Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:from Michinoku( 43 )

福島よりモンスタースモールマウス!!!

東北の住民さんより、大変嬉しい釣果報告を頂きました!!!

一昨日、福島の川でモンスタースモールマウスをキャッチされたそうです!!!

うぉーーーーーーー!!!

メチャクチャ嬉しいです!!
ホントに泣きそうです。(涙)

福島よりモンスタースモールマウス!!!_d0145899_920522.jpg

この一匹にどれほどの想いがこもっているのでしょうか。。

この1匹にどれだけの人達が勇気付けられるのでしょうか。。


そして、この翌日、東北の住民さんはもっとデカイヤツをキャッチされたそうです!!

今日はちょっと時間が無くてアップできないので、詳細は明日アップさせて頂きますね!!


東北の住民さん、本当にありがとうございました!!


めっちゃ元気出ましたよーー!!!(感謝)
by nishinelureworks | 2011-04-09 09:25 | from Michinoku | Trackback

東北の住民さんよりメッセージ

本日2度目の更新です。

東北の住民さんよりメッセージを頂いておりますのでご紹介させて頂きます。

福島県郡山市より頂いたメッセージです。

********************************************
まずは、この度の東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた多くの方々の御冥福を深くお祈り申し上げますとともに、被災された方々には、心よりのお見舞いを申し上げます。

さて、この度は私も被災したわけですが、私自身、幸い怪我も無く、ライフラインも確保されており、御蔭様で心身ともに無事です。

チームトーホク皆の無事も確認済みです!!

とは言え、私が住む、ここ福島県では、予断を許さぬ状況が続いております。

未だ終息しない原発事故、壊滅的な被害を被った浜通りへの支援の停滞、顕在化した燃料不足。

問題は山積みです。

隣県の宮城県、岩手県、茨城県でも、同じく問題は山積みの様です。

アングラーの観点でみても、今回の震災により、多くの感動を与えてくれた数々のフィールドが壊滅してしまいました。

以前、西根さんに釣行記として紹介頂いたフィールドの多くも壊滅してしまったのです。

その様な状況下で、比較的被害が少なかった私としましては、何か復旧に向けて力になれないものかと思慮しております。

未曾有の大災害となってしまった今回の震災ですが、皆が一丸になって乗り越えて行くことで、必ずや復旧出来ると信じています。

東北の住民の皆さん、頑張っていきましょう!!!

そして、西根さんを始めとして、御支援頂いている皆様には、心より感謝致します!!!


********************************************

東北の住民さん、大変なご状況下の中ご連絡頂き、本当にありがとうございます!!

正直、書きたい事が沢山ありすぎて全く言葉になりません。(涙)

今の僕にたった一つだけ言えることは、

何時か必ず福島に行きますからね!!
そして、一緒に釣りしましょう!!


力強い復興を心からお祈りしております。

とにかく今は、どうかご無事で居て下さい!!


追記
もし東北の住民さんやチームトーホクの皆さんにメッセージを送られたい方がいらっしゃいましたら、info@nishinelureworks.comでお待ちしております。
by nishinelureworks | 2011-03-18 03:58 | from Michinoku | Trackback

新コーナー 『from Michinoku』 始動!!

ブログに新カテゴリーを追加させて頂きました!!

今年から東北の住民さんにNLWプロスタッフに正式にご加入頂き、このコーナーで暴れまわって頂こうかと思っております♪(笑)

新カテゴリー名は、『From Michinoku』

何のひねりも無いカテゴリー名ですが(笑)、カッコいい名前は身に余るとの東北の住民さんのご希望でシンプルな名前に決定しました。(東北の住民さんらしい。笑)

と言うわけで、一発目は先日の琵琶湖遠征の時のお話です!!

新コーナー 『from Michinoku』 始動!!_d0145899_253781.jpg


■ フィールドコンディション
フィールド:琵琶湖
天候:晴れ
気温:0℃~6℃
水温:6.2℃~8.2℃
風:西南西の風 風速2m
水色:クリア


この日は、琵琶湖プロガイドの長谷川耕司さんに案内して頂きました。

AM10:30釣行開始。

まずは、北湖東岸の、ボディーウォーターが絡むフィーディングスポットをチェックするということで、沖ノ島をチェックしました。

しかし、ノーバイト。

そこで、移動することになり、水深約10mのフラットに存在する魚礁へと向かいました。

この魚礁は、山形に積まれた形状をしており、エッジが水深約10m、トップが水深約4mとのこと。

ここではまず、長谷川さんが魚礁のエッジをスイムベイトでチェックし、40upをキャッチ!

ここで自分は、エッジで40upが釣れたことから、もっとデカイヤツはトップのピンスポットに陣取ってる?と考えました。

そこで、トップをかすめる様に通し、バスを浮かせてバイトに持ち込む事を意図し、オチアユWP125Sをチョイス!!

この時は操船を任されていましたので、ボートの影を魚礁へ落とすことの無い様にボートポジションをずらし、アプローチを開始。

トップを跨ぐ様にフルキャストし、カウントダウン後、ラインのテンションを抜きつつリトリーブしました。

すると、ルアーが魚礁のトップに差し掛かった辺りで、『グンッ☆』とロッドに力強い生命感が伝わりました!!!

この時、ふと、昨年の琵琶湖遠征でのバラシが脳裏を過ぎり、ハラハラドキドキしましたが、慎重に寄せ、ランディングすることに成功!!!!

2011年の初バスとなる、52cm2450gの綺麗な魚体のバスをキャッチしました!!!!!

新コーナー 『from Michinoku』 始動!!_d0145899_24540.jpg

一年越しの、琵琶湖でのオチアユWP125Sフィッシュに感無量でした♪♪♪

この後は、魚の反応を得ることが出来ずに、PM16:00、釣行終了となりました。

とても楽しい濃密な時間を過ごさせて頂き、オチアユ君には記憶に残る一匹に出逢わせて頂きました♪♪♪

バスフィッシングって、本当に面白い!!!と、実感した琵琶湖釣行でした♪♪♪

ちなみに、二日目と三日目はデコりましたが、それでも、本当に面白かったですよ♪♪♪

タックルデータ↓↓
ロッド:テクナGP70CHJ
リール:アンタレス5
ライン:シューター目探グリーン14lb
ルアー:オチアユWP125S



東北の住民さん、ありがとうございました!!

『from Michinoku』楽しみにしてますね!

東北の住民さんのフィッシングスタイルって、自分が理想としているパワーフィッシングに極めて近くて、何時も凄い勉強をさせて頂いています♪

つか、あの爽やかなルックスとは裏腹な豪快な釣りスタイル&凶暴な?釣果は、ギャップがありすぎて素敵すぎます。(爆笑)

ちなみに今回ビッグフィッシュをキャッチされたオチアユWP125Sですが、下記チューニングをされて使われたそうです。

新コーナー 『from Michinoku』 始動!!_d0145899_228750.jpg

フック:ST-46RD#3(リアフックのティンセルは東北の住民さんの自作)

先日の投稿(記事)を見てH湖のTakaちゃんから、何でフックを折らずに曲げてあるんだろう?って質問があったので、東北の住民さんに聞いてみましたところ、

”安全かつ綺麗に折るのはちょっと難しいので、曲げてるだけです!(笑)”

との事でした。(笑)

確かにST46の極太ワイヤーを安全にカットするには、ヤットコか何かの工具が必要になってくるので、曲げるのは大アリですね!!



それにしても、今回の東北の住民さんの琵琶湖釣行ですが、後でお聞きしたら通常は8時間程で行ける道程を、今回は凍結によるスピード規制が入ったり、ホワイトアウトするぐらいの猛吹雪(これはマジ怖い)に遭遇したりで、往路、岐路ともに12時間掛かったそうです。

真冬に片道700kmオーバーの道のりを走破して釣りに行こうって時点でアホすぎですが(笑)、更に琵琶湖では車中泊だったそうな。(絶句)

もうね、凄すぎと言うか、色んな意味で突き抜けちゃってますね。(笑)

東北の住民さん、ありがとうございました!!

『from Michinoku』、楽しみにしてますねーー!!

■ from Michinoku  http://beatour.exblog.jp/i33
by nishinelureworks | 2011-01-20 02:50 | from Michinoku | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29