)
46.0cm 1.6kg オチアユミノー改(シルバークローム)


40UP6本キャッチ、その内50UPが5本。
そして、50UP5本のトータルウェイトが12.7kg!!

完璧なまでにパワーフィッシングがハマッた一日でした!!


早朝、H湖に向かう道中の気温は先週と同じく14℃。

この1週間はそれほど暑くも無く、寒くも無い気温で推移してたのですが、
なんと!釣行日前日から雨が降り始め、期待はMAX!!(笑)

ここ1ヶ月ほど全く雨が降っていなかったところに待望の雨です!!(喜)
先週末も凄まじかったですが、今週末は大潮絡みでしかも1ヶ月ぶりの雨!!

もうね、釣れない理由が見つかりません。(笑)

ただ一つだけ心配だったのは、全く雨が降らなかった事の影響で、
バンクーバーのスモッグレベルが今年最悪の状態がしばらく続いていた事。

基本的にバンクーバーの空気は澄んでるのですが、背後に高い山を控えた地形のバンクーバーでは、雨が降らない夏季はスモッグが滞留することもしばしばあるんです。

特に今回はアチコチで発生している山火事の影響もあってか、
ウチ周辺でも10キロ先の山が全く見えないような状態。

そんな所に久しぶりに雨が降ったら、湖のPHがかなり変ってしまうのでは?と言うのが今回の唯一の心配事。

果たして湖はどんな状況になっているのか?

まだ暗いうちからPoodle Basserさんと準備をし、周囲が見え始めると同時に出撃!!


湖に出ると、水温は先週より1℃ぐらい下がってますが、水温22℃前後とまだまだ適水温をキープしています!!

そして、グラスのアウトサイドエッジを探っていたPoodle Basserさんが、早速ファーストフィッシュをキャッチ!!

d0145899_3272136.jpg

Poodle Basserさんのオチアユ君を襲ってきたのはランカーウグイ君!!(いえーーい!笑)

この一匹で、もしかして表層は酸性雨で死んでるのではないか?って、心配は消し飛びました!!(いえーーい!喜)


そして、キースポットに差し掛かった時、僕のルアーにガツンッ!!と強烈な衝撃が!!

d0145899_3315466.jpg

激しいファイトの末キャッチしたバスは51.5センチ、2.5キロの極太バス君!!(喜)

先週に引き続き、2.5キロ級のキャッチです!!

使ったルアーはオチアユミノー改のジャーキング。

ウィードエッジに投げて、2ジャーク目ぐらいにガツン!!

このルアーには、前日の夜、あるチューニングを施して、それがかなりいい感じに働いてくれました!!

d0145899_3422638.jpg

そのチューニングとは、ブレードチューン!!

またブレードかよ?って激しいツッコミを受けそうですが(笑)、写真を良くご覧下さい!!

このオチアユ君に施したチューンはWブレードなのであります!!(核爆)

いや、自他共に認めるブレード好きのNLWですが、これがなかなかいい感じ。(笑)

先週も2.5キロフィッシュをキャッチしたオチアユミノー君ですが、若干足りない要素を感じたので、、
それを補うのにブレードはどうだろう?って装着してみたら、モロに自分が欲しかったものを埋めてくれた感じ♪

Poodle Basserさんも一目見た瞬間に爆笑なルアーでしたが、このルアーの泳ぎを見て、
おお!これええんちゃう?!ってマジリアクション。(笑)

そして、思惑通り、ビッグバスを引き付けてくれて大満足!!
このWブレード君、一つの可能性としては面白そうです♪

今後のオチアユミノー君の進化にご期待ください!(ホントか?笑)

つか、社名をニシネルアーワークスではなくて、ニシネブレードワークスに変更しようかな?(笑)


そして、このビッグフィッシュキャッチから数分後、
それほど離れていないスポットで、Poodle Basserさんのロッドが激しく曲がる!!!

d0145899_3581581.jpg

これまた激しいファイトの末、上がってきたのは51.5センチ、2.5キロのビッグフィッシュ!!

さっき僕が釣った魚と長さも一緒なら、重さも一緒。(笑)

一瞬、同じ魚なんじゃないの?って思ってしまうぐらい、全く同じサイズ。(もちろん違う魚ですよー。笑)

そして、この魚をキャッチした事により、Poodle Basserさんはまたもやカナダレコードを更新!!

もう、ムチャ興奮!!(喜)

しかも、デカビーツァ丸呑み!!(ビックリ)

d0145899_425837.jpg

こうして見ると、デカビーツァってちっともデカくないし、
むしろ、このサイズのバス君達にとってはジャストサイズなのではないかとすら思えてきます。

なんか、エエ感じです。(喜)


その後は、このスポットは沈黙してしまったので、色々なルアーを入れてフォローを試みてみます。

d0145899_464360.jpg

Poodle Basserさんが、オチアユWP125Fでまたもやランカーウグイ君をキャッチ!!

何か知らんが、カナダウグイ君ってオチアユ君が大好きですねーー。(笑)

d0145899_484289.jpg

M5プロッププロトで♪

d0145899_494961.jpg

Poodle Basserさんが投げていたスピナベに♪

d0145899_4104522.jpg

前日、何となく気になって買ったテールダンサーで少し深め目を探ってみたら♪

小バス君の反応はあるのですが、デカバス君からは応答無し!!

やはり、やる気のあるビッグフィッシュは力のあるルアーを好むのか?
いずれにしても、最初の一投目に何を入れるかが非常に肝心ですね。


試しにスモラバのプロトを入れてみたら、このくらいのサイズのバス君が連続ヒット!

d0145899_414531.jpg

d0145899_4164870.jpg

プロトジグと、スティールベイトとの相性はかなりいいようですね♪

つか、このジグ、軽く竿を立てればさっくりフッキングしてくれてるし、対カバー性能とは裏腹に非常にフッキングがヨロシイですね。(喜)

これも、このジグのフックに使用している、バルキースピアーのフック形状が非常に優れているお陰だと思います♪(塚本さんオソルベシ!)

これをやってたら、まだまだ釣れそうではありましたが、何か違う展開になりそうだったので(笑)、
数匹釣ったところでスモラバを封印し、パワーフィッシングを展開!!

どんどん釣り進み、期待の超A級スポットに到着します。

ビッグフィッシュが出る確率が極めて高いスポットという事も有り、僕はロッドを置いて、
Poodle Basserさんの釣りをビデオで撮ってみる事にしました♪



これが、最近Poodle Basserさんがビッグフィッシュをキャッチし続けているデカビーツァパターン。(一瞬のストップを交えたリトリーブがキー)

しかし、ベストスポットは無反応。
と言うか、このベストストレッチ全体が無反応。(涙)

もしかして昨日叩かれた後か?

念の為、もう一回往復してチェックを試みてみるものの、やはり無反応。

このスポットは後でもう一回入る事にして、少し離れたグラスエッジに入ってみる事にしました。

そしたら、僕が投げていたオチアユミノーWブレード君にガツンとヒット!!

d0145899_4355954.jpg

オチアユミノーのWブレード君を襲ってきてくれたのは46センチ、1.6キロのナイスバス君!!

Wブレード君では、この後ももう一本45センチぐらいのバスを掛け損なったんですけど、見た目のアホさ加減とは裏腹に、なかなかいい仕事をしてくれます。(笑)

ブレードのお陰かどうか解りませんが、ブレード無しのノーマルモデルより、魚が浮いて来るんですよね!!


一つだけ残念だったのは、このバス君の怪我。(涙)

d0145899_4383435.jpg

誰かにもぎ取られてしまったのか、上クチビル?の片側がそっくり無くなっています。(涙)

このバス君に限らず、今年は片目が潰れたバス君とか何匹も釣りましたし、フック傷が残っているバスも多い。
今年の春に一気に人が増えて、プレッシャーが掛かったのが影響しているのかな?って感じです。(涙)


この一匹をヒントに、今日はもしかしてウィード系がキーなのか?ってウィードエッジを攻めて行きますがイマイチな展開。

魚はたまに釣れるのですが、追いのテンションも低い感じ。

この日の風は、このエリアにとってそれほど良い風向きではなかったので、もしかしたらベイトフィッシュの回遊が見られなかったのが影響しているのかもしれません。(魚探には反応無し)


と言う訳で、先ほど無反応だった超A級スポットに入りなおします!!

すると!!

Poodle Basserさんが投げたデカビーツァに強烈なストライク!!

d0145899_449499.jpg

やはり居ました!!

激しいファイトの末上がってきたのは50センチジャスト、2.4キロのデカバス君!!(喜)

Poodle Basserさん、この日2本目の50UPキャッチです!!

これまた、思いっきりデカビーツァを咥えています!!

d0145899_4514355.jpg

絵に描いたようなハーモニカバイト。(笑)

もう、感動の連続。(涙)

しかし、この日、このスポットで起こった事は、まさに奇跡としか言いようがありませんでした。

d0145899_4555965.jpg

Poodle Basserさんがビッグフィッシュをキャッチした後、ルアーを投げるのを止め、
沖に出てメシを食って時間を潰します。

そして、入りなおした一投目!!

僕が投げたM7のクラウンカラーにゴツンッ!と重たい衝撃が!!

d0145899_4595897.jpg

これまた激しいファイトの末キャッチしたのは、51.0センチ、2.3キロのビッグフィッシュ!!

さっきPoodle Basserさんがキャッチした場所とほぼ同じスポットで2匹目のビッグフィッシュキャッチ!!(ビックリ)

d0145899_522553.jpg

この時期、M7の中層早引きは効果があるという事を書いた事がありますが、まさにそんな感じの1本でした!!(笑)

クラウンカラーのM7を選んだのは、Poodle Basserさんが投げ続けているデカビーツァと目先を変える事と、この日はクロームカラーがキーになっているのでは?て事だったのですが、モロにハマってくれました。(喜)

大変ご好評を頂いているスーパーブッシュさんのクラウンカラーは、前回の出荷でもかなり大量に出荷させていただいたのですが、残数が少なくなってきているみたいなので、ご興味のある方はお早めにスーパーブッシュさんに問い合わせてみて下さいませ~。


そして、迎えたクライマックス!!

このスポットを再び30分ほど休ませ、入りなおした一投目!!

今度はPoodle Basserさんが投げたデカビーツァにビッグストライク!!



激しい突っ込みに耐えるPoodle Basserさん!!

d0145899_5204957.jpg

そして、浮いてきたバスはデカイ!!

と言うか、長さも長いが、太さはそれ以上に凄い!!

そして、見事キャッチ!!

d0145899_5222087.jpg

Poodle Basserさんがキャッチしたバスは53.0センチ、3.0kgのビッグフィッシュ!!

このビッグバスはPoodle Basserさんのカナダレコードになったのはもちろん、
Takaちゃんが今年の春に上げた53.0センチの仲間内レコードとタイ記録になったのでした!!

写真撮影中、しきりに重たいよぉ~~~~って言う、Poodle Basserさん。

そりゃ、重たいでしょ!!(笑)

Poodle Basserさん、ビッグフィッシュキャッチおめでとーーーー!!(祝)

そして、デカビーツァでキャッチしてくれてありがとうーーーー!!(喜)

d0145899_5261421.jpg

釣りすぎのPoodle Basserさんの指はこんな事になっとるし。(笑)

d0145899_5265060.jpg

ホント、このルアーを作って良かったよぉ~~~~。(喜)

Poodle Basserさん、ボートを貸してくれたTakaちゃん、そしてH湖のバス君達、ありがとう!!


■ 使用タックル1
ロッド : ファイナルディメンションTS1610MLF
リール: アルデバランMG7(右ハンドル)
ライン: トライリーン12ポンド
ルアー: M7(スーパーブッシュオリジナルクラウンカラー)

■ 使用タックル2
ロッド : ファイナルディメンションTS168M
リール: メタマグDC7(左ハンドル)
ライン: Surfix14ポンド
ルアー: オチアユミノー125FRプロトWブレードバージョン
by nishinelureworks | 2010-08-10 05:31 | 釣行記 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー