Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:from Michinoku( 43 )

釣果報告 ~東北の住民さんより

本日2度目の更新です!

昨日の稲吉さんに引き続き、東北の住民さんより頂いた釣果報告をご紹介させて頂きますね~。(超時差ぼけなご紹介となってしまい申し訳ありません。謝)

■ 7月19日釣行記
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
7/19に地元リザーバーへと行ってきました!

その際、デカビーツァとオチアユ君が大活躍してくれました!

釣果報告 ~東北の住民さんより_d0145899_1336363.jpg

釣果報告 ~東北の住民さんより_d0145899_13371794.jpg

デカビーツァでは40upと50upをキャッチ!
どちらも、カレントが当たる岩へ高速リトリーブでヒットさせることでバイトに持ち込みました。

釣果報告 ~東北の住民さんより_d0145899_13375999.jpg

そして、オチアユWP125SSでも50upをキャッチ!

こちらは、インレットのチャンネルとドシャローフラットからのブレイクが複合するスポットで、ストレートリトリーブで浮かせてバイトに持ち込みました。

狙い通りに釣れてくれて、とても気持ち良い釣りが出来ました♪

オチアユWP125SSについては、フックのセッティングを若干変えてみたのですが、こちらの効果が出ているのかは、もう少し釣り込んで検証してみる必要がありそうです。

また、この日は他に、ファットブルでもビッグバスをヒットに持ち込んだのですが、残念ながらバラシてしまいました。

どの様にヒットしたのかと申しますと、護岸の岬にサンドバーのフラットが絡むエリアで、雨により発生した護岸沿いの濁りに高速リトリーブで突っ込ませたらヒットしました。

バイトが明確に出なかったことと、ヒット直後に急浮上した為に、対処を誤ってしまいました。

非常に悔しいバラシではありましたが、このヒットでファットブル8の可能性を見出だせました。

これからも引き続き使い込んでいきたいと思います!



■ 7月21日釣行記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
7/21に、何時もの地元リザーバーオカッパリへと行ってきました!

フィールドコンディション↓↓↓
天候:曇り
気温:18℃~20℃
水温:22℃~24℃
風:東北東の風 風速2m~3m
水色:ステイン

この日は、二つのビッグフィッシュパターンを掴むことが出来ました。

まず掴んだのが、オチアユミノー125FRでのクランキンミノーパターンでした。

狙ったのは、バックウォーターからのインサイドベンドのシャローフラットで、オイカワの回遊ルート上のブレイクにストラクチャーが絡むスポットでした。

バックウォーターはドチャ濁りでしたが、そのスポットには適度な濁りが入っていました。

そのスポットに対し、オチアユミノー125FRを、オイカワの回遊方向を意識しながらアプローチ。

クランキングでストラクチャーにコンタクトさせると、ビッグバスがヒット!!

釣果報告 ~東北の住民さんより_d0145899_2153261.jpg

52cm2150gをキャッチしました!!

リトリーブスピードについてはやや速めで、オチアユミノーが水面に飛び出すことのない程度で、感覚がたまに抜ける様に、スピード域は若干異なりますがデカビーツァのクランキングのイメージでリトリーブしました。

まさに、ミノーシェイプデカビーツァといったイメージでの使用がハマリました!

シェイプの違いで喰う喰わないの差は確実に出ると思うので、デカビーツァ並のパワーを持ってしてのこのクランキンミノーパターンは、自分にとって新たな引き出しとなりました!

そして、次に掴んだパターンがディープクランクパターンでした。

夕方、バックウォーターのドチャ濁りが治まった頃、バックウォーターからのチャンネルブレイクのショルダー、丁度カレントの巻き返しとなる辺りに濁りの塊が現れたのです。

その濁りの塊はカバーとして明らかな一級スポット。

そこを、ボーマー社のファットフリーシャッドのニーリングでの高速リトリーブで釣り、なんと、54.5cm500gを筆頭に、53cm、50cm1900g48cm、47cm、45cmのビッグバス達を立て続けにキャッチしたのでした!!
釣果報告 ~東北の住民さんより_d0145899_13432457.jpg

ファットフリーシャッドでは、フラット~ショルダー~ブレイクにかけてダウンヒルのコースで釣り、ボトムに対しタイトにトレースしていました。

しかし、夕マズメとなり照度が落ちた頃、反応が鈍くなってしまいました。

そこで、レンジを上げ、ルアーのパワーを若干落とすイメージでFatBull8を投入。

釣果報告 ~東北の住民さんより_d0145899_13514091.jpg

すると、中層の高速リトリーブ(ニーリングしての)で、同スポットから50cm1600gと45cmをキャッチすることが出来たのでした!!

これは、FatBull8のアクションと強すぎないサウンドインパクトがあったからこそのヒットだと思います!!

久しぶりの素晴らしい釣果、展開に、本当に会心のゲームとなったのでした!!

でもこれで終わりではなく、まだオチがありました。

このあと、帰り際にクランキンミノーパターンを試すと、再びオチアユミノー125FRに明らかな50upがヒット!!

しかし、バラシてしまったのです。

しかも、二匹立て続けにヒットしたのにもかかわらず、連続のバラシ…。

大きな課題を残し、釣行終了となったのでした。

とは言っても、本当に大満足な釣行でした!!

課題が残ったことは次回への楽しみにとっておきたいと思います(笑)

ホント、パワーフィッシングはこれがあるから止められませんよね~♪

それでは!また報告致しますね!

タックルデータ↓↓↓
ロッド:テクナGP74CHJ
リール:メタニウムXT
ライン:シューター目探グリーン14lb
ルアー:オチアユミノー125FR/ファットフリーシャッド/FatBull8



東北の住民さん、ありがとうございました!!

何時もの事ながら凄まじすぎる釣果ですー!(驚)


そう言えば東北の住民さんからオチアユミノーの釣果報告を頂くのは初めてだと思うんですけど、
オチアユミノーでキャッチした1本目のバスが50UPと言う。(流石ですね!喜)

それにしても、ディープクランキングパターン凄すぎですね!!(ファットフローシャッドでキャッチされたビッグバス凄すぎ!!驚)

毎年夏場になるとディープクランクでめちゃくちゃデカバスを釣りまくってらっしゃるのを記憶しているのですが、オカッパリでは出番が少ないと言われているディープクランクでも、条件次第ではビッグバスを狙い撃ちできるパターンが存在すると言う事ですよね。

うーん、ホント何時ものことながら勉強になります。


そして、つくづく思うんですけど、
東北の住民さんも書いて下さっていますが、パワーフィッシング&ハードベイトの釣りが本気でハマッた時の爆発力って、ホント凄まじいものがありますよねーー。

やばいです、めっちゃ釣りに行きたくなってきましたーーーーー!!(笑)

東北の住民さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2011-08-17 14:07 | from Michinoku | Trackback

釣りまくりの東北の住民さん その1

なかなかご紹介できずにいたのですが、東北の住民さんから頂いた釣果報告をご紹介させて頂きますね!

相変わらず凄い勢いでビッグフィッシュを釣りまくられています!!

■ 7月5日

釣りまくりの東北の住民さん その1_d0145899_0373288.jpg

先日7/5の桧原湖釣行で、ビーツァM7にてナイスフィッシュをキャッチしました!

メタニウムMg7でのハイスピードクランキングで、スタンプエリアの中層を狙ってヒットに持ち込みました!



■7月8日
釣りまくりの東北の住民さん その1_d0145899_0383958.jpg

そして、7/8は地元リザーバーにて、オチアユWP125SSで47cmをキャッチしました!

サンドバーからのブレイクに絡むスタンプ際をストレートリトリーブで通したらヒットしました!

相変わらず、NLWルアーが楽しませてくれていますよ~♪



■ 7月19日
釣りまくりの東北の住民さん その1_d0145899_042518.jpg

釣りまくりの東北の住民さん その1_d0145899_043106.jpg

釣りまくりの東北の住民さん その1_d0145899_0443018.jpg

7/19に地元リザーバーへと行ってきました!

その際、デカビーツァとオチアユ君が大活躍してくれました!

デカビーツァでは40upと50upをキャッチ!
どちらも、カレントが当たる岩へ高速リトリーブでヒットさせることでバイトに持ち込みました。

そして、オチアユWP125SSでも50upをキャッチ!

こちらは、インレットのチャンネルとドシャローフラットからのブレイクが複合するスポットで、ストレートリトリーブで浮かせてバイトに持ち込みました。

狙い通りに釣れてくれて、とても気持ち良い釣りが出来ました♪

オチアユWP125SSについては、フックのセッティングを若干変えてみたのですが、こちらの効果が出ているのかは、もう少し釣り込んで検証してみる必要がありそうです。

また、この日は他に、ファットブルでもビッグバスをヒットに持ち込んだのですが、残念ながらバラシてしまいました。

どの様にヒットしたのかと申しますと、護岸の岬にサンドバーのフラットが絡むエリアで、雨により発生した護岸沿いの濁りに高速リトリーブで突っ込ませたらヒットしました。

バイトが明確に出なかったことと、ヒット直後に急浮上した為に、対処を誤ってしまいました。

非常に悔しいバラシではありましたが、このヒットでファットブル8の可能性を見出だせました。

こたらも引き続き使い込んでいきたいと思います!




東北の住民さん、ありがとうございました!!

何時もの事ですが、ホントに凄すぎですね!!(尊敬)

でも、もっと強烈な釣果報告を頂いてるんですよ、これがまた。(笑)

ファットブルでバラした50UPの借りをきっちり返して下さいましたよ~♪

詳細は後日に!


って訳で、今日は最後の引越し片付けに行ってきま~す!!
by nishinelureworks | 2011-07-27 00:48 | from Michinoku | Trackback

魂のHSJフィッシュ!! ~ 東北の住民さんより

東北の住民さんが、HSJでナイスフィッシュを釣って下さいました!!(喜!)

うおぉおおおおおおおおおお~~~~~~~~!!(感動)

魂のHSJフィッシュ!! ~ 東北の住民さんより_d0145899_1123583.jpg


6/14に、地元リザーバーへ行ってきました。

フィールドコンディション↓↓↓
天候:晴れ
気温:24℃~20℃
水温:18.6℃~19.7℃
風:西寄りの風 風速1m~4m
水色:ステイン

この日は、PM16:00頃のスタートフィッシングとなりました。

先日届いた『デカビーツァHAPPY SMILE JAPAN』で、メモリアルなビッグバスを釣りたかったことから、夕方の短時間勝負ではありましたが、一発を狙って勝負して来ました。

シーズン的にポストスポーンであることが予想されたので、とある二本のクリークにエリア絞ってチェックしました。

そのエリアは、今年の4月に55cmクラスを二匹キャッチしたエリアなのですが、確実に同クラスのポストスポーナーがいるはずだと予想していました。

そのうえで、前日の夜に降った雨による適度な濁りが入っていれば、それらのビッグバスに口を使わせるチャンスであるとも期待していたのです。

先ずは、二本あるクリークのうち、透明度が低い方のクリークからチェックを開始しました。

水の状態やベイトフィシュの様子を観察しながら、デカビーツァを中心にチェックを進めて行くものの、予想以上に濁りが入っており、良い雰囲気は感じられませんでした。

魚の反応も無かったので、ここは早々に見切り、移動することにしました。

透明度が高い、もう一方のクリークへと入りました。

するとこちらは、平常時に比べると若干の濁りが入っている状態で、まさに狙い通りの状況といった感じでした。

こちらでは、透明度を考慮し、オチアユ君でチェックを開始しました。

上流側から入って、オチアユWP125FとオチアユWP125SSのローテーションでチェックを入れてみたのですが、思いのほか反応はありません。

しかし、充分な生命感が感じられたことから、クリークマウスへと向かい、徐々に釣り下って行くことにしました。

若干釣り下ったところで、川幅がチョークし、ボトムに岩が入っているスポットへと差し掛かりました。

ここでは、オチアユWP125SSを先発としてチョイスし、そのスポットに対して、ダウンクロスでアプローチしました。

持ち前の自走アクションを活かし、ストレートリトリーブで通すと…、岩陰から突如浮上して来たビッグバスが、バイト!!

しかし、ミスバイトでフッキングには至りません。

リトリーブを続けると、ビッグバスはそのまま岸際までチェイスしてきました!

その魚体は、おそらく55cmクラスと思えました。

チェイスして来たビッグバスは引き返し、再び岩陰へと戻って行きました。

辺りを見ても、そこが明らかに一級のスポットであったことから、そこに潜みベイトフィシュを待ち伏せていると思われました。

居場所は特定出来たので、スポットに対するトレースコースを変えて、再度アプローチしてみることにしました。

過剰なプレッシャーを与えない様に注意し、立ち位置を変え、オチアユWP125SSとオチアユWP125Fで交互にアプローチ。

それぞれに、同じルアーで同じコースを二度引いてしまわない様に、慎重にアプローチしましたが、反応はありません。

そこには間違いなく居るはずだと思われたので、そのビッグバスは、決まった方向から来るモノにしか反応しないのではないか?という考えが浮かびました。

ベイトフィシュの移動ルート、カレントの向き、風向き、岩に対するシェードの位置など、原因が何なのかは定かではありませでしたが…。

バイトを得た際の立ち位置へと戻り、先程のオチアユ君へのバイトが本気喰いではなかったことを考慮し、ここでデカビーツァへとルアーローテーションしました。

レンジを合わせ、デカビーツァのパワーとスピードでビッグバスのスイッチを入れる作戦です。

ここでのカラーは、HAPPY SMILE JAPANをチョイスしました!

バイトのあったコースへとアプローチし、着水後、高速リトリーブで一気に潜らせ、ボトムの岩にヒットさせます。

そして、デカビーツァが岩にヒットして弾けた瞬間、一瞬のキルを入れます。

するとその刹那!岩陰から凄まじい勢いで飛び出して来た黒い影が、弾け跳んだデカビーツァに猛然と襲い掛かったのです!!!

フッキングの瞬間からロッドは弧を描き、ビッグバスとのファイトが始まりました!!

水面が炸裂し、ビッグバスは大口を開けてエラ洗いを繰り返します!!

見ると、掛かっているのはリアフックのみです!!

抵抗するビッグバスの隙をつき岸に寄せ、急いで駆け寄り、その大きく開いた口の下顎を、無我夢中でガッシリと掴みました!!

キャッチした瞬間、余りの興奮に、我を忘れて叫びまくってしまいました。(笑)

魂のHSJフィッシュ!! ~ 東北の住民さんより_d0145899_1145936.jpg

自身初となるHAPPY SMILE JAPAN FISHは、何と、54cm2050gのビッグバスだったのです!!!

まさか、このサイズがくるとは思いませんでした。(笑)

HAPPY SMILE JAPANに込められたチカラを感じずにはいられない、衝撃的なビッグバスとの邂逅となったのでした。

心底震えたのは言うまでもありません。

その後は、日暮れ時まで釣りを続けるも、特に何事もなく、PM19:00ストップフィッシングとしたのでした。

タックルデータ↓↓↓
ロッド:テクナGP69CMHJ
リール:メタニウムXT
ライン:シューター目探グリーン16lb
ルアー:デカビーツァ HAPPY SMILE JAPAN

以上、釣果報告とさせて頂きます!

尚、この時はチームトーホクTシャツを着て行ったのですが、HAPPY SMILE JAPANとチームトーホクTシャツのコラボだったからこそ、こんなかたちでビッグバスをキャッチすることが出来たのかもしれませんね!

本当に、素晴らしい感動をありがとうございました!!



東北の住民さん、ありがとうございました!!

HSJファーストフィッシュがまさかの54センチ!!(驚!)

しかもチーム東北Tシャツ!!

もうね、嬉しすぎて言葉になりません。(涙)


東北の住民さんは釣れた瞬間、我を忘れて叫びまくったらしいですが、僕もツイッターで釣果報告があった時に、我を忘れて叫びまくっちゃいました。(笑)

この1本には、色んな想いが詰まってて、たぶん、僕にとっても一生忘れられない魚になりそうです。

きっと東北の住民さんの気持ちが、このビッグバスを呼び寄せたんだと思います。

福島、最高すぎですね!!

東北の住民さん、素晴らしい魚を釣って頂き、本当にありがとうございました!!


一つでも多くの笑顔がフィールドに戻ってきますように!!


追記
HSJですが、まだ他にも何名かの方から釣果報告を頂いております。
HSJフィッシュ以外にも沢山の釣果報告を頂いているのですが、あまりにも時間が無さすぎて、ブログでご紹介させて頂くどころか、お礼のメールすらお送りできていません。(本当に申し訳ありません!)

この場を借りて、皆様に心よりお礼申し上げます!!(大感謝)
by nishinelureworks | 2011-06-24 01:24 | from Michinoku | Trackback

オチアユWP125で50UPスモールマウス!! ~ 東北の住民さんより

東北の住民さんより釣果報告を頂きました!!

なんとなんと!

オチアユWP125で、またもや50UPのスモールマウスをキャッチされたそうです!!

すげーーー!!(喜)

オチアユWP125で50UPスモールマウス!! ~ 東北の住民さんより_d0145899_12581416.jpg


釣果報告させて頂きます!

先日、オチアユWP125SSにて、ビッグフィッシュをキャッチすることが出来ました!

フィールドコンディション↓↓↓
天候:晴れ
気温:20℃~24℃
水温:10℃~17℃
風:南の風 2m~5m
水色:クリア~ステイン

この日、まずは、プリスポーナーの40upをキャッチしました!

オチアユWP125で50UPスモールマウス!! ~ 東北の住民さんより_d0145899_12592764.jpg

メインレイクに面したワンド内の、ウィンディーサイドのハンプ、その周辺のロック密集地帯のエッジをトレースしてヒットに持ち込みました。

ヒットしたスポットの水深は1.5m程です。

そして、その次は、ポストスポーナーと思われる51cm1950gをキャッチしました!

オチアユWP125で50UPスモールマウス!! ~ 東北の住民さんより_d0145899_1302025.jpg

キャッチしたエリアは、先程のエリアよりも水温が高く透明度が低いクリークで、そのクリーク内のフィーディングスポットと思われるスポットでのヒットでした。

そのスポットは、ウィンディーサイドとなっていて、葦の岬とロックとウィードフラットが複合するスポットでした。

水深は1.5m程で、ウィードの面を掠めるようにオチアユWP125SSをリトリーブしました。

すると、ウィードフラットに隣接するロックに差し掛かろうという瞬間、バイトしてきました!

どちらも、自走アクションを活かしたストレートリトリーブでのヒットでした。

又しても、オチアユ君がナイスフィッシュをもたらしてくれたのでした!!

タックルデータ↓↓↓
ロッド:テクナGP74CHJ
リール:アンタレス5
ライン:シューター目探グリーン14lb


オチアユWPを今まで使用してきて気付いたことがあるのですが、バスの喰ってき方のほとんどがフロントフックにガッツリだということです。

それは、オチアユWPがナチュラルであることの証拠ではないかと思います。

個人的に、オチアユWPの力はまだまだこんなものじゃないと思っています。

今後も引き続き、オチアユWPのポテンシャルを引き出すべくテストを続けて行きたいと思います!

では!



東北の住民さん、ありがとうございました!!

何時もながらのスーパーナイスフィッシュキャッチ、本当に嬉しいです!!(喜)

って言うか、ポスト状態で1950gってハンパないコンディションの良さですね。(福島おそるべし!驚)

あくまで自分の経験値の範囲内の話ですが、スモールマウスってラージマウスと違って卵を産んだ後の回復が異常に早いような気がします。

あの運動性能?(笑)&スタミナはホント凄いですよね~~~。

まぁ、その分足も異常に早いので、あっという間に見失うんですけど。(爆)

僕が知る限りの話ですが、カナダの湖だと、だぁーーーーーーーって接岸してきて、ブリブリブリって産んで、だぁーーーーーーーと沖に去っていく感じです。(笑)

で、このだぁーーーーーって時が、スモールマウス狙いでハードルアーが大爆発するチャンスな感じです♪(あくまでカナダの話)


それにしても、オチアユWPってかなりボリューム感のあるボディーなんですけど、スモールマウスも普通に食ってくるんですね~~~。

今更何言ってんの?って怒られちゃいそうですが(笑)、これって結構未開拓分野だと思うんですよねー。

東北の住民さん、素晴らしい釣果報告をありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2011-06-14 13:12 | from Michinoku | Trackback

オチアユWPで極太スモールマウス!! ~ 東北の住民さんより

本日2度目の投稿です!!

東北の住民さんより、極太スモールマウスキャッチのご報告を頂きました!!

オチアユWPで極太スモールマウス!! ~ 東北の住民さんより_d0145899_11162646.jpg

福島の極太スモールマウス君!!(驚!)

東北の住民さんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね!

5/26の釣行で、オチアユWP125FSにてナイスフィッシュをキャッチすることが出来ましたので、報告させて頂きます。

フィールドコンディション↓↓↓
天候:晴れのち曇り
気温:15℃
水温:9℃~14℃
風:南々東のち南の風 風速2m~4m
水色:クリア

この日は、ウネリを伴った荒れた湖面状況で、非常に釣り難いコンディションでした。

しかしながら、何とか48cm1900gのスモールマウスをキャッチすることが出来ました!

ヒットしたスポットは、プロテクトエリアとなっている水深2m~3mのフラットに存在する、ロックで形成されたハンプです。

そのハンプのウィンディーサイドのエッジ、水深2.5m前後のコースをトレースし、バイトに持ち込みました。

キャストし、着水後ボトムまで沈め、時折ボトムにコンタクトする様に一定速度でリトリーブしました。

ストラクチャーにコンタクトしたときにヒラウチを見せるオチアユ君の特性を利用し、スピナーベイトのスローロールの様な効果を狙ってみました。

狙い通りにいったのかは定かではありませんが、イメージ通りにバイトしてきてくれ、非常に嬉しい一匹でした♪

タックルデータ↓↓↓
ロッド:テクナGP70CHJ
リール:アンタレス5
ライン:シューター目探グリーン14lb
ルアー:オチアユWP125FS



東北の住民さん、ありがとうございました!!

すんげー太いスモールマウスですね!!

48センチで1900gって、ラージでもなかなかありませんよね!

いいなぁー福島!!

ここまでナイスコンディションのスモールマウスって、僕は数えるぐらいしか釣ったことありませんが、ラージマウスではありえないぐらいの超強烈ファイトでしょうね!!


つか、東北の住民さん!

髪が逆立ってスーパーサイヤ人みたいになってますよ!!(笑)

素晴らしい釣果報告を頂き、本当にありがとうございました!!

ああ、福島に行きたいよぉ~~~!!
by nishinelureworks | 2011-06-02 11:23 | from Michinoku | Trackback

東北の住民さん、桧原湖にて。

本日、2度目の投稿です!!

東北の住民さんより釣果報告を頂きました!

桧原湖で感動の1匹に出会われたそうですよ!

東北の住民さん、桧原湖にて。_d0145899_8222086.jpg

全ての思いを込めたラストキャストで!!

東北の住民さんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね!

5/19の桧原湖釣行にて、オチアユ君が痺れる様な一匹と出逢う事ができました!

以下報告させて頂きます!

フィールドコンディション
天候:晴れ
気温:15℃~21℃
水温:12℃~16℃
風:西南西の風 風速1m~3m
水色:クリア

今回は、桧原湖北部の早稲沢~金山エリアへと行ってきました。

地形的、天候的なことを考慮した上で、ハードベイトメインでプリスポーナーを狙いたかった為のエリア選択です。

AM8:00に出船し、先ずは、ビーツァ&デカビーツァをメインに、クランキングでチェックしていきました。

このエリアでちゃんと釣りをするのは始めてのことだったので、スピーディーなチェックで地形とインビジブルカバー(スタンプやウィード)の把握を進めていきました。

チェックを進めていくと、フィーディングスポットに適していそうな、ウィードフラットにスタンプが点在するスポットへと差し掛かりました。

スポットの水深は2m前後です。

そこで、ハードベイトのフォローにスティックベイトのノーシンカーリグを入れてみると、38cmのスモールマウスをキャッチすることが出来ました♪

単発だったのか、後が続きませんでしたが、この一匹から、バスはシャローのフィーディングスポットに入っていて、浮いて来てバイトするコンディションのバスがいることが確認出来ました。

このあと、日中になり、スクールで回遊するバスや、スタンプに着くバスを確認したものの、サイズもそれ程大きくなく、活性もあまり高くない様子でした。

確認したそれらのバスは、バイトに持ち込むことは出来ませんでした。

一通りチェックし、エリアの雰囲気を掴んだところで夕方を迎えました。

日が山の尾根に隠れ、照度に変化の表れたタイミング、ここで勝負を賭けることにしました。

日中にスクールを確認したスポットに程近く、ウィードフラットにスタンプが点在し、ウィンディーサイドとなっているスポットへと入りました。

このスポットの水深も2m前後です。

バスがフィーディングに入っていることを願い、オチアユWP125SSでアプローチ。

すると、明らかに40upであろうスモールマウスのチェイスを確認!

この時チェイスは二回ありましたが、バイトに持ち込むことが出来ません。

その為、スポットを少し休めて、更にディスタンスをとってアプローチし直すことにしました。

スロープへの帰着を考えると、もう時間がありません。

頃合いを見て入り直し、先ずは、昼前に38cmをキャッチしたスティックベイトのノーシンカーリグをキャスト。

しかし、反応はありません。

次に、オチアユWP125Fへローテーションし、サーフェイスレンジを試してみました。

が、これも反応無しです。

時刻はPM17:30を過ぎました。

ここで、チェイスのあったオチアユWP125SSへとローテーションしました。

最後にこれでアプローチし、駄目なら潔く帰ろうと、ラストキャスト。

リトリーブコースを一直線に保ち、ラインテンションを抜きながらの一定速度のリトリーブ。

オチアユWP125SSが視界に入り、浮上姿勢へと入った瞬間、ギラッという輝きとともに引ったくられたのです!!!

フッキングからランディングまでを慎重に行い、遂にキャッチ!!!

東北の住民さん、桧原湖にて。_d0145899_827671.jpg

何と、44cmの綺麗な魚体のスモールマウスでした!!!

ハンドランディングした瞬間、痺れがくるくらい感動しました♪

正直、これは自分でも驚きの展開でした(笑)

これにて、この日の釣行を終了としました。

雄大な磐梯山が望み、美しい自然に囲まれた、桧原湖という素晴らしいフィールドで、最高のゲームを楽しむことが出来たのでした。

タックルデータ↓
オチアユWP125SS
ロッド:テクナGP70CHJ
リール:アンタレス5
ライン:シューター目探グリーン14lb



東北の住民さん、ありがとうございました!!

ラストキャストでのドラマ魚キャッチ、おめでとうございます!

何か知らんが、文章を読んでいる僕がどうなるんだ?どうなるんだ?ってドキドキしっぱなしでした。(笑)

何時もながらの攻め。
それを貫き通したラストキャストでのキャッチ。

本当に価値のある一本ですよね!

正直な話、東北の住民さんの釣りって、一歩間違えば大外しに終わってしまう危険と紙一重のスタイルに他ならないと思うのですが、それでもあまり大外しされる事が無い。

何時の事ながら、本当に勉強になりました!!(感謝)

信じて投げ続けた先の一匹だからこそ、1匹の魚との出会いにしびれるんですよね。

昨日の北嶋君のバズベイトで62センチキャッチ動画も凄かったですが、そんな手も震えるような感動に出会える釣りって本当に最高の趣味だと思います。

東北の住民さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2011-05-23 08:44 | from Michinoku | Trackback

東北の住民さん、桧原湖にて

東北の住民さんより釣果報告を頂きました!

東北の住民さん、桧原湖にて_d0145899_724147.jpg

桧原湖でも流石の釣果です!!

東北の住民さんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね♪

5/12に桧原湖へ行ってきましたので報告致します!

フィールドコンディション↓↓↓
天候:雨
気温:9℃~15℃
水温:9℃~13℃
風:西南西のち北東の風 風速1m
水色:ステイン

アイスフィッシング以来の桧原湖釣行となりました。

この日は少し遅めの昼前に出船し、桧原湖南部に位置するいかり潟へ行ってきました。

言わずと知れたスポーニングエリアです。

到着し、先ずは地形の把握やベイトフィッシュの有無を確認するべく、サラッと一流し。

岸沿いのカバーからカバーを渡り歩くラージマウス、ハンプの岩に着くスモールマウス、鯉、鮒、ワカサギなどの状態をざっくりと確認することが出来ました。

プロテクトエリアとなっている上に、様々な生き物が豊富で、バスをストックするワケだと納得しました。

この日、同エリアには自分以外に5~6艇のボートが浮いていました。

結構なプレッシャーです(笑)

とは言え、いつも通りの釣りを貫いてみました。

チェイスが数回あるものの、なかなかバイトへと持ち込むことが出来ず苦戦していると、昼過ぎから天候が崩れ、雨へと変わりました。

天気予報で確認済みではあったのですが、予想通り、魚の反応も変わってくれました!

まず、自身桧原湖初となるデカビーツァフィッシュをキャッチ!

東北の住民さん、桧原湖にて_d0145899_7255674.jpg

サイズは小さいですが、ジャーキンリトリーブで気持ち良く釣れました♪

スモールマウス狙いとラージマウス狙いを織り交ぜていき、NLWジグ1/4ozにビッグダディの組み合わせでは、46cmのラージマウスをキャッチ!

東北の住民さん、桧原湖にて_d0145899_724147.jpg

比較的スティープなバンク際に溜まったフローティングカバーへとアプローチし、ヒットに持ち込みました♪

フワッとアクションさせたかったので、ここでは1/4ozというウェイトをチョイス。

そして、この後はオチアユ君祭りに突入しました(笑)

ハンプやちょっとした岬周りを通すと、バイトラッシュ!

東北の住民さん、桧原湖にて_d0145899_7263796.jpg

東北の住民さん、桧原湖にて_d0145899_727196.jpg

小さすぎるバスはフッキングしませんでしたが、ナイスサイズを含む三匹をオチアユWP125SSでキャッチしました♪

夕マズメを迎え、あらかじめ目星をつけていたスポットに入ると、オチアユWP125SSに楽勝45upのビッグスモールマウスがヒット!!

しかし、それはバラシに終わりました。

良い展開でしたが、詰めが甘かったです(汗)

まあ、もっともっと精進しろってことですね(笑)

という感じで、桧原湖をエンジョイして来ましたよ!

NLWルアー達は、桧原湖でも釣れ釣れでしたよ~♪

タックルデータ↓

オチアユWP125SS用
ロッド:テクナGP69CMHJ
リール:メタニウムXT
ライン:FCスナイパー16lb

デカビーツァ・NLWジグ1/4oz用
ロッド:レサト1622R
リール:メタニウムXT
ライン:Xテックスコブラ20lb



東北の住民さん、ありがとうございました!!

桧原湖にもこんな良いラージが居るんですねー!!(驚)

オチアユ君にワラワラと・・・・・想像するだけで楽しそうです!!(笑)

桧原湖行ってみたいなぁ。

それにしても、東北の住民さんの釣りって、何処に行ってもビッグフィッシュを呼びますね。(かっちょええ)

自分が目指している理想形に極めて近い釣りスタイルと言うか、ホント、勉強なることだらけです。(尊敬)

東北の住民さん、ありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2011-05-19 07:32 | from Michinoku | Trackback

福島って素晴らしい

東北の住民さんから釣果報告を頂きました!!

もうね、福島の釣り人メチャクチャ元気すぎです!!(喜)


釣果報告致します!

まずは、つい先日、友人のたいちゃんがブレードクランクでキャッチした、ナイスコンディションの47cmです!

福島って素晴らしい_d0145899_10143581.jpg

福島って素晴らしい_d0145899_1016119.jpg

野池のリップラップクランキングでキャッチしたとのことです!

そこは、その野池で最もプレッシャーが高いスポットと思われるのですが、フィーディングのタイミングに状況にマッチしたルアーを入れたことで、ナイスフィッシュが反応したんじゃないかと思います。

タイミングが合ってれば、なるべく強いルアーを入れた方がビッグフィッシュを反応させ易いですよね。


次は、本日自分がオチアユWP125Fでキャッチした、40upのスモールマウスです!

福島って素晴らしい_d0145899_1017734.jpg

川の、アウトサイドベンドのエンド部シャローフラットでキャッチしました。

冷え込みの無いローライトコンディション下、バンク際を、無警戒に泳ぐベイトフィッシュの如く、一定速度でタダ巻きしたら、一撃で引ったくっていきました♪

福島って素晴らしい_d0145899_10181583.jpg

ファイト中にもう一匹のバスがバイトしてきて、あわよくばダブルヒットのところでしたが、残念ながらその子はフッキングしませんでした(笑)

尚、ラインはフロロカーボン14lbを使用し、若干潜らせ水面直下を泳がせました。


今年の福島は、例年に比べ、春への動きが遅れている様な気がしますが、ようやく本格的に釣れだしてきた感じです♪

これから、益々面白いハードベイトゲームが展開出来るのではないかと思います♪

個人的には、昨年春の様なプリスポーンダイナマイトを期待しているんですけどね~(笑)

それでは!



たいちゃん&東北の住民さん、ありがとうございました!!

たいちゃんがキャッチされた魚、おっそろしいほどナイスコンディションですね!!(驚!!)

重さにしたら、もしかして2キロ行ってるかも?

次の大潮で産みそうですね~~♪

んー、やっぱりブレクラのプリスポーンパターンはありなのか?

って言うか、たいちゃんのピースサインに思いっきり癒されました。(今時ピースサインする人珍しいかも。爆笑)


東北の住民さんは何時もの事ながら、ホントに流石ですね!!
写真は超ピンボケだけど。(笑)

東北の住民さんが釣って下さったオチアユWP125Fですが、今年の春に発売を予定していたのですが、ちょいと思いついたことがありまして、現在改良を加えています。(オチアユミノー125FRの方は製品化の準備はほぼ完了しています)

現在、手を加えているオチアユWPですが、状況に応じて簡単に狙うレンジを変更できるように、ある工夫を試し中。

もし上手く行ったら、一つのルアーでフローティング~ファーストシンキングまで自由自在にレンジコントロールできるようになるはずですので、もうしばらくお時間を頂ければ幸いです。


それにしても、福島の皆さんの情熱には何時も驚かされっぱなしです!!

筋金入りの釣りバカと言うか何と言うか。(笑)

おそらく、思考回路の90%以上の部分は『釣りバカ根性』で占められていると思いますが(笑)、
でもね、その行動の中に、福島の素晴らしさを知って欲しい!という、故郷を強く愛する気持ちを持ってらっしゃるのは知っていますよ!!

自分も鳥取と言うド田舎で生まれ育ちましたが、もし自分が同じ立場に置かれたら、全く同じ行動を取ると思いますもん。(笑)

もしかしたら賛否両論はあるかもしれませんが、故郷を愛する気持ちと言うのはそういうものだと思います。

故郷を傷つけられるのは、自分の家族を傷つけられるのと何ら変わりませんから。。


僕には、とにかく気をつけて下さいとしか言えませんが、心から福島の皆さんを応援してますからね!!

たいちゃん&東北の住民さん、本当にありがとうございました!!


追記
そうそう、バス君を濡れた草の上に置いて下さりありがとうございましたーー。
もし地面に置くのなら、濡れた草とかがバスに与えるダメージを最小限にできると思います♪

最近、口やかましい写真評論家みたいで大変申し訳ありませんが、
少しでもバスに与えるダメージを減らせればと願っておりますので(特にこれからスポーニングを迎える時期ですし)、是非皆さんもバスの扱いについて考えてみて頂けると嬉しいです。

ホント、偉そうにスミマセーン!!(謝)
by nishinelureworks | 2011-04-23 11:03 | from Michinoku | Trackback

決して消える事のない福島魂

本日3度目の投稿です!!

東北の住民さんより釣果報告を頂きました!!

またもや、キャッチされたそうです!!

決して消える事のない福島魂_d0145899_043682.jpg

福島は不滅です!!(感涙)

東北の住民さんから頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね!!

川スモール攻略で、又してもビーツァM5が良い仕事をしてくれました!

フィールドコンディション↓
天候:晴れ
気温:9℃~22℃
水温:9.9℃~13.4℃
風:西南西の風 風速3m~静穏
水色:ステイン

この日、午前中は水深7m~10mのディープが隣接するエリアへ季節の進み具合を見に行ったのですが、反応皆無のノーバイト。

魚の動きが全く掴めなかった為、午後になってから、レンジを絞り込みやすいシャローのロックエリアが延々と続くエリアへと移動しました。

天候が穏やか過ぎたので、ハードベイトでは難しいかと思われましたが、カレントとシェードが効いているスポットを狙い、ビーツァM5でナイスフィッシュをキャッチすることが出来ました♪

外しまくりで、危うくノーフィッシュのところでしたが、今回もビーツァに助けられました(笑)

やはり、ビーツァM5の、ステインウォーターのロックエリアでの威力は凄まじいものがありますね!



東北の住民さん、ありがとうございました!!

今年も変わらず東北の住民さん劇場?が始まりましたね!!

何か、ある意味見慣れてしまって感覚が麻痺しちゃってますが、でも冷静に考えたら、東北の住民さんから頂く釣果報告って、かなり異常ですよね。(笑)

福島行きたいなぁ。
ホントに行きたい!!

次日本に帰る時は必ず福島に行きますので、釣りに連れて行って下さいね!!
そして、思いっきり笑って釣りしましょう!!(笑)

Never Give Up 福島!!!!!!




追記
Happy Smile JAPANをご予約下さった鳥取県米子市にお住まいのSYさんへご連絡です。
こちらをご覧くださいませ~。
http://beatour.exblog.jp/13390575/
by nishinelureworks | 2011-04-16 00:28 | from Michinoku | Trackback

福島は不滅です!!

東北の住民さんから頂いた釣果報告をご紹介させて頂きます!!

以下、東北の住民さんから頂いたコメントです。

4/7・4/8二日間の釣果を報告させて頂きます!

初日は、チームトーホクの仲間、たいちゃんとH.S worksさんと共に、川へ行ってきました。

初日のフィールドコンディション↓
天候:晴れ
気温:3℃~15℃
水温:8.5℃~12℃
風:西の風 2m~3m
水色:ステイン

この日はSD85Fでナイスフィッシュをキャッチすることが出来ました♪

福島は不滅です!!_d0145899_1142983.jpg

そのSD85Fは、浮力とジャーク時の移動距離を抑え、バイト時の吸い込みを良くし、キャスタビリティーを損なわないということを意図して、リアフックをST36RD#4にティンセルを巻いたものに交換しました。

午前中は水温が10℃以下で、そのSD85Fを用いたジャーキングでのポーズ中に、ワンバイトを得たのですが、フックセットには至りませんでした。

フロロカーボンラインを用いて、浮力を更に抑えた状態でのミスバイトだったことから、魚はまだスローであると予想しました。

バイトが続かなかった為、エリア移動を繰り返すことに。

午後になり、水深1m程の岩盤帯のシャローフラットに、ディッチというか、スリットというか、上流から下流へと筋が入っているスポットへと入りました。

筋は立ち位置となる岸側に寄っています。

ここでたいちゃんが、バスに襲われて傷付いたと思われる8cm程のオイカワが、岸辺に打ち寄せられているのを発見。

マッチザベイト?

筋を跨ぐ様に、ややアップクロスでSD85Fをキャスト。

ラインのテンションが若干抜けるくらいのスローリトリーブで、フラフラと泳がせてきます。

筋のアウトサイドのエッジを通り過ぎ、手前側のエッジに差し掛かろうという瞬間、強烈なバイト!!

フッキングを決め、伝わってくる首ふりの感触と、重量感から、ビッグスモールマウスと確信!

跳躍する魚体に、一同「でかっ!」(笑)

ランディングし、計測してみると、48cm1650gの綺麗な魚でした♪♪

福島は不滅です!!_d0145899_116454.jpg

震災後初のバスということもあり、喜びはひとしおでした!!

その後は夕マズメに、ベイトフィッシュが溜まるシャローのスポットで、デカビーツァプロップのリッピングに猛烈なバイトがあったのですが、それはミスバイトに終わってしまいました。

そのデカビーツァプロップについてですが、熱を加えてリップを立ててみたのですが、リッピング時の音が自分好みになりましたよ♪

何だか、今後活躍してくれそうな予感がします。

ということで、初日から良い釣りが出来たのでした♪



二日目は単独釣行で、引き続き川に行ってきました。

二日目のフィールドコンディション↓
天候:曇り
気温:11℃~18℃
水温:11℃~13℃
風:南西の風のち北西の風 風速1m~5m
水色:ステイン

この日はビーツァM5が炸裂しました!

先ずは、わが家から5分ほどの近場からチェックしました。(笑)

前日に比べ水温が安定しており、天候が崩れ出した絶好のコンディションということと、前日に魚が反応したレンジを考えて、ビーツァM5をチョイスしました。

岩盤が川幅をチョークし、流れと水深にメリハリが効いているスポットへとアプローチを開始。

ビーツァをボトムに点在する岩にヒットさせながら、大きく跳ねた時は一瞬リーリングを止める感じでリトリーブしてきます。

すると、跳ねた直後に抑えこまれる様なバイト!!

幸先良く43cmをキャッチ!!

福島は不滅です!!_d0145899_1175961.jpg

強烈なファイトで楽しませてくれました♪

バイトが続かなかったので移動。

前日に48cmをキャッチしたエリアへと下ります。

先ほどのバスがハーモニカ喰いでバイトしてきたことから、ビーツァM5が状況にマッチしていると判断し、ビーツァM5メインでテンポ良くチェックしていきます。

先ほど43cmをキャッチしたスポットに条件が似ており、より深さにメリハリが効いたスポットに差し掛かりました。

手前のバンク側が、反転流となりドロップオフしています。

そこには岩も絡んでおり、絶好のフィーディングスポットとなっています。

ビーツァを沖の流芯に向かってややアップクロスでキャストし、反転流に向かってリトリーブ。

そして、ドロップオフに差し掛かったとき、岩にヒットして跳ねたビーツァを引ったくる影!!

直後、フッキングとともにズシッっという重量感がロッドに伝る!!

ドラグが唸り、水飛沫をあげビッグスモールマウスが水面を割る!!

リアフックに掛かっていたのですが、あえて魚を走らせることにより、フロントフックをアシストすることに成功!!

慎重に寄せ、下顎をガッシリと掴みランディング!!

福島は不滅です!!_d0145899_1195582.jpg

素晴らしいプロポーションのビッグスモールマウスをキャッチ!!

福島は不滅です!!_d0145899_1205326.jpg

サイズを計測すると、50cm2000gでした♪♪

引き続きこの後も狙っていったのですが、バイトを引き出すことは出来ず、二日目の釣行を終了としました。


この二日間、NLWルアーを駆使し、とてもエキサイティングな釣りを楽しませて頂きました!!

この度の震災により、この福島県も数々のフィールドを失うこととなりましたが、まだ残っている素晴らしいフィールドがあります。

自分は、今まで以上にフィールドを大切にすることを意識し、これからも釣りの面白さを追求していきたいと思っております。

今回使用したタックル↓
ロッド:レサト1622R
リール:アンタレス5
ライン:シューター目探グリーン14lb
ルアー:SD85F・ビーツァM5



東北の住民さん、ありがとうございました!!!

ここで何を書かせて頂いたらいいか適切な言葉が見つかりませんが、
心の底から感動すると共に、自然の偉大さを再認識させて頂きました!!

そして、大変な勇気を頂きました。

きっと僕と同じ気持ちの方は多いのではないかと思います。

釣りってホントに素晴らしいです!!


つか、皆さん、負けてなんかいられないですよね?(笑)
僕も絶対にビッグフィッシュ釣ったるでーーーー!!(ホントか?笑)


東北の住民さん、福島の方は特に厳しい問題が山積みですが、絶対に負けないで下さいね!!
でも、10年後も釣りまくっといて頂かないと僕が困るので(笑)、自己防衛だけはお願いします。

あと、濡れた地面に魚を置いて下さりありがとうございます!


それにしても、最近あちこちで凄い勢いで釣れ始めていますね。
渡辺さんも先日50UPキャッチされてましたし、NWBさんも密やかに大爆釣をかまされていました。(笑)
沢山の方から釣果報告も頂いております。

正直、自分にとってこれ以上の心の栄養はありません。(笑)

ただ今、アラバマのピクウィックレイクでエリートシリーズ第3戦が開催されておりますが、そちらは無視させて頂く事にして(レポートさせて頂く時間が無くてスミマセン!!)、しばらくの間は釣果報告をガンガンご紹介させて頂きたいと思います。

さぁ、元気になったし、今日も頑張りますかーーーー!!


東北の住民さん、本当にありがとうございました!!
by nishinelureworks | 2011-04-10 01:40 | from Michinoku | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29