Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:NLW VLOG( 13 )

■ NLW VLOG #20 【スピニングタックルのライントラブルを減らすには?】 

先日の独り言動画をYouTubeに再アップしました。

今回のテーマはスピニングタックルのライントラブルを防ぐ方法♪

d0145899_22365673.jpg
ピョンキチ君が飛び出てたり

d0145899_22370957.jpg
こんな感じでラインがあらぬところに巻かれてしまった状態に気が付かないで投げてしまい、ドバァと糸が飛び出てしまってラインが絡みまくってしまったご経験をお持ちの方は多いんじゃないかと思います。

それらの原因の多くは、ゆるく巻かれてしまったラインが原因になっていることが多いと思うのですが、そのゆるみが最も高確率で発生するのが、キャスト終了後、リールを巻き始めてラインにテンションが掛かるまでのタイミングではないかと思います。

ここを上手く乗り切ることで、圧倒的にライントラブルを減らすことが可能になります。
今回の独り言ではそんな話をしてみました♪

■ NLW VLOG #20 スピニングタックルのライントラブルを減らすには? 



キャスト時にフェザリングをして、無駄な糸ふけをなるべく出さない事と、巻き始めにこの小技を使う事で、ライントラブルはほぼ回避できると思います。
簡単な方法ですので、もし宜しければ試してみて下さいませ~♪









by nishinelureworks | 2018-05-28 22:53 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG うねりの中のバスボート走行法

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日の独り言動画をYouTubeにアップしました。

今回のテーマはバスボートによるうねりの中の走行法。

d0145899_21372802.jpg
インターネット検索しても意外と情報が無い、バスボートのうねりの中の走行法について前編と後篇に分けて話してみました。

■ NLW VLOG #17 セーフティーボートフィッシングーその2 うねりの中の走行(前編)


■ NLW VLOG #18 セーフティーボートフィッシングーその3 うねりの中の走行法(後編)


向かい風に向かっての走行法、追い風に乗っての走行法、航路の取り方、アクセルワーク、トリム調整、うねりの中での緊急停船法等々、自分の経験の中で学んだ事を話してみました。

今回の動画で話しそびれてしまったのですが、出船前に船のビルジポンプの確認や、船外機のコンディションのチェック。
ライフジャケットやキルスイッチの装着はもちろんです。

あと、燃料やエンジンオイルは多めに入れていくようにしましょう。
荒れた中、ゆっくりと走行しなければならない時など、いつもより多めに燃料が必要になることもありますし、燃料を沢山積むことによって船がスタンヘビーになり、大波の中で走りやすくなります。
例えて言えば、空の洗面器を水面に叩きつけると凄い衝撃を受けますが、水が入った洗面器を水面に叩きつけてもそれほど衝撃を感じないのと同じだと思います。
うねりの中の走行では、船首をどれだけ上げれるかが大事になりますので、重たいものはなるべく後ろのストレージに入れておくみたいな工夫も有効だと思います。

バスボートの場合、フットアクセルを装着すると、ハンドスロットルよりはるかにスムーズに走れるようになりますのでお勧めです。

うねり走行の実践編の動画ですが、長谷川耕司さんがYouTubeにアップされている動画が非常にわかりやすく、自分もこの動画で多くの事を学ばせて頂いたので、是非ご覧ください。↓




激荒れの中の走行は気合だ!と言われることも多いですが、激荒れの中の走行で何よりも大切なのは、気合ではなく技術だと思います。

そして、危険があると判断したら、船を出さないで撤退するぐらいの勇気を持つことだと思います。

もし万が一大変な状況に遭遇してしまったら、どうか無理せず安全な場所へ避難してくださいね。

安全に気を付けて、楽しいボートライフとフィッシングライフをエンジョイしましょう~♪

by nishinelureworks | 2018-04-23 22:16 | NLW VLOG | Trackback

■ NLW VLOG #16 【セーフティーボートフィッシング その1ー 危険な波】

先日Facebookにアップした独り言動画をYouTubeに再アップしました。

今回の独り言動画のテーマはセーフティーボートフィッシング。

その1回目として、アメリカで今年頻発しているボートの衝突事故の話や、危ない波などについて話してみました。

d0145899_07472527.jpg
波と言っても様々な波があり、それぞれで対処法や操船方法は異なってきますが、ボートが起こす引き波は危険な波の一つではないかと思います。

ボート走行中や釣り中に引き波を食らってヒヤッとされたご経験をお持ちの方も多いんじゃないかと思うのですが、ボートが走る=引き波が出るですので、他船の引き波に注意するのはもちろんですが、自船も引き波を出しているという事を忘れず、周囲の人達になるべく迷惑を掛けないような操船を心がけるのはとても大事なことだと思います。

■ NLW VLOG #16 セーフティーボートフィッシング その1ー 危険な波



今回の独り言動画で話したことについて、これはご覧頂きたいと思う動画が幾つかありますので、下記に貼り付けておきますね。

■ バスボートのジャンプ&操船者落水

この動画はかなり有名な動画でご存知の方も多いと思いますが、引き波で弾き飛ばされて操船者が落水するという事故です。
船の滑走のさせ方や、航路の取り方など、完全にアウトな走り方ですね。汗

■ バスボートのスピン&搭乗者落水

この動画もかなり有名な動画。
狭い水路を何艇もバスボートが高速で走っている様子が映っていますので、もしかしたらトーナメント中の走行シーンかもですが、引き波を乗り越える時にバランスを崩して弾かれ、その後、スノーボードで言う逆エッジが効いたような状況に陥ってバスボートがスピン→搭乗者が水中に投げ出されるというアクシデントです。

ライフジャケットやキルスイッチは絶対に忘れないようにしましょう。

■ 引き波でバランスを崩して岸に突っ込む

これも引き波が原因で起こった事故。
絵にかいたようにバランスを崩して岸に突っ込んでらっしゃいます。汗


■ バスボート同士の衝突

レイクオキチョビの細いボートトレイルでバスボート同士が衝突する動画。
こんな狭い水路で、めちゃ怖いっす。汗

■ フィッシングボートにクルーザーが衝突

最近ではこの動画が有名。
釣りをしている最中のフィッシングボートにクルーザーが突っ込む事故です。
むちゃくちゃヤバい事故ですが、突っ込まれた船に乗っていた方々は水中に飛び込んで事なきを得たようです。
この事故の原因ですが、クルーザーの操船者が携帯電話を見ながら運転しててそのまま衝突してしまったみたいです。

携帯電話を見ながらの運転とか言語道断ですが、魚探を見ながらとか、GPSを見ながらの運転も同様に前方不注意になりがちですので、気を付けましょう。

ベストシーズンに入って湖上はボートで込み合う日も多いと思いますので、くれぐれも安全に気を付けて釣りを楽しみましょうね~♪


by nishinelureworks | 2018-04-12 08:38 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #15 【凄い釣り人は何が違うのか? その1】

先日Facebookにアップした独り言動画をYoutubeに再アップしました。

しばらく更新が途切れていた独り言動画ですが、またボチボチと再開していきたいと思います♪

今回のテーマは「凄い釣り人は何が違うのか?」という身の程知らずな壮大なテーマw

僕が出会ってきた中でぶっちぎりに凄い釣り人と言えば、やはりポールさん。
現在、毎月一回ガイドをお願いして一緒に釣りしながらルアーテストなどを行っているのですが、そこで感じた事を話してみました。

このポールさんですが、ナイアガラでは知らない人はいないぐらい有名なアングラーで、魚がいるところを一番簡単に探す方法はポールの船を探す事だ。と言う人がいるぐらいの釣り人。

僕が今まで出会ってきた中で最高レベルの釣り人です。

d0145899_01450182.jpg
d0145899_01453039.jpg
d0145899_01454279.jpg
d0145899_01455507.jpg
d0145899_01461426.jpg
レイクエリー、レイクオンタリオ、ナイアガラリバーなど、広大を極めるエリアを舞台にして、夏場は五大湖のビッグウェーブを乗り越え、冬場は氷がガンガン流れ下ってくるナイアガラリバーを突き進んで魚を追いかける。。

追いかけている魚は、スモールマウス、ラージマウス、スティールヘッド、ブラウントラウト、レイクトラウト、キングサーモン、ウォールアイ、マスキー他、五大湖のゲームフィッシュ達。

ルアーフィッシング以外にも、フライフィッシング、ライブベイトフィッシング、トローリング、ドリフトフィッシング等々、非常に懐の深い釣り人です。

そんなポールさんとの釣りから学んだ事を話してみました。



次回はその2に続きます~!^^

■ Cast Adventures http://castadventures.ca/



by nishinelureworks | 2018-03-29 01:55 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #12 【エリー湖のオールドフィッシャーマンに学ぶ驚きのビッグフィッシュパターン】

YouTubeにNLW VLOG#12をアップしました。

今回のテーマは、今年重点的にやりこんでみたいと思う釣りやルアー。

テーマその1はディープクランクの釣り。
d0145899_01342482.jpg


そして、テーマその2は、エリー湖のエキスパートアングラーの間で伝説的に語り継がれている驚きのビッグフィッシュパターンについて話してみました。
d0145899_01352945.jpg
まだまともな魚探が無かった頃、あるオールドフィッシャーマンが実践していた釣り。
ラトリンログという極めてオーソドックスなルアーを用いた特殊な釣りに、スモールマウスフィッシングの奥深さを感じます。



■ NLW VLOG #12 エリー湖のオールドフィッシャーマンに学ぶ驚きのビッグフィッシュパターン

*なぜかブログ上でYouTube動画をうまく貼り付けられないので、下記リンク↓よりご覧ください。(うまく貼り付けできるようになり次第リンクを貼り直します)








by nishinelureworks | 2018-02-19 01:48 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #11 【TOクロー物語】

YouTubeにNLW VLOG #11をアップしました。

今回のテーマは大森貴洋プロの依頼で作り上げたカスタムカラーの話。
TOクローを中心に、その時のバックストーリーを話してみました。

d0145899_22443212.jpg

エリートシリーズ・レイクマーティン戦のウィニングルアーになったRTOクランクのTOクローカラーの原型。
d0145899_22430621.jpg

カラーパターンやコーティングの厚み等、TOのこだわりが詰め込まれたトーナメントを勝つ事のみを目的にして生まれたカラー
要求に一切の妥協はないので仕上げるのは大変でしたが、ルアービルダーとして非常にやりがいもあり、心躍る仕事でした。

■ NLW VLOG #11 TOクロー物語




■ バックストーリーのバックストーリー
ルアーを送ってしばらく後、TOからふいに送られてきたサプライズ。
d0145899_23023778.jpg
貴重なトーナメントシャツにTOのメッセージ。。ぶっきらぼうだけど、大森君らしい。(笑)
このトーナメントシャツは我が家の家宝です。^^

以前、このブログでTOとの出会いについて書いたことがあったので、記事のリンクを貼り付けておきますね。





今から29年前の約束を少しは果たせたかな。

大森君の今後の更なる活躍を祈って、僕も前進するぞ~!








by nishinelureworks | 2018-02-15 23:12 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #10 【祝!大森貴洋エリートシリーズ優勝!!】

YouTubeにNLW VLOG #10をアップしました。

今回のテーマは大森貴洋プロのエリートシリーズレイクマーチン戦優勝!!

T.O.やってくれましたね~!!
d0145899_23101920.png
d0145899_23102982.png
d0145899_23103895.png
自分にとっても感慨深い今回の優勝。
そんな想いを話してみました。
d0145899_23104618.jpg
大森君、ラッキークラフトさん、本当におめでとうございました!

■ NLW VLOG #10 祝!大森貴洋エリートシリーズ優勝!!


by nishinelureworks | 2018-02-12 23:13 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #9 【冬の釣り服カナダ仕様】

YouTubeにNLW VLOG #9をアップしました。

今回のテーマは防寒対策。
冬場の釣りで僕が着ている装備を説明してみました♪^^

d0145899_10563455.jpg
この装備で大体マイナス10度ぐらいまで釣り可能です。
冬場も釣りしたいけど高い服を買えないビンボーオヤジの防寒装備w、参考になるかはわかりませんが、もしよろしければご覧ください。^^

■ NLW VLOG #9 冬の釣り服カナダ仕様

by nishinelureworks | 2018-02-12 11:03 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #8 【BASS TIMES記事 〜 忘れ去られたラウンドビルクランク】

YoutubeにNLW VLOG#8をアップしました。

今回のテーマは、ラウンドビルクランク。
d0145899_10105453.jpg
バスマスターが発行しているBASS TIMES誌に「The FORGOTTEN Shallow Crankbait」という題名で、ラウンドビルクランクベイトに関する記事が掲載されておりましたので、それについて話してみました♪

The FORGOTTEN Shallow Crankbaitを直訳すると「忘れ去られたシャロークランクベイト」

最近、クランクベイトと言えばスクエアビルみたいな感じで、ラウンドビルクランクは忘れられがちですが、そんなラウンドクランクさん達に脚光を当てる良記事ではないかと思います。

僕も昨年チッパワRBというラウンドビルクランクを開発したのですが、作って感じたのは、ラウンドビルが秘めたポテンシャルは相当のモノだという事でした。^^

この記事内でマイクアイコネリのDT4の使い方などが紹介されていましたので、そちらも軽くご紹介させて頂きました~♪

■ NLW VLOG #8 BASS TIMES記事~忘れ去られたラウンドビルクランク



■ 関連動画 NLW VLOG #2 ルアー話 〜 ラパラDT4


by nishinelureworks | 2018-02-05 11:11 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #7 【ルアー話~ソフトベイトにクセが付く意外な理由&解決法】

YouTubeにNLW VLOG #7をアップしました。

今回のテーマは、ソフトベイトについてしまったクセという釣り人あるあるなテーマ。

釣る気満々でパッケージからソフトベイトを出してみたら、ガッツリと変なクセが付いててがっくり来たって事ないですか?w

こんな状態で出て来たら凹みますよねぇ。↓
d0145899_10373150.jpg
実はこれって、パッケージの中に曲った状態で入っていたということ以外にも、ワームオイルがクセがつく原因になっているのではないか?と言う事を自分の失敗談から話させて頂きました。

■ NLW VLOG #7 ルアー話~ソフトベイトにクセが付く意外な理由&解決法


僕はこの失敗をするまで、ワームオイルってワームのコンディションを整える役割があるんだと思ってましたが、使い方を誤ると酷い事になるという話ですw
もし宜しければ参考にして下さい。^^



by nishinelureworks | 2018-02-02 11:04 | NLW VLOG | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30