Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

NLWアウトレット 『SCスメルト11gご予約受付開始!!』

このブログアップを持ちましてSCスメルト11gのご予約の受付を開始させて頂きたいと思います!

今回発売させて頂くカラーは、先日ご紹介させて頂きました通り、下記3色となります。
ルアーのスペックや特徴等につきましてはコチラをご覧頂ければ幸いです。

■ 販売カラー
d0145899_1925164.jpg

写真上から、

スメルト(SMT)
ブルーシャイナー(BS)
エメラルドシャイナー(ES)



■ 価格
1,700円(カナダの会社からの販売となりますので消費税は掛かりません)


■ ご注文方法
メールにて下記内容をご送信下さい。
■ メール件名 : スメルトとご記入下さい
■ お名前 :
■ お名前のフリガナ(カタカナ):
■ 郵便番号 :
■ ご住所 :
■ お電話番号 :
■ ブログに掲載可能なハンドルネーム(メールでご連絡がつかない場合の緊急連絡用です) :
■ ご注文内容  SMT(スメルト) x  個 
         BS(ブルーシャイナー) x  個
         ES(エメラルドシャイナー) x  個  
■ バックオーダーをご希望されるかどうか:希望する  希望しない

*バックオーダーについて
もし今回販売予定分のSCスメルト上記3機種が売り切れとなった場合、バックオーダーとしてご注文を残されるかどうか、上記項目欄の『希望する』と『希望しない』のどちらかをご選択頂ければ幸いです。


■ ご予約受付期間
ご予約メールの受け付けは日本時間の9月4日(水曜日)いっぱい受け付けさせて頂く予定ですので、何卒宜しくお願い致します。


■ 納期
今回の販売分につきましてはご入金確認後、数日以内のお届けを目標に作業を進めさせて頂きます。(お届け方法は定型外郵便)
バックオーダーが発生した場合の納期等については当ブログにて随時製作状況をご報告させて頂きます。


■ 送料
一律300円のご負担をお願い致します。
(この送料には、カナダからの送料&関税等も全て含まれています)


■ ご注文頂いてから、ルアー発送までの流れ
1:ご注文頂いた方に”ご予約承りましたメール”を返信させて頂きます。

もしご予約頂いたにも関わらず24時間待っても返信が無い場合は、大変お手数で申し訳ありませんが、ご一報頂ければ幸いです。

今までの状況として、携帯電話よりご注文を頂きました方に、こちらからの返信メールが届いていない事が多かったので、今一度着信設定をご確認頂ければ幸いです。

2:ご注文が確定次第、改めてご案内メールを返信させて頂きます。
  *このメールにて金額と、お振込み先の銀行口座番号をご案内させて頂きます。
   もしバックオーダーとなりました場合は、その旨をご連絡させて頂きます。

  *場合によっては正式なご案内メールを送らせて頂くまでに数日のお時間を頂く事になるかもしれませんが、
   何卒ご容赦頂ければ幸いです。


3:銀行口座へのお振込みをご確認させて頂き次第、順次発送させて頂きます。


以上、何時もの如く大変お手数をお掛けして申し訳ありませんが、何卒ご検討頂ければ幸いです!


■ ご連絡先
info@nishinelureworks.com


特定商法に基づく表記
by nishinelureworks | 2013-09-02 19:59 | NLWアウトレット | Trackback

SCスメルト11g発売間近特集 『リリース予定色のご紹介!!』

長々と書かせて頂きましたSCスメルト特集。

本日は今回リリース予定のカラーをご紹介させて頂きますね!

■ カラー1
d0145899_101347.jpg
                       Smelt/スメルト


■ カラー2
d0145899_125292.jpg
                    Blue Shiner/ブルーシャイナー

と、この2色は5gモデルでリリースさせて頂いたカラーです。
以前もご説明させて頂きました通り、スメルトはワカサギ系カラー。
そして、ブルーシャイナーはブルー系のベイトフィッシュをイメージしたカラーリングとなっています。


■ カラー3
d0145899_171520.jpg
                  Emerald Shiner/エメラルドシャイナー

そして、今回新たに加わったのがこの色。
殆ど自分の趣味で塗ったような色ですが(笑)、五大湖地方のメインベイトとなっているエメラルドシャイナーがモチーフです。
エメラルドシャイナーって不思議な色をしてて、空中で見るとメタリックが強いワカサギみたいな感じなんですけど、水中で見ると、背筋がグリーンパール色に輝くんですよね~。

日本でいえば、オイカワなどがグリーンパール系の魚ではないかと思います♪

と言う訳で、以上3色をリリース予定です!!


価格および受注開始日時は下記の通りですので、何卒ご検討頂ければ幸いです。

■ 価格
販売価格/1,700円

■ 発売予定日&販売方法
当ブログにて日本時間の9月2日(月曜日)のPM8時頃ぐらいからご予約を承らせて頂く予定です。
by nishinelureworks | 2013-09-02 01:27 | SC-Smelt | Trackback

SCスメルト11g発売間近特集 『ルアー操作法のコツ&適合タックル』

SCスメルト11gの操作方法ですが、これがただ単にシャクれば良いという訳ではなく、若干のコツがあります。

まずは百聞は一見にしかずという事で、この動画をご覧くださいませ~♪



以前ご紹介させて頂きました舞木さんの実釣動画ですが、まず一番最初にご覧頂きたい点はロッドのシャクリ幅。

海のバーチカルジギングのようなフルストローク&フルパワーのシャクリではなく、ラバージグを小突くぐらいのシャクリ幅である事をご確認頂けるかと思います。

僕自身がSCスメルト11gを使用する際も、これと同じぐらいか、もう少しシャクリが弱めぐらいの感じです。

色々試してみたのですが、フルストロークで大きくシャクルと、ルアーがバスの視界から消えてしまうのか、はたまた魚が追いきれないのか、あまり釣れた試しはありません。(笑)

SCスメルト11gをラバージグを小突くぐらいの感覚でシャクると、ブルブルブルとバイブレーションを感じる事が出来るのですが、それを感じ取れるぐらいのスピード&シャクリ幅でアップダウンを繰り返すのが今のところベストな感じ。

イメージ的には、魚のストライクウィンドウから大きく外さず、ルアーの上下運動&ジグザグアクションでリアクションスイッチを入れてあげるイメージです。


そして、2番目にご覧頂きたい点は、ルアーのフォールのさせ方。

ラインスラックを出して、完全にフリーフォールさせるのではなく、微妙にラインテンションを掛けながらフォールさせるのが物凄く重要!!

このテンションの掛け方がかなり微妙で、完全フリーでもなくテンションをかけっぱなしでもない、ハーフテンションを掛けた状態となります。

完全フリーだと、ルアーがスコーンと速く沈みすぎてしまい、バイトが非常にとり辛くなってしまいますし、
かといって、完全にラインテンションを掛けちゃうと、ルアーが水平状態のまま下に落ちていくという不自然な状態になります。(笑)

当然のことながら、そんな泳ぎ方をする魚はいませんので、一つの目安はSCスメルトが下に向かって泳いで行っているような角度で沈められるロッドスピード&テンションの掛け方を探してみてください。

そんな訳で、ただ単にルアー任せでフリーフォールさせれば良いと言う訳ではないので、若干の慣れとコツが要りますが、水がクリアーな場所でルアーの沈み方をご確認頂ければ、容易にご理解頂けるかと思います。



そして、最後にご覧頂きたい点は、バイトの出るタイミング

多くの場合、ルアーをフォールさせている最中か、落とし込んでいったルアーが一瞬止まった瞬間(しゃくり上げるまでの一瞬のタイムラグ)にバイトしてくる事が多いので、何か違和感を感じたら、思いっきりアワセましょう!(笑)

このアワセが決まった瞬間の”してやったり感”はタマランですよ~。(笑)

海とかでSCスメルトを使う場合、どんな操作法が向いているか未知数ですが、とりあえず今のところ、以上の使い方でバス以外にも、トラウト、ドラム、ウォールアイ、その他色々釣れておりますので、是非試してみてください♪


このSCスメルト11gの適合タックルですが、フィールドや狙う魚種によって異なると思いますが、今のところの自分のベストタックルは6.6ftのライトアクションのベイトロッド+ハイギアリール+PEライン+フロロリーダーの組み合わせ。

d0145899_1555274.jpg

■ タックルデータ(エリー湖&ナイアガラリバー仕様)
ロッド : ファーレンハイト166L
リール : Revo ALT
ライン : サンライン・D1ハイブリッドPE船1.5号
リーダー: レッドスプール16ポンド

最近、船用の色分けラインを導入したんですけど、シューティングで中層を狙う際にタナを取りやすくていい感じですね~♪
そして、細いリーダーだとゼブラマッスルでラインブレイクが多発するので、リーダーは16ポンドと太目を使っています。


このタックル以前は、アンリミ166ML(ミディアムライトアクション)+アルデバランMg7+フロロ16ポンドというタックルでSCスメルト11gを使ってて、これもなかなかいい感じだったのですが、バイトを弾いたり、たまにバレる事がありました。
んで、ロッドを柔らかくしてみたら、バレ&ミスバイトの数が減りました。

ロッドが柔らかくなった分、若干感度が低下しフッキングパワーも不足気味になるので、そこをPEラインでカバーする感じですね~♪

っとまぁ、3回に分けて書かせて頂きましたが、今現在、僕がやっているSCスメルト11gのディープシューティングはこんな感じです。

もちろん、これがベストではない、というかベストであろうはずがないと思いますので(笑)、一つの目安ぐらいに受け止めておいて頂ければ幸いです。


明日は、今回発売予定の3色をご紹介させて頂きま~す!!
by nishinelureworks | 2013-09-01 02:29 | SC-Smelt | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー