Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2010年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

埼玉某所でデカビーツァ!! by バス依存2さん

バス依存2さんより釣果報告を頂きました!!

埼玉県の某河川でビッグフィッシュが釣れたそうです!!

d0145899_18288.jpg

d0145899_184896.jpg

デカビーツァで48センチのビッグフィッシュ!!

バス依存2さんより頂いたコメントを下記にご紹介させて頂きますね!

デカビーツァ(コロラドブレード)で、良いサカナが釣れましたので報告します。

埼玉某河川での釣果です。
これだけ、暑い日が続くと、タイミングと流れは欠かせない要素となってきてます。


今回は、至ってノーマル。普通に釣れちゃいました。

朝イチ、遠投し、流心よりやや外れた岸寄りをダウンストリームで、ゴリゴリ巻きはじめ、5回転くらいのところで、『ガツン』でした!



バス依存2さん、ありがとうございました!!

今回バス依存2さんがされていたコロラドチューンですが、僕も今色々なサイズのコロラド系ブレードを装着してデカビーツァとの相性を探っているところなのですが、
コロラドブレードに換装する事によって、音がワンノッカー系の音になる事に加えて、千鳥幅が大きくなるみたいですね。

デカビーツァが本来持つロールアクションのバランスを強引に崩してチドらせるような感じなので、万能ではないですが、状況によってはこのワンノッカー系のサウンドは武器になりそうな気がします!!

それにしても、昨日のH湖もそうでしたが、デカビーツァの勢いは何処まで続くのでしょうか。。
実は作った本人が一番ビックリしてたりもします。(汗)


って言うか、バス依存2さんオソルベシです!!

激戦区の関東地方でビッグフィッシュをキャッチされ続けるバス依存2さん。
もうね、弟子入りさせてもらいたいぐらいです!!(笑)

バス依存2さん、ありがとうございました!!

■ バス依存2さんの釣行記 → http://ameblo.jp/bassizon/entry-10637097427.html
by nishinelureworks | 2010-09-07 01:25 | 釣果報告 | Trackback

デカビーツァの勢いが止まらない。。

H湖に行ってきましたー!!

2週間ぶりのH湖は完全に秋模様になっていました!!

そして、またもやデカビーツァがやってくれました!!

d0145899_15283833.jpg

Poodle Basserさんが、2.65kgのデカバスを含む40UP3匹キャッチ!!

ルアーは全てデカビーツァ!!


そんでもって、僕の釣果ですが、僕は撃沈!!(ちくしょーー!!笑)

d0145899_1535444.jpg

僕の最大魚は40ちょいかけぐらい。
いや、十分嬉しいんですが、あのPoodle Basserさんのビッグフィッシュ連発はホントに凄かったです!!


同じようなルアーを使い、同じような事をしているにも拘らず、
何故Poodle Basserさんはビッグフィッシュを連発し、僕は外したか?

その辺りの事は僕なりに感じる事もあったので、後日書かせて頂きますね。

いずれにしても、この2週間で完全に季節が進んでて、悩み抜いた一日でありました。


それにしても、6月頃よりH湖で炸裂し始めたデカビーツァですが、
ポストスポーンの時期の2週間の空白期間を除き、H湖のMAXクラスを当たり前のようにキャッチし続けてくれています。

もうね、殆ど奇跡に近いと言うか、正直、ビックリしています。(汗)

今回Poodle Basserさんがキャッチした40UP(50UP1本を含む)3本のトータルウェイトは6.15kg

比較する事自体が無意味な事ですが、昨日開催された琵琶湖オープンのウェイトに当てはめると4位に該当する重量です。


稚内のはるか北、樺太の中央部辺りに位置する北緯50度ライン。

その樺太とほぼ同緯度のバンクーバーの湖でノーザンラージマウスハンティング。

もしかしたらH湖でのバスフィッシング自体が奇跡のようなものなのかもしれませんね!(感動)


釣行記は明日書かせて頂きます!
by nishinelureworks | 2010-09-06 16:14 | 釣行記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 もうすぐ発売!デカビーツァ!』

本日2度目の投稿です!!

稲吉さんから頂いた琵琶湖TEST釣行記のパート3です!!

デカビーツァでナイスフィッシュをキャッチして下さった模様です!!(喜)

....................................................................................................................................
『 もうすぐ発売!デカビーツァ!』

こんにちは、西根さんの釣行記でも大活躍のデカビーツァ。

発売を心待ちにしている人、たくさんみえると思いますが、後もう少し待っていてくださいね!
このところの西根さん(凄すぎ!)や各地のテスターさんモニターさんの釣果を見て頂いていると思いますが、デカビーツァはかなりヤバイですよ!

前にも言いましたが、私の心理的には、売ってほしくないって思ってしまうくらい。(笑)

西根さんからは色々なプロトルアーを頂いていますが、デカビーツァに関しては、最初から文句の一つも付けようもない完成度でした。

琵琶湖では、デカビーのプロト投入初日から、50cmUPを含めたくさんのバスをキャッチすることができ、即1軍入り!
その後もコンスタントにGOODサイズをキャッチし続けています。

今年の前半はNLWルアーのTESTができない(釣れない)厳しい状況が続いていた琵琶湖(南湖)ですが、(ソフトベイトならポロポロ釣れるんですけど)やっと、TESTができる状況になってきました。

まだまだ残暑が続いていますが、湖の中は確実に秋へと変化しているようです。

先週もGOODサイズを1本バラしているし、そろそろデカビーツァが効くはず!ってことで、水深約4m前後のウイードフラットをチョイス。

水面からウイードトップまでは、1.2~1.8m位って感じの所。

何投かしますが、バイトはありません。

やっぱりダメか?って諦めかけたとき、きましたレギュラーサイズ(40cm前後)!

これはいけるかも!って思い直し、デカビーツァを投げまくります。

d0145899_3354537.jpg

d0145899_3363477.jpg

レギュラーサイズ(40cm前後)2本をキャッチ。
(ちなみに写真の背景は真っ暗ですが、早朝の5時過ぎで、人の目では十分見える明るさなんですけどね)

どんどん行きましょ!ってことで、投げ続けていると、ひったくられるような強烈なバイト!

あわせると、予想通りかなりいいサイズ!

ウイードに潜られないように、横へバスを走らせながらボート際まで寄せてきたとき、ジャンプでバレてしまいました。

姿からして、55cm~58cmくらいはあったので、残念。

しかし、その後、リベンジとはいきませんが、50cm(2300g)をキャッチできました。
d0145899_3375534.jpg

ちなみに今回、使用したカラーは初回出荷予定のオスギルでした。

使い方は、時おり千鳥くらいのリトリーブ速度で、たまにウイードにコンタクトさせる感じ。

デカビーツァは千鳥らせたり、ウイードに当たった時、一瞬止めてあげることもバイトを増大させる重要なキッカケになりますよ!(普通にストレートリトリーブでも十分釣れます)


また、この日は、ラバジやストレートワームのTXやワッキーでも59cm(3500g)、56cm(3250g)、51cm(2500g)などをキャッチできました。

d0145899_339242.jpg

やっぱり、アンリミ274Mはいいですね!

55cm以上(3000g以上)を越えるようなバスをこの時期掛けたら、ウイードに潜られてしまうのでは?って不安があったのですが、56cm(3250g)を余裕で寄せてくることができました。

釣果だけ見れば、まだソフトベイトに歩がありますが、これから秋にかけて、デカビーツァなどムービング系ルアーへの反応がどんどん良くなってくると思います。

デカビーツァが店頭に並ぶ頃は、ちょうどいいいシーズンになっていると思います。
皆さんも、デカビーツァで各地のデカバスをガンガン釣っちゃって下さいね!

それでは!



稲吉さん、ありがとうございました!!

デカビーツァでビッグフィッシュバラシは残念ですが、これからの季節期待できそうですね!!(喜)

それにしても、56センチを余裕で寄せてこれるアンリミ274Mってどんだけパワーがあるんだ?(ビビリ)

実際に274Mを振ってみると、硬さを感じる事は全く無く、むしろしなやかな竿なんですけど、
あのしなやかさの中に、すんごいパワを秘めているみたいですねーー。

何て言うか、一見華奢だけど、脱いだら凄い!みたいな感じでしょうか?

僕も早く274Mで魚を掛けてみたいです!!(ハンカチくわえてキーー!って感じです。笑)


明日のH湖、超楽しみです!!
by nishinelureworks | 2010-09-05 03:46 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

借金取りゲーム??

昨日は久々のオフ。

んでもって、久々の夏日!!

最後の夏を楽しむべく、家から車で20分ぐらいのところにある湖のビーチに行ってきました♪

d0145899_364686.jpg

ビーチで遊ぶ娘達。

砂をコネたり、詰めたり、何をしてるんだか良く分からんが、とにかく楽しそうです。(笑)

もう、ドーロドロのビチョビチョ。
これまた子供にとっては最高に楽しい事なんでしょうねーー♪

色々な遊びをする中、姉ちゃんがハマッた遊びがこの遊び。 ↓

d0145899_310135.jpg

通称、砂金取りゲーム!!(本当に通称か??笑)

何の事は無い、ザルに砂を入れて水中でシャカシャカしてたら中の石が出てくると言う遊びなんですけど、これがねえちゃんのツボに超ハマッたみたい。

砂が流れていった後、石が出てくるのが凄く面白いらしく、大興奮しながら延々とシャカシャカやってます。

んでもって、最初はサキントリゲームするー!!って言ってたのが、

シャキントリゲームするー!!に変化し、

最後はシャッキントリゲームするーー!!って大変化を遂げておりました。(爆)

借金取りゲームって、オイ!!

確かにサキンとシャッキンは響きが似てるけど、砂金じゃなくて借金が出てきたら父ちゃんは超嫌だぞ。(爆笑)

以前、ゲキレンジャーをデコレンジャーに変化させた娘ですが、相変らずオモロイ事を言ってくれます。(笑)


それにしても、カナダの夏は完全に終わったっぽいですねー。

明日、H湖にPoodle Basserさんと出撃する予定なんですけど、朝の予想気温は10℃だそうな。

カナディアン達も過ぎ去りつつある夏を思いっきりエンジョイしてました!!

d0145899_321951.jpg

つか、ビーチにこんなデカイ丸太が流れてくる辺りが、カナダの湖って感じですね。(笑)
by nishinelureworks | 2010-09-05 03:21 | 日常日記 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記 『 夏の番外編Part2』

本日2度目の投稿です!!

昨日は力尽きてしまってアップできなかった(スミマセン)、稲吉さんの琵琶湖TEST釣行記パート2です!!

稲吉さんは釣れてないっておっしゃってますが、ムチャクチャ釣りまくってらっしゃいますよーー!!(笑)

....................................................................................................................................
『 琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part2)』

こんにちは、夏の番外編Part2です。

Part1で言ったとおり、私は今年の夏、釣れていません!
特にハード系ではまったくと言っていいくらい釣れていません。(泣)

釣行記、あまりにも更新しない(できない)のもどうかってことで、ここ最近キャッチした50UPの一部を紹介します。

全て、ソフトベイトでの釣果ですが・・・。
HOG系ワーム&ストレートワームのTX、ストレートワームのワッキーなどで釣ったバス君達です。

d0145899_136172.jpg

d0145899_1365555.jpg

d0145899_1373741.jpg

d0145899_1384445.jpg

d0145899_1392128.jpg

d0145899_1395668.jpg
                    (西根注:上の写真の魚は全て50UPです)

スピニングでは、西根さんも遂に入手された、アンリミ274Mが大活躍!
50UPを含め40~49cmくらい(写真はありません)はかなりたくさんキャッチすることができました。
ライトリグの釣りでは、アンリミ274Mに頼りっぱなしって感じです。
1本で、色々やりたいっていう人にはボートでも陸っぱりでも、お薦めですよ!


また、NLWルアーでは、小バス~レギュラーサイズまでならポロポロ釣れていますので、こちらも一部写真を撮ってあるので紹介しますね!

今、一番可能性を感じているのがオチアユWP125F!

d0145899_13121924.jpg

d0145899_13125692.jpg

d0145899_13133253.jpg


他のルアーでは、まったく反応がない状況でも何故か、オチアユWP125Fには喰ってくるんですよ!
バレてしまったりとキャッチはできていませんが、40cm後半くらいまでは掛けています。


d0145899_13143130.jpg

チビビーツァでも、小バスならたくさんキャッチできています。


d0145899_13155510.jpg

また、オチアユミノーのブレードチューンVer.やKB105DRでも小バスならキャッチできています。

と、あまり景気のいい話はありません・・・。

夏も終盤に差し掛かり、ようやくムービング系ルアーへの反応も少しは良くなってきているようです。
オチアユミノーTypeJにもようやく反応してくれるようになってきましたし。

この釣行記を書いている数日前の釣行でも、デカビーツァ(オスギル)で45cm~47cmくらいのが掛かったのですが、私のミスでバラしてしまいました。

前半苦戦した分、後半はNLWルアーで釣りまくって、報告できるように頑張りますね!
以上、琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part2)でした。

それでは!


稲吉さん、ありがとうございました!!

ってか、50UP釣りすぎです!!(笑)

僕はヘボ過ぎて、まだその眠れる力を全く紐解けてないんですけど、274Mが火を吹きまくっているみたいですねーー!!(ええなーーー!!)

状況的には、まだまだハードルアーでビッグバスを狙い撃ち出来るところまで季節が進行していないみたいですが、徐々にハードルアーにも反応が出始めたとの事で、これからのシーズンに期待大ですね!!

きっと今年も凄いバスをキャッチしてくださる事と思います!!

明日はパート3をご紹介させて頂きますね!!
by nishinelureworks | 2010-09-04 13:24 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

Voice From The Water  『テストルアーに想う』

昨日、無事にデカビーツァを出荷しました!!

d0145899_2551252.jpg

ようやくの事形になりました!!(喜)

最大級に順調に行けば、早いお店には来週末か再来週頭ぐらいには入荷し始めるはずですので宜しくお願い致します!!

出荷の状況については随時当裏日記にてご報告させて頂きますね♪



んで、昨日はルアーの出荷後にバンクーバーのダウンタウンにある会計事務所へ。

会計士さんとミーティングしましたところ、

お蔭様で2009年は黒字を頂きました!!

っても、大した額の黒字ではないですが、このご時勢に本当にありがたすぎるお話です。(大感謝)

でも、会計士さんに怒られた事もありまして、
サンプルルアーが多すぎ!!って事で叱られました。(爆)

去年サンプルとして提供したルアーの累計数は500個弱!!

このサンプルルアーの内訳は各テスターさんやモニターさんにテストをお願いしているルアーが大部分を占めており、僕がカナダでテストしているルアーの個数は入っていません。

僕のテストルアーも加えると軽く600個オーバーのルアーをテストに費やしている計算になります。(汗)

600個って言ったら、一ヵ月半必死こいて働き続けて作れる数字なので、数字だけ見れば完全にアウト。

このサンプルの個数って、毎年殆ど変動が無くて、毎年会計士さんに叱られるんですけど、
色んな場所で色んな人に使ってみて頂かない事には分からない事も多々あるので、結局はそれぐらいの数になってしまうんですよねー。

んで、今年も性懲りもせず、会計士さんに叱られました。(笑)

たぶん、来年も叱られまくりでしょう。(爆)


実際の話、この600個は直接的な利益(売り上げ)を生む訳ではないですし、数字だけ見ている会計士さんのチェックが入るのは当たり前。

そもそも、2~3個のルアーをちょいちょいってテストして納得できるんなら、600個も余分なルアーを作らなくて済むわけですから、もっと自分が釣りに行ける時間を作れるのかもしれません。

でもね思うんです。

確かに短期的に見たら、NLWの製作レベルで、毎年600個のルアーをテストに消費して行くと言う事は凄いマイナスかもしれませんが、製品化になったルアーをこれから先、5年10年と作り続けていくと言う事を考えれば、決してマイナスではないとも思うんですよね。

あははは、今のご時勢では気が長すぎかもしれませんが。(アホ)


長い開発時間を掛け、そしてテストルアーを沢山消費すれば良いルアーが出来るかって言えば、そんな事も無いですが、
僕には短期テストでそのルアーが秘め持つ可能性やハメどころを見抜く力はないし、ルアーの完成度を限界レベルまで持っていく実力は無いので、余計に時間や手間が掛かるっちゅうだけの話です。

実際の話、この4年間売れ続け、作り続けてきているビーツァMシリーズにしても、
随時改良を加えてまして、現在販売しているモデルはジェネレーション3。
ブレクラはジェネレーション2です。

アクション自体にはそれほど大きな変化は無いので、気付かれている方は多くないと思いますが、
そのルアーが威力を発揮する使い方にマッチしたバランスに近づけたり、地道に強度アップを図ったりしています。

d0145899_433386.jpg
                   お役御免になったモールド達(の一部)

NLWのロングセラーでもあるビーツァであっても、4年間細かい改良を加え続けて、
やっとこさ完成域に近づいてきたと言う感じです。

何事においても移り変わりの早い今の時代、NLWのやり方は完全に時代遅れだと思いますが、
たぶん、これから先もこのやり方は変らんでしょうねーー。(そして毎年会計士さんに叱られる。笑)


リリースが近づいてきたデカビーツァMG5。

果たしてこのルアーがユーザーの皆様に受け入れて頂けるかどうか、正直、僕には分かりません。

もし僕に、たった一つだけ言える事があるとしたら、
この2年半、その場その場で自分に出来る事は全て注入できたと思います。
そして、テスターさんやモニターさんも様々なフィールドで2シーズンに渡って投げ続けて下さいました。

僕が自信を持って言い切れる事はただそれだけです。

d0145899_3543031.jpg

デカビーツァ、あと少しでリリースです!!
by nishinelureworks | 2010-09-04 04:07 | Voice From The Water | Trackback

ロデオドライブ復活!!

ロデオドライブが復活するみたいですねーー!!

d0145899_1554827.jpg
                       Rodio Drive type-C

いえーーい!!(祝!)

もはや僕が語るまでもない超実績ルアーですね!!

詳しくは塚本さんがブログで説明されているのでご覧下さい♪
   ↓  ↓  ↓
http://ktwlures.exblog.jp/15057779/

塚本さんの解説って、何時もの如くすんごい分かり易いんですけど、ルアーのサイズやウェイトが書かれてないので(爆笑)、少し補足しときますね。

僕が持っているRodio Drive type-Cを計測してみましたところ、

ボディー長 : 64mm(リップ含まない)
ウェイト : 9.2g


でしたーー。

まぁ、もっと分かり易く言えば、ちょうどビーツァMシリーズと同じぐらいのボリューム感です。(笑)

KTWクランクについては、この裏日記でもぜひご紹介させて頂きたいと思いつつも未だ記事に出来ておりませんが(書きたい事が多すぎて逆に書けない。笑)、単なるハイクオリティーなウッドクランクという話だけで終わらないんですよねー。(マジ)

皆さんもご存知の通り、確かに日本製のバルサやウッドクランクって、アメモノに比べるとバラつきも無く、総じてクオリティーが高いですよね。

もちろん、KTWクランクも最高級のクオリティー。
恐らくウッドクランクの最高峰の一つだと思います!!


じゃあ何がKTWがKTWたる所以なのか?

その答えは単純明快。

それは塚本さんが作っているからです!!(笑)

いやいや、それは冗談。(笑)

KTWのクランクってそれぞれのモデルに明確なコンセプトがあり、
それぞれが非常に個性的かつ完成度が非常に高い事にあると思います。


そりゃ、あんだけクランクを投げ倒されている方が作られている訳ですから、いいものが出来て当然か。(笑)

いずれにしても僕のつたない言葉では表現できませんが、
シンプル・イズ・ベストと言うか、シンプルだからこそ、
その奥深さを感じるとでも言ったらいいんでしょうか?(意味のワカラン表現ですね。汗)



ちなみに、僕的にKTWクランクの特徴の一つと感じているのが、
意外かもしれませんが、KTWクランクが出す音です。

この音質が凄くいい感じなんですよねー。

既にKTWルアーをお持ちの方はぜひ手に持って振ってみて頂きたいのですが、
KTWクランクが出す音(フックやスプリットリングが擦れる音)って、他のクランクに比べて遥かに音質が高いんですよね。

通常のノンラトルクランクのフック接触音がゴトゴト、もしくはカシャカシャレベルだとすると、
KTWはキンキン、もしくはカラコロって感じの金属音。

モデルによっては風鈴みたいな綺麗な音が出ているモデルもあります。(ええ音ですよ。笑)

この音質はST36と言うフックの特徴でもあるんですけど、
KTWクランクはその特徴が最大限に発揮されている感じです。

以前は、塚本さんのクランクって綺麗な音だなーってなぐらいにしか思っていなかったのですが、
最近、ニシネブレードワークスな僕としては、この金属接触音系の音は見逃せません。(笑)

僕的には、KTWボディーにブレードを搭載したモデルを作って欲しいぐらいです!!(爆)


何故、KTWクランクがこんな音を出すか?

それはたぶん企業秘密になると思うんで割愛させて頂きたいと思いますが、
恐らく、KTW独自のウッド素材の下地処理工程あたりに秘密があるのではないかと感じています。

後は使用されているコーティング剤との相性もあるのでしょうね。

塚本さんが意図してそれらを工程に組み込まれているかどうかまではワカリマセンが、
いずれにしても、KTWはオンリーワンですね。

恐らく今回も即売り切れだとは思いますが、もしチャンスがあったらKTWクランクを試してみて下さい!!

■ 塚本さんのRodio Drive type-Cの記事
by nishinelureworks | 2010-09-03 02:58 | おすすめルアー | Trackback

今日はチャートリュース君♪

本日、2度目の投稿です!!

ただ今、チャートリュースブルーギルのパッケージング中~♪

d0145899_7301259.jpg

なんか、妙にエエ感じ。(笑)

カナダ出荷まであと一息!!
by nishinelureworks | 2010-09-02 07:32 | 出荷情報 | Trackback

琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part1)

稲吉さんより琵琶湖TEST釣行記を頂きましたー!!

ここ最近の釣行記を3部作で頂いております。
今日はそのパート1です!!

--------------------------------------------
『 琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part1)』

こんにちは!

最近の西根さん、凄まじい釣果をたたき出しておられますね!
ほんと琵琶湖で釣られているのでは?って思ってしまうくらい。(笑)

琵琶湖はというrと、今年はウイードの成長もよくないことが影響してかは分かりませんが、
全体的にずっと厳しい状況が」続いています。(日によっていい日もあるようですが・・・。)
私もNLWプロスタッフ失格って言われても仕方がないくらい、釣れていません。(泣)

でも、あまりにも釣行記を更新していないのも如何なものかってことで、今回は、夏の番外編(Part1、Part2)の釣行記です。

まずPart1は、息子との釣行記です。

息子の夏休み中に連れて行く約束をしていたのですが、ほんと釣れなくてどうしようって思っていました。
しかし、少し前より釣れるようになってきたので、「あまり釣れないけど行く?」って聞いてみたら「釣れなくても行きたい!」って即答だったので、釣行決定。

この日、私が息子と回るエリアは、3箇所に絞っていました。
1.ディープでBIGバス狙い
2.ウイードパッチでのTOP
3.小バス~レギュラーサイズの数釣り
って感じ。

まずはBIGバス狙いで、私はHOG系のTX、息子はストレートワームのワッキー(前回、50UPを仕留めた物)でスタート。

HOG系ワームのTXには2、3回バイトがありましたがノリません。
息子にもバイトはない・・・。

やっぱりダメか?って思っていると、私のTXにBIGサイズが来ちゃいました。

遠くでジャンプした姿から55cmUP以上は確定!

状況からして、今日は息子ではいいサイズが釣れない可能性もあるし、BIGバスの引きの強さも味わってもらいたいため、バトンタッチ。

私は、私の大事なタックルを放してしまわないように、軽くアシスト。
しかし、圧倒的なパワーに負けてしまい、残念ながらフックオフ。(ちょっとデカ過ぎたかな?)

その後、ストレートワームのワッキーを黙々と投げ続けていた息子にバイト!

d0145899_2305491.jpg

40cmをキャッチ。

更に、「大きいの来た!」って格闘する息子!

d0145899_2322917.jpg

48cmのBIGサイズをキャッチ!(喜)

その後、ルアー(プラグ)で釣りたいって言うので、TOPエリアにチェンジ。

私はオチアユWP125F(オチアユカラー)、息子にはプロップベイトをチョイス。

d0145899_2333939.jpg

まずは、お手本フィッシュってことで、私がレギュラーサイズをキャッチ。

どこをどう狙ったらいいのか理解した息子も頑張って投げ続けます。

「来た!」って息子が叫んでいます!

しかし、ウイードに潜られ、出てきません。
私もアイストし、何とかキャッチ成功。

d0145899_2344076.jpg

41cmのGOODサイズ!

息子のハードプラグ記録更新です!

その後は、最後に予定していた数釣りをライトリグで楽しみ、15時くらいで終了。

この日の釣果は息子が48cm、41cm、40cmとそれ以下7、8本。
私が40cmUP4本、それ以下20本くらいって感じでした。

息子も40cmUPを3本キャッチでき、十分満足してくれたので、パパとしてはOKかな!

何よりルアー(プラグ)で41cm釣れたことが、本当に嬉しそうでした。
TOPでバスが水面を割って出る釣り覚えたら、そりゃ~興奮しちゃいますよね~!
今度はNLWルアーで釣らせてあげないと!

以上、琵琶湖TEST釣行記(夏の番外編Part1)でした。



稲吉さん、ありがとうございました!!

息子さんとのほのぼのフィッシング、いいですねーーー!!

I君、ハードプラグ記録更新おめでとねー!!(祝!)

いやぁ、ホンッとにいいですね!!(笑)

そして、稲吉さんの琵琶湖TEST釣行記は怒涛の釣りまくりパート2に突入します。
明日のパート2をお楽しみに!!
by nishinelureworks | 2010-09-02 02:43 | 琵琶湖TEST釣行記 | Trackback

ただ今パッケージング中!!

ただ今、必死こいてデカビーツァのパッケージング中です!!

d0145899_6155119.jpg

ブルーギル君がいっぱい。(笑)

そして、パッケージスリットのデザインも無事に完了!!
d0145899_6172316.jpg

パッケージが始まった段階で、まだスリットが出来ていないってのもどうかと思いますが、
なんせ零細インディーズなもんで、最後は何時もこんな感じ。(汗)

今からこの原版をStaplesに持って行ってカラーコピーしてもらい、
自分が切って、嫁さんが折って、ようやくパッケージスリットの完成です。

あははは、ホントに手作り。(笑)

って訳で、今日は時間が無いのでこの辺で~~。
by nishinelureworks | 2010-09-01 06:23 | 日常日記 | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー