Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:イベント&プレゼント企画( 87 )

ICAST参戦記 完結編

ICAST2018参戦記 後編です。

初日と二日目の模様はこちら。(1日目)(2日目

全日程3日間で開催されるICASTですが、遂に迎えた最終日。
この日には今回のICAST出展で最大級に重要なミッションが控えていました。

それがこれ。↓

d0145899_22080135.jpg
あのタックルウェアハウスの動画撮影!!

今回、大変ありがたいことに下準備の段階でTWHさんでNLW製品をお取り扱い頂く事が決まっており、ICASTで動画撮影に来てくれるという事になっていたのですが、これがもう凄いプレッシャー。(汗)
凄いチャンスである事は頭で理解できていても、元々人前で話をするのが苦手&しかも英語でスピーチって、オイラはいったい何をしゃべればいいのよ?と、急に頭痛が痛くなったり、突発的に食あたりを起こして欠勤したくなっちゃうぐらい厳しいミッションでした。(滝汗)

しかも、この動画撮影を既に終えられていたテッケル前田さんによると、撮影チームがいきなり来て、ハイ、動画撮影始めるよ~と一切の練習無しでカメラが回り始め、編集無し、やり直し無しの超ぶっつけ本番との事。自分にそんなことができる気が全くしませんw

そういえば、ICAST中、深江さんも原稿を読み上げる練習されてたり、あの深江さんでもそうですから、僕なんぞその100倍は練習しないとです。(汗)
d0145899_22410958.png
トイレで練習中の深江さん。この気持ち、すんごい分かる~w

という訳で、遂にその時が来てしまいました。
d0145899_22432289.jpg
緊張しすぎてガッチガチなアライグマオジサンw

そしてできた動画がこちら。

怪しい東洋人が怪しい英語でスピーチする怪しすぎる動画ですが、何も言うまい。アライグマオジサンは精一杯頑張りましたw

という訳で、無事にTWHの動画撮影を終え(無事とは思えないけどw)、あとはまったりタイム♪
もう僕のICASTはこれが終わった時点で終了って感じですw

3日目にはこんな方々がブースに訪れて下さいました♪

TO登場!
d0145899_22592900.jpg
真ん中に挟まれて緊張気味の青年は今度NLWでサポートさせてもらう事になった高校生アングラーのボーディー君。
ボーディー君に、昨日はランディーハウエル、今日はタカヒロと二人のクラシックチャンプが二日連続で来てくれてたので、次は君がクラシックチャンプになる番だねって言ったら、イエッサー!!と張り切ってましたw


テッケル前田さん
d0145899_23024978.jpg
前田さんにはTWHの動画撮影でとても励まして頂いた他、アメリカ市場について沢山の貴重なアドバイスを頂いたり、ただただ感謝。(前田さん、ありがとうございます!)


エレメンツの久家さん
d0145899_23060888.jpg
貴重なダヴィンチを頂いたので、現在、ナイアガラリバーのマスキーフィッシングで試させて頂こうかと画策中♪
ステキな方で、また是非お会いしたいなぁ。
ダヴィンチでビッグマスキーのダヴィンチフィッシュ報告ができるよう、頑張るぞ~!^^


オガケンさん
d0145899_23092685.jpg
今までお会いしたことが無かったオガケンさんと遂にお会いする事が出来ました♪
お話をさせて頂いたら、なんと!嫁さんの実家がすぐ近くという事だったので、今度日本に帰国した時は遊びに行かせてくださいね!w
オガケンさんが手に持たれているルアーはとても面白いルアーで、このルアーの日本代理店になられるそうなので、日本の皆様楽しみにお待ちください♪


ケイテックの岩佐さんと馬路さん
d0145899_23133682.jpg
岩佐さんと馬路さんとお会いするのは2年以上ぶり。まさかICASTに来られているとは思ってなかったので非常に嬉しい再会でした♪
もう、五大湖でケイテック製品にどれだけお世話になっている事か。
スメルトヘッドはケイテック製品に合うように作っているという事を今回お伝えしたら、大変喜んで頂けました。^^
おそらく、ポール艇でのスメルトヘッドのテストでの釣果の7割ぐらいはケイテック製品とのコンビネーションでキャッチされており、そのコンビネーションには自信ありです♪
つか、馬路さん日焼けしすぎじゃないですか?w(釣り業界人あるあるw)


という訳で、無事に閉幕したICAST2018。
出展前は一体どうなることやら?と心配しかありませんでしたが(汗)、沢山の方々と出会う事ができ、とても有意義なものになりました。
NLWの北米チャレンジは始まったばかりで、まだまだ道のりは長いですが、焦らず挑戦を続けていきたいと思います。

今回の出展にあたってお力添えを賜りました全ての方、そしてブースを訪れて下さいました皆様に心よりお礼申し上げます。

という訳で、ICAST2018 参戦記でした~!

by nishinelureworks | 2018-09-02 23:48 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

ICAST参戦記 中編

先日のICAST参戦記-前編の続きです。

2日目に突入したICAST2018年。
初日はボチボチという感じでICASTはこんな感じなんだなぁって思っていたのですが、2日目はビックリな展開に!

朝一からいきなりビッグなお客様のブース来訪後、それを皮切りに、ブースには怒涛の勢いでお客様が・・・汗
d0145899_22002484.jpg
すっかり仲良くなったお隣のミサイルベイツのセールスマネージャーのジュディーさんに、”あなた達ビールでも配ってるの?”と言われてしまうぐらいの忙しさ。
何事か?と、写真の右端に写っているジョンさん(黒シャツ)&ジュディーさん(赤シャツ)のビックリ顔に注目ですw

なぜ、こんな事になったかというと、驚く事に口コミパワー。(驚)

お越し下さった方々の多くが、初日にFLWさんがアップして下さったインスタグラムをご覧下さっていたり、NLWブースにお越し下さった方から話を聞いて来てくださったとの事。
中には、”他のブースは見なくてもいいから、このブースだけは絶対に見てこい”と友人に勧められて来て下さったというテキサスのデカい釣具屋さんの社長さんとか、とにかくもうそんな感じで噂を聞いて来て下さった方々が多かったのが印象的でした。

2日目の盛況具合は、そんなICAST会場で静かに広がる口コミに支えられてのもので、口コミの力に大変驚くと同時にただただ感謝。

それに更に拍車をかけて下さったのは、2日目の朝一にお越し下さったファーストゲストさん♪
d0145899_22154097.png
全米で最も有名なタックル紹介サイトのTackle Tourの方々!
タックルツアーの方も、知り合いから聞いて来て下さったとの事。

ICAST後、タックルツアーさんはウェブサイトでもNLWの事を取り上げて下さったりと、ただただ感謝。

■ タックルツアーNLW記事
そして、次々とご来訪下さるビッグな方々。

元バスマスターエリートプロで、現在FLWツアー、FLW Costa、MLFを舞台に戦われているJTケニーさん。
d0145899_22292732.jpg
もの凄く熱心にチッパワシリーズをご覧下さり、このコンセプトはグッドだと思う!とお褒め頂きました。(ありがたや)


バスマスターエリートプロでバスマスタークラシックチャンプでもあるランディー・ハウエルさん。
d0145899_22355503.jpg
まさかのクラシックチャンプ登場に、ビックリするやら緊張するやらでしたが、ランディーさんはたぶん15分ぐらいNLWブースにご滞在下さり、全てのモデルをチェックして下さっておりました。

そして、NLWブースに長逗留した結果、”おい、お前何してる!?”とダイワUSAの方から叱られるランディーさんw (下写真)
そのダイワUSAの方も、チッパワをご愛用くださっているという面白すぎる展開w
d0145899_22430717.jpg
ランディーさんですが、驚かされたのはやっぱりその経験に裏打ちされた知識の深さ。
スメルトヘッドを一目見た瞬間に、"このフックはガマカツの○○というモデルの4/0だろ?"と、ズバリとモデル名&サイズを言い当てたランディーさんにただただ驚愕でした。(驚)

このフック、ポールさんとスメルトヘッドを開発した際に、スモールマウスやトラウトやウォールアイなど、余裕で1000匹を超える魚をキャッチしまくってたどり着いたベストフック。
刺さりの良さや強度などはもちろんですが、このフックだと何故か魚のバイトが増えるというアタリフックなるものがこの世に存在するという事を教えてくれたフックです。
ランディーさんも同じことを言ってて、しかも”このフックのベストサイズは4/0なんだよね。”と意見が完全に一致。

d0145899_22591699.jpg
なぜ、このフックを用いると魚のバイトが増えるか?その本当の答えは魚のみぞ知るという感じですが、膨大な経験から同じ答えを導き出したランディーさん&ポールさん、オソルベシです。
d0145899_23043699.jpg
そんな角刈りランディーさんですがw、もう完全に釣り好きニイチャン(しかも超絶ハイレベル)の雰囲気全開で、すっかりファンになってしまいました♪

そしてその後のNLWブースですが、メディアの取材も連発で大変ありがたい限り。
d0145899_23085136.jpg
d0145899_23085929.jpg
d0145899_23090819.jpg

古い友人のジャレット・エドワーズさんとも再会♪(嬉)
d0145899_23131382.jpg
ジャレットさんは現バスマスターエリートシリーズの前身でもあるTOP150に当時最年少でクオリファイした名手。
しかし将来を嘱望されながらもガンという大病を患ってトーナメントを引退。その後、ガンを克服され現在はJarrett Edwards OutdoorsというTV番組のホストを務められています。
日頃からジャレットさんとよくメッセンジャーでやり取りをしているのですが、そんなやり取りの中でとても印象深かったのが、この言葉。

”ヒロシ、俺はあの経験(大病を患った経験)で、本当に色んな事を考えさせられた。一度死んだも同然で今は生かされていると思っている。だから、自分の残りの人生は人々の幸せの為に働きたい。”

そういうジャレットさんは今はガンを完全克服し、その言葉通り、テレビ番組を通じて釣りの素晴らしさを沢山の人達に伝え続けていらっしゃいます。

■ Jarrett Edwards Outdoors

という訳で、怒涛のような二日目を終えた瞬間、アホビルダーはこんな状態にw
d0145899_23360360.jpg
終わった瞬間、マジでバッタリと倒れ込みましたw

という訳で、ICASTはいよいよ翌日の3日目に最終日を迎えることになるのですが、最終日には今回のICASTで一番の正念場となったあのミッションが待っていたのでした。(汗)

つづく・・・


by nishinelureworks | 2018-09-02 00:15 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

ICAST参戦記 前編

完全に放置プレーとなってしまっているNLW裏日記ですが(汗)、先月開催されたICAST2018について書いてみたいと思います。
開催から1か月以上経過してて、今更感満載ですがw、NLWのICAST初挑戦の模様を忘備録として書いておきたいと思います。

2018年のICASTが開催されたのはここ数年開催地が固定されているフロリダのオーランド。
このICASTは一般公開のショーではなく、業者さん対象のショーとなるので、来られる方々はバイヤーさんや、メディアなど、業界各方面のプロの方々が主となります。

今年から北米市場への挑戦を本格的に始動させたNLWですが、プロジェクトメンバーと北米進出の作戦を色々と練った結果、何からトライしたらいいかわからないのでw、まずはICASTに出展してみよう!と一念発起してICAST初参戦となりました。

そして、数か月かけて準備を進め、遂にICAST2018年会場に設営が完了したNLWブース。
もう、この時点で感無量です。(感涙)
d0145899_23354194.jpg

翌日の開催に向けて、ドキドキ感が高まります。
もう、ドキドキしすぎて前日の夜はあまり寝れませんでしたw


そして、遂に開幕したICAST2018 !!
もうね、ICAST驚きましたよ~。
何が驚いたって、たしかに会場はオープンになっているはずなのに、誰もNLWブースに来てくれない!

あまりにも誰も来てくれなくて、涙するチームチッパワの面々w
d0145899_23442586.jpg
恐ろしいことに、こんな無の時間が3時間ほど続き、ブースは極めてヒマ。
ブース前の通路を歩く人たちの殆どがブースに全く目をくれてもくれず、この時ばっかはICASTに出展して失敗したか?と本気で思った3時間でした。(汗)

でもまぁ考えてみれば、ICASTはプロ向けの展示会なので、来られる方々はまずは主要取引先や、めぼしいメーカーのブースに行かれるでしょうし、北米で何の実績もなく知名度もないNLWのブースなんぞ、アウトオブ眼中(懐かしいw)で当然。

そんなこんなで3時間ぐらいが経過した頃、ポツポツとお客さんが来て下さり始めました♪

記念すべき初のお客様はブラジルから来られた釣り番組のホストの方。
流石はICAST、世界中からお客さんが来られています。
d0145899_00042244.jpg

古い友人のイッシュさんも来てくれました♪
チッパワのシステム図をガン見中のイッシュさんw
d0145899_00071489.jpg
d0145899_00072392.jpg


ちなみにNLWの隣のブースはミサイルベイツだったこともあり、エリートプロのジョン・クリューズさんとも友達になれました♪
d0145899_00084480.jpg
ジョンさんのバスキャットかっこええ。
筋金入りのバスキャット乗りのジョンさんにバスキャットについてたっぷりと教えて頂きました♪


たまたま立ち止まって下さったFLWのメディアの方。
d0145899_00101942.jpg
通路を歩いてたらルアーが目に留まったらしく、凄く熱心に見て行って下さいました。
そして、なんと!FLWのインスタグラムにエリー115MDが登場!!
d0145899_00112773.png
たまたま通り掛かって下さり、たまたま声かけた方がFLWの方だったという凄い展開。こんなことってあるんですね~。
ラッキーだったとしか言いようがない出来事でした♪

そして、ライブターゲット社の皆様もブースにお立ち寄り下さいました!
d0145899_00170253.jpg
実は、ライブターゲット社の本社はウチから車で15分ほどの近所で、自分としてもカナダのルアーメーカーが世界を舞台にして大活躍されているのは本当に嬉しい事です♪

そして、何を隠そう、ライブターゲットルアーの多くは日本人の方がデザインされているんです。
自分が敬愛するルアーデザイナーの一人でもある岩崎さんがその人。
d0145899_00202388.jpg
岩崎さんとは長いお付き合いをさせて頂いているのですが、今年も見事、岩崎さんが手がけられたルアーがICASTアワードを受賞され、本当に嬉しい限り♪
岩崎さん、ライブターゲット社の皆様、ICASTアワード受賞、本当におめでとうございました!


そして、初日の最後にはカナダのヒーローのボブ・イズミさんとウェイン・イズミさんがブースに立ち寄って下さいました♪
d0145899_00293387.jpg
チームカナダですぜ~!!
ボブさん&ウェインさんはカナダでは知らない人がいないぐらいビッグネームな方々なのに、お会いする度に凄く気さくに声をかけて下さいます。(ありがたや~)

初日はこんな感じで、けっして沢山の方が来て下さったわけではないですが、ブースに立ち止まって下さった方々は凄く熱心に見入って下さり、長く滞在して下さる方が多かった印象がありました。

という訳で、ブログは2日目に続きます~。

by nishinelureworks | 2018-08-30 00:52 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

NLWアウトレット 【NLWドライロングTシャツ出荷完了!】

お待ち頂いておりましたNLWロゴ・ドライロンTですが、無事に仕上がり、本日出荷が完了しました事をご報告させて頂きます。
近日中にはお手元に届くかと思いますので、もうしばしお待ち頂ければ幸いです。

この度ご注文を賜りました皆様に心よりお礼申し上げます!!

西根博司
Nishine Lure Works Ltd.
by nishinelureworks | 2017-05-27 10:34 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

熊本災害義援金チャリティーTシャツ販売

大きな被害が出ている熊本の地震。

甚大な被害を目にして、心が立ちつくします。
被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げると共に、皆様のご無事とご安全、そして、1日も早い復興を心よりお祈りしております。


今回熊本で発生した地震に際して、5年前、東日本大震災が発生した時、あるカナダ人と交わした言葉をふと思い出します。

その日、僕はチャリティー企画で立ち上げたHOPE125プロジェクトで製作したデカビーツァを日本に発送するべく、大きな箱を抱えてカナダの郵便局で窓口に出来た行列で順番を待っていました。

その時、自分の前に並んでいた初老のおばちゃんが声を掛けてくれました。

おばちゃん:”大きな荷物大変ね、何処に送るの?”

ボク:”日本です。”

おばちゃん:”日本!大きな地震で大変な事になってるわね。あなたの知り合いは大丈夫?”

ボク:”親戚や家族は福島には居ないけど、お客さんが沢山います。でも皆さん無事で良かったです。”

おばちゃん:”それは良かった。でもあの被害は大変だわね。”

ボク:”ハイ、大変な事になってます。”

おばちゃん:”本当に悲しい事だわ。でも、私は日本人は凄いと思う。あれだけ凄い被害が出てるのに、暴動も何も起こらないし、皆が協力して事態に立ち向かおうとしている。私は思うんだけど、人間ってね、極限の状態に置かれると、その人の本性が出ると思うの。いい人は自分のいいところを最大限に発揮して人に尽くすと思うし、悪い人は、とことん悪い事をする。日本人は素晴らしいわ!!”

ボク:”ハイ!日本人は素晴らしいです。僕も自分が日本人であることに誇りを持っています。”

おばちゃん:”日本の為に、私は祈るわ。”

ボク:”ありがとうございます。”


もうね、この会話を交わした時、どれだけ嬉しかった事か分かりません。
そして、自分が日本人であることをどれだけ誇りに思った事か言葉にできません。

このおばちゃんが言う、極限の状況下におかれた時、その人の持っている本性が顕れるというのは真理だと思います。

大きな出来事に直面した時、どうしたらいいか分からなくなるのも人間だと思いますし、実際僕も東日本大震災で日本が甚大な被害を受けた時、何をどうしたらいいものやら分からなくて悩みました。

そして悩んだ末に自分の出した結論は、今の自分に出来る事を精一杯やっていこうという事でした。

誤解を受ける事を恐れずに言うならば、僕は元気な人は元気でいて欲しいし、楽しむべき時は誰にはばかることなく思いっきり楽しんで欲しいです。

僕も家族の生活をしっかり守り、そして今まで以上に自分の仕事を頑張り、釣りを思いっきり楽しめるような環境作りに努めたいと思います。

その上で、自分に出来る精一杯の協力をさせて頂く。
どんな形であれ、そんな小さな力の結集が復興に繋がると信じています。

一番いけないのは無関心になる事だと思うんですよね。
忘れ去られる事ほど冷たい仕打ちはありませんから。。


今回の熊本地震に直面し、HOPE125を再発動させるかどうするか悩んだのですが、今の僕には残念ながらその時間を捻出する事が出来ません。
自分にできる事は何か無いか考え込んでいたのですが、そんな折、スタジオソラさんから、チャリティーTシャツのお話しを頂きました。
d0145899_22545071.jpg

ささやかではありますが、早速僕もオーダーさせて頂きました。

ってか、これはチャリティーTシャツとか抜きにしても、釣り人として普通に欲しい!^^
素敵なTシャツを作って下さったスタジオソラさんに感謝です。


自分が過ごしている今日という時間は、お亡くなりになった方々が生きたかった明日。
一生懸命、今を生きて行きましょう。
そして、少しずつでも復興の糧を被災地に送り届けましょう。

熊本災害義援金チャリティーTシャツ販売の詳細につきましては下記、スタジオソラさんのブログをご覧ください。
もし宜しければ、ご協力頂ければ幸いです。

■ スタジオソラさんのブログ → http://blog.studiosora.net/?eid=230
by nishinelureworks | 2016-04-20 23:45 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャスト・バックストーリー 最終話 Special Thanks!

キープキャスト・バックストーリー最終話です。

今回のブース出展で、ルアー以外にもロンTやメッシュキャップなどのアパレル関係やステッカーなどを販売させて頂いたのですが、それらのアイテムの準備を進めて下さったのがスタジオソラの越岡さんでした。

d0145899_0461229.jpg

白目を剥いて天を仰いでいるのがスタジオソラの越岡さん。(笑)

愛情たっぷりのコダワリの釣具達を取り扱いされているスタジオソラさんのオンラインショップをご利用されている方も多いかと思うのですが、この白目のニーチャン(オッサンか?笑)が、店主の越岡さんです♪

白目を剥いた写真ではあまりにも印象が悪いので、もう一枚。
d0145899_1291832.jpg

余計キモイがな。(笑)

ちまたでは、NLWとスタジオソラさんを混同されている感がありますが、全くの別会社で、スタジオソラさんには日本国内の出荷業務を委託しており、カナダからの遠隔指示に従って日本国内出荷をサポートして頂いております。
 
そんな越岡さんに全面的なご協力を頂き、キープキャストに出展する事が決まってからは、ほぼ毎日に近い状態でチャットや電話で打ち合わせ。
日本とオンタリオは昼夜が全く逆なので、深夜遅くまで続く打ち合わせは殆どスタジオソラさんの営業妨害じゃなかろうか?というレベルだったのですが(汗)、文句ひとつ言わずご協力下さった越岡さんにはただただ感謝するばかりです。(大感謝)

そして、出来上がった力作達♪

当日、お買い上げ下さいました皆様、誠にありがとうございました。m(__)m

d0145899_3352344.jpg

d0145899_3353984.jpg

d0145899_3355119.jpg

d0145899_336571.jpg

d0145899_3361517.jpg

一つ一つのアイテムに愛情たっぷり。何度も吟味を重ねて仕上げて頂きました♪

スタジオソラさんは、これらのアパレル関係やグッズ製作以外にも、ウェブサイト制作とか、オンラインショップ制作とか、印刷物のデザイン&手配とか、かなり色々可能なので(一体何屋だ?笑)、もしウェブサイトの制作や、オリジナルグッズ製作等でお悩みの方がいらっしゃいましたら、スタジオソラさんにお問い合わせしてみられるといいかもしれません。(親切丁寧に相談に乗ってくれると思います)

■ Studio SORA Website : http://studiosora.net/

と言う訳で、準備万端で臨んだキープキャスト。

開催日の2日間はNLWスタッフの皆さんに助けて頂きました。
d0145899_12323299.jpg

写真上段左から、越岡さん、バス依存さんこと浅沼さん、稲吉さん、力持ちのアンドウさん、ミツギじいちゃん、ナベちゃん、シンドラールアーの酒向君、ハーヤンパパさん。
写真下段左から、りかさん、石丸さん、ボク、酒向君の奥さんのMちゃん。

素晴らしい人達に恵まれている自分は本当に幸せ者だと思います。

そして、今回2日間に渡ってブースにお越し頂いた全ての方々に心よりお礼申し上げます。

次は何時また出展できるか、今の段階では全く未定ですが、何時かまた必ずやりたいですね。(^o^)v
それを実現できるよう、全力で頑張っていきたいと思います!

本当にありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2016-03-08 13:19 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャスト・バックストーリー その3 最強の助っ人軍団 山梨県民ズ

キープキャスト・バックストーリーその3です。

今回のキープキャスト出展に際して、中心人物としてプロジェクトを進めて行って下さったのは、スタジオソラの越岡さんと、友人のハーヤンパパさんでした。

ハーヤンパパさんと言えば、NLW裏日記の最高傑作とも言える爆笑釣果報告(←ムッチャ笑えます。笑)で爆笑の渦に巻き込んで下さったので記憶されている方も多いかもしれませんが、本業はトレーディング関係のお仕事をされており、とんでもない勢いで世界中を飛びまわられている超多忙なビジネスマンさん。

他業種ですが、展示会等への出展も頻繁に手掛けられているので、もうここはNLWブースの総監督として指揮を取って頂き、プロジェクトを進めて頂いたのでした。

出展申し込み手続き。
ビルさんからご提供頂いた古材や、展示品の輸送。
日本国内での資材調達。
搬入の段取り。
全体のスケジューリング。

・・・・等々、本当にサクサクと進行して行って下さり、心強い事この上なし!\(^o^)/

決断力、判断力、的確な行動等、全てが勉強になる事ばかりです。

僕からハーヤンパパさんにお伝えした事は一点のみで、”工房でお客様をお迎えしたい”、というブースイメージのみ。

あとは、ハーヤンパパさんに全てお任せして進めて頂いたのでした♪ (^o^)v


そんなこんなで迎えたブース設営日。

ハーヤンパパさんに全てをお任せしていた僕は、どんなブースになるのかもちろん全く知りません。(笑)

設営前、搬入トラックの待ち時間中に、NLWブース予定地でのんきに記念撮影♪
d0145899_615990.jpg

左からハーヤンパパさん、リカさん、スタジオソラの越岡さん、ボク、ミツギじいちゃん。。

ブース設営に使える時間は、朝の10時から夕方の5時までの7時間のみ。

いよいよ搬入トラックが到着し、設営開始です!

”西根さん、トラックが来ましたよ~!”

と、搬入口からトラックを誘導して来られるハーヤンパパさん。

が、そのトラックに絶句!!(滝汗)

”えええええ???!!!マジっすか??(汗)”

まさかの4トン車登場です!!(驚)
d0145899_6133674.jpg

ブースに横付けすると、トラックの方がブースよりデカいし!!

d0145899_1254458.jpg

2コマブースに4トントラックって。(汗)

そして、トラックの荷台を開けたら更に絶句・・・・。

d0145899_6175928.jpg

ミツギじいちゃんがこしらえてくれた棚とか台とかのブース什器が、4トン車の荷台一杯にギッシリと詰め込まれてます。

”とても2コマブースに収まりきる量じゃないと思うんですけど~~~。”

もしかして、前代未聞のお客さんが入れないブースが出来てしまうんじゃ?と、固まる僕。(滝汗)

そんな僕の心配をよそに、

”こういう場合は、横開きのトラックじゃないと荷卸しが大変なんですよね~~♪”

と、仰るハーヤンパパさん。(百戦錬磨すぎる。笑)

”わっはっは~、棚を作り過ぎちゃったかなぁ?”

と、仰るミツギじいちゃん。(とても70歳とは思えないパワー。笑)

本当に前代未聞のお客さんが入れないブースが出来てしまいそうな勢いです。(笑)

余談になりますが、ハーヤンパパさんとミツギじいちゃんは山梨県人。

今回の準備は山梨県某所のミツギじいちゃんの山の家で進めて頂いていたのですが、山梨県民パワーオソルベシです。(笑)

もちろんの事、トラックに積んできた荷物が自分達のブース前だけに収まる訳もないので、お隣のトラウトアンドキングさんのブース前にも置かせて頂きます。(快く置かせて下さったトラウトアンドキングのAさん&Kさん、ありがとうございました!!)
d0145899_1312982.jpg


と言う訳で、先ずは床張りから開始!!
d0145899_7413896.jpg

てきぱきと床材を施工していくミツギじいちゃんと、同じく山梨から助っ人に来て下さった力持ちのアンドウさん。

ミツギじいちゃんが仰るには、ブースに一歩足を踏み入れて頂いた瞬間、そのブースの世界に入って頂くには床はとても大事との事。

なるほど~と、勉強になる事ばかりです。
ご自身が住まれている山の家も、林を切り倒して開墾するところから始め、何年もかけて全て自力(しかも独学)で家を建てられたミツギじいちゃんにとっては、ブース一つ作るぐらい朝飯前なのかもしれませんが、ホント凄すぎです!!


あっという間に張られていく床。
d0145899_7582961.jpg


ちょうどその頃、シンドラールアーの酒向君も岐阜から駆けつけてくれ、ブース設営に参加してくれたのですが、酒向君のポテンシャルはすごく、メチャクチャ大活躍!!
手首を痛めてて重たいものが持てず、全く使えないオイラとは大違いです。(笑)
d0145899_81047.jpg

相変わらず、ナイスな奴です♪(さとし、ありがとー!!)

床が完成した後は、いよいよ壁の設置!

ここで、ビルさんから提供頂いた100年モノの古材を設置していきます。
d0145899_8111174.jpg

ようやく、オイラにも出来る仕事を見つけた~!\(^o^)/

そして、内装が完成したブースに、ミツギじいちゃんお手製の棚や台などの什器を運び込みます。

写真はNLWブースのランドマークとなったタワーの屋根を担ぎ上げるハーヤンパパさん。
d0145899_8153831.jpg

ミツギじいちゃんによると、このタワーを作る時にポクポクと木を叩いてたら、近所の人から木魚の音と勘違いされたらしい。(笑)

そして、シンボルとなったビッグマスキーの剥製を設置。
d0145899_8162010.jpg

この剥製はオンタリオの片田舎のアンティーク屋さんで見つけて、ハーヤンパパさんと二人して一目ぼれしたビッグマスキー君♪(体長116センチ)

もう一つのシンボルの看板は、ミツギじいちゃんの奥さんのマリばあちゃんの力作♪ (^ ^)
d0145899_8233482.jpg

ペンキで一字一字描いて下さったそうです。(大感謝)

ちなみにこの看板に使わせて頂いた板は、ミツギじいちゃんのお隣さんのSさんが提供して下さった板。
d0145899_8261597.jpg

Sさんとミツギじいちゃん。

ブース機材のトラック積み込みの時は、山梨県某所の村人の皆さん達が荷物の積み込みを手伝って下さったそうです。

もうホント、山梨県民ズの皆様の温かいご支援と、力強いご協力にはただただ感謝という言葉しか出て来ません。(大感謝)

山梨県、サイコ―!!\(^o^)/

そしてついに完成したブース!!
d0145899_8314992.jpg

完全に自画自賛になってしまいますが、最高にカッコいいブースに感動しまくりです。(感涙)

そして、このブースに花を添えて下さったのが写真家の秋田大輔さんの写真。
d0145899_8353914.jpg

HUNT誌の取材時に撮影して頂いたお写真をお借りして飾らせて頂きました♪

世界を飛び回って撮影活動をされている秋田さんですが、ご自身のウェブサイトに掲載されているお写真の素晴らしさにはただただ感嘆するばかりです。
■ 秋田大輔さんのウェブサイト


そして、最後にカナディアンフラッグを立ててブースの最終仕上げ。
d0145899_13373520.jpg

やっぱりこれがあると、カナダ感が出ますねぇ。(^ ^)v

本当に沢山の方々から頂いた愛、そして皆の想いが詰まったブースで、翌日からのキープキャストを迎える準備が完了したのでした。

つづく・・・
by nishinelureworks | 2016-03-05 13:39 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャスト・バックストーリー その2 ビルさんからの贈り物

カナダに帰国するなり、時差ボケ&バタバタのWパンチでブログ更新がままなっておりませんが、キープキャスト・バックストーリーその2を書かせて頂きたいと思います!

今回のキープキャスト出展ですが、事の発端はいつもお世話になっているスタジオソラの越岡さんから頂いた一本の電話でした。

2015年、前田秀樹さんが主宰されているテッケルブースのお手伝い要員としてキープキャストに参加されたスタジオソラの越岡さんですが、キープキャスト終了後、メッセージ&お電話を頂き、そこから全てが始まったのでした。(詳しくはスタジオソラさんのブログをご覧ください)

”西根さん!来年のキープキャストにはNLWも絶対出展しましょう!自分に出来る事は何でも協力しますので、NLW出展しなきゃダメです!”


と、凄い熱意で語られる越岡さん。

その時は、幾らなんでもカナダからの出展は相当無理があると思ったので、”前向きに検討してみます。”とだけ言うのが精いっぱいでした。

が、その後、自分なりに考えた結果、出展経費や旅費等に関してはブースでの売り上げで何とか工面できそうだし、シンプルなブースなら何とか出展できるかも?と、出展の方向で気持ちが動き出したのが去年の夏ぐらいの事でした。

当初はそんな事もあり、スタジオソラの越岡さんにご協力して頂き、一番小さい一コマブースに机一つぐらいでの出展を考えていました。

そんな折、カナダや日本の友人の皆さんから次々と大変なお力添えを頂ける事になり、本当に沢山の方々のお力をお借りして、今回のキープキャスト出展が実現したのでした。

今回のブース材料に使わせて頂いた木材は、オンタリオの牧場に建っていた築100年の納屋(Barn)に用いられていた古材。

d0145899_0555363.jpg

素人目には廃材に見えてしまうかもしれませんが、実はオンタリオの古材はかなり貴重な素材らしく、日本のスターバックスコーヒーやポールスミス等のブティックの装飾に使われている古材は、今回NLWブースでご協力頂いた友人のビルさんが率いるセンチュリーウッドと言う会社から出荷されているものとの事です。

オンタリオのセンチュリーウッド社
d0145899_0595629.jpg


センチュリーウッド社のヤードにうずたかく積まれた古材達。
d0145899_103536.jpg

d0145899_123919.jpg


今回、古材についてビルさんに色々教えて頂いたのですが、古材にも色々なグレードがあるらしく、最上級グレードはシルバーグレーと呼ばれているグレードで、これはオンタリオやケベックなど、寒い地方のみに存在する古材との事。

d0145899_1142511.jpg

この写真の古材がシルバーグレーと呼ばれるグレードの古材なのですが、決して着色されている訳ではなく、オンタリオの厳しい気候に数十年間に渡ってさらされ続けた結果、独特なシルバーグレーカラーの美しい風合いに鍛え上げられていくそうです。

同じ材木でも、気候が温暖なアメリカではシルバーグレーではなくブラウンカラーにしかならないそうで、古材の奥深さに感心するばかりです。

100年以上前、未開地だったオンタリオに入植し、原生林を切り開き、切り倒した材木で自分達の開墾地にBarnと呼ばれる納屋を建ててていった開拓者達。

d0145899_1243527.jpg

この写真はセンチュリーウッド社のショールームに展示されているウッドフレームですが、使われている材木をよく見ると、斧で一本一本の材木が削り出されている事がよく分かります。

開拓者達、本当に凄い。。

ビルさん率いるセンチュリーウッド社の人達は、その材木全てに金属探知機を当てて古い釘を1本1本抜き取り、磨いたり製材したり、1本1本丁寧な処理を施して世界中に出荷されています。

今回NLWブースで使わせて頂いた材料は、まさにその超貴重なシルバーグレーと呼ばれる古材だったのですが、なんと、ビルさんの好意で、端材として残っていたモノを”ヒロシ、これ使え”と、無償で提供して下さったのでした。(大感謝)

貴重な古材を提供して下さったビルさんと。
d0145899_2391521.jpg

昨日、北の方にミーティングに行った際に、タイミングよくトロントのバスプロショップスでビルさんと待ち合わせができ、キープキャストが無事に終わった事や、大成功だったことを報告したら、大変喜んでもらえました。

素晴らしい人との出会い、そしてビルさんの気持ちにただただ感謝です。

To Bill,
I'm grateful to you for your help and very proud for having our booth with your woods at the Fishing show!

本当に沢山の方々に助けて頂いて実現したNLWキープキャスト出展。
次回に続きます。

■ http://www.centurywood.com/
by nishinelureworks | 2016-03-02 03:36 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

キープキャスト・バックストーリー その1 嬉しかった事

今回のキープキャストでは、一つ覚悟を決めて臨んだことがありました。

それはルアーの展示方法。

d0145899_1830359.jpg

どのような展示方法にするか色々検討していた時に、一人でも多くの方にNLWルアーを手に取って頂き、実際に触れて頂きたいという強い願いがありました。

が、不特定多数の人達が出入りするブースでは展示方法によっては盗難等の心配もありますし、どうすべきか考えました。

盗難の心配をするならば、全ての展示品を額縁やショーケースの中に入れたり、釘やピンで固定したり、紐でくくりつけたり、色々な盗難防止策が考えられるかもですが、そんなの嫌すぎ。(汗)

で、悩むことしばし(たぶん5分ぐらい悩んだ。笑)、出た結論は、ある程度のロストがあったとしても、ルアー各種、プロトモデル、マスターモデル、カービングウッド、モールド、ドリームラッシュ・・・・その他諸々の展示品をそのまま全て剥き出し状態で展示させて頂く事にしました。(^o^)v

盗難とか心配するよりも、一人でも多くの方に手にとって触って頂ければと。。

と言う訳で、出来上がったのは万引きし放題のブース。(笑)

d0145899_1962559.jpg

d0145899_1963960.jpg

d0145899_1965839.jpg

d0145899_19715100.jpg

d0145899_1972849.jpg

d0145899_1974536.jpg

d0145899_197581.jpg

d0145899_1981242.jpg

d0145899_1982683.jpg

d0145899_1984027.jpg

d0145899_1985284.jpg

全てが剥き出しワークス。(笑)

こんな万引きし放題のブースでしたが、その結末は?

ロストゼロ!!

これを嬉しいと言わずして、何を嬉しいと言ったらいいのでしょう?(喜)
ブースを訪れて下さった皆様にただただ感謝するばかりです。

これが、北米とか他の国ならこうはいかなかったと思いますが、日本人って本当に素晴らしい民族ですね~!!(^ ^)

皆さん、本当にありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2016-02-27 19:54 | イベント&プレゼント企画 | Trackback

The Keep Cast 2016 ありがとうございました!!

昨晩、無事にカナダに戻り、現在絶賛時差ボケ中のニシネジサボケワークスなワタクシです。(笑)

今回がフィッシングショー初出展となるNLW。

初出展と言う事もあって、始まるまでどうなることやらと心配していたのですが、本当に沢山の方にブースにお立ち寄り頂き、ただただ感謝の2日間でした。

d0145899_5172956.jpg

d0145899_5184547.jpg

d0145899_5185752.jpg

d0145899_5191488.jpg

今回、NLWブースにお立ち寄り頂いた方々にお話をお聞きしましたところ、名古屋周辺の中部地区を初めとして、関東地方や関西地方はもちろん、遠くは青森、福島、広島、愛媛から遠路はるばるお越しになった方もいらっしゃってビックリでした。(驚)

今回のショーでは、普段なかなかお会いする事の出来ないユーザーの皆様にお会いできるのをとても楽しみにしていたのですが、本当に素敵な方ばかり。
もう楽しくて楽しくて、本当にあっという間の2日間でした!(大感謝)

暖かいお言葉を掛けて下さる方。
手首の故障や健康を心配して下さる方。
使い込まれてボロボロになったルアーを見せて下さる方。
釣り上げられた魚のお写真を見せて下さる方。

カナダから旅立って行ったNLWルアー達が、皆さんの元で多少なりともお役に立てている事が分かって本当に嬉しかったです。

また、中には素敵なお土産や差し入れをお持ち下さった方が何人もいらっしゃり、まさかのお土産にビックリするやら嬉しいやらでした。お土産を頂戴しました皆様、本当にありがとうございました。m(__)m


今回とても印象深かったのは、ドリームラッシュ時代からお世話になっている名古屋のルアーショップオオノの、大野のおじさんに教えて頂いた事。
d0145899_652073.jpg
写真左から、大野のおじさんとおばさん、稲吉さん、ボク。

5年ぶりに大野のおじさんとおばさんとお会い出来てとても嬉しかったのですが、大野のおじさんのお話をお聞きして、涙が出そうになりました。

”西根さんのルアーをご注文されるお客さんは、本当に礼儀正しい人が多いです。
電話を頂くにしてもメールを頂くにしても、とても礼儀正しい方が多いですよ~。”


もうね、このお話をお聞きして、どれだけ嬉しかった事か・・・。

ホント涙が出そうになりました。(感涙)

そんな暖かいユーザーの皆様に支えて頂いている事を、この上なく幸せに思いますし、誇りに思います。

皆様、本当にありがとうございます!

皆さんから頂いた力をカナダに持ち帰り、これからも全力で製作に取り組んで行きたいと行きたい所存ですので、今後とも何卒宜しくお願い致します。

まだまだ書きたい事は山ほどありますが、それは後日バックストーリーとして書かせて頂きますね。(^o^)v


最後になりましたが、ショー会場では至らぬ点も多々あったかと思いますが、キープキャスト会場に足をお運び下さった皆様、NLWブースにお立ち寄り下さった皆様、全ての方々に心よりお礼申し上げます。

そして、こんな素晴らしい場を与えて下さった中部プロショップ友の会様に心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!!

■ The Keep Cast 2016
by nishinelureworks | 2016-02-25 07:06 | イベント&プレゼント企画 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30