Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2019年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

NLW VLOG #52 【激流ジャークベイトチャレンジ!!】

エリー湖、そしてナイアガラリバーのオカッパリでバスは釣れるのか?
そんなテーマを持って臨んだ今回の釣行動画。

d0145899_21535221.jpeg

今までトライはしてみてはいるものの、過去8年間、一度もオカッパリでバスを釣り上げた事がないジャイアントフィールドにオカッパリで挑んでみました。

エリー湖もナイアガラリバーも、その規格外のサイズであるがゆえに、バスがオカッパリの射程距離に居てくれる可能性がある場所が非常に限られており、ほぼほぼ無理だと思われたこの日の釣行。

そんなミッションインポッシブルと思われるところからスタートし、今までボートで釣りをしてきた経験を基にしたり、グーグルマップで可能性を見出したスポットにオカッパリでアタック!!

そして、歩いて歩いてようやく見つけたスポットでドラマが待っていました。
このスポットは、五大湖の水が全て流れ込む要所にあり、そのカレントの強さも規格外レベルの激流。

そんな激流スポットで、バスをキャッチして行くまでの全てのプロセスを動画に収める事が出来ました。

おそらくですが、川バスを狙われている方には特にシンパシーを感じて頂ける内容になってるんじゃないかという気がしていますので、もし宜しければご覧下さいませー♪😊

■ NLW VLOG #52 激流ジャークベイトチャレンジ!!


by nishinelureworks | 2019-07-29 21:43 | NLW VLOG | Trackback

■ NLW VLOG #51 【超根掛かりスポットにチッパワDDで挑む!】

Youtubeに最新動画をアップしました。

d0145899_22530835.jpeg
今回のテーマも、オカッパリでディープクランク。

根掛かりが超多発するリスキーなフィールドにチッパワDDで挑んで参りました。💪

今回の釣り場として選んだフィールドはウェランド運河という、オンタリオ湖とエリー湖を結ぶ運河。
このウェランド運河はスエズ運河、パナマ運河に続く、世界で三番目に大きな運河で、五大湖の水運の要として機能しており、海を航行するような巨大タンカーや貨物船が往来しています。

d0145899_23025697.jpeg
運河を航行する巨大タンカー。
この写真はタンカー後部の2/3ぐらい。(船がデカすぎて写真に入りきらないw)

このウェランド運河ですが、ウチから車で3分の至近距離にあるものの、難易度が高くて釣りあぐねていたフィールド。

その理由の一つが、冬場は運河の水門のメンテナンスで運河の水を抜いてしまう為、その年に魚がいるかどうかは、春以降、水が張られた時に、オンタリオ湖から水門を伝って、どれだけ魚が入って来るかに左右されるという事。
もちろんベイトフィッシュにも同じことが言えるので、ベイトが入って来なければバスも入って来ませんし、基本は魚影が薄いフィールドです。

そして、このフィールドが難しいもう一つの理由は、地形がプアで、魚がいる場所を絞りづらいという点。

d0145899_23103616.jpeg
この写真は冬場に水を抜かれた時の写真なのですが、機械でまっすぐ掘ってあるので、基本同じような直線的なブレイクが延々と続いていますw

そのブレイクに、おそらく船の引き波で岸が削られるのを防ぐ目的だと思うのですが、ご覧の感じで水面下3mぐらいまで石が引き詰められたリップラップバンクとなっています。

で、このリップラップが最高レベルに根掛かりする危険地帯。😱
ジグなんか投げたらまず一投で無くなりますし、クランクとかも障害物回避性能とか言う前に、石の間に挟まって根掛かってしまいます。😭

こういう根掛かりしまくるような場所では、魚を浮かせて釣りたいところですが、ジャークベイトを使おうにも水が濁ってて効果は薄いし、強いて言えばスピナーベイトやシャロークランクでリップラップをかすめるようにして巻くぐらいでしょうか。
が、それにしてもリップラップの一番下の土ボトムとのエッジを狙うにはシャロークランクでは無理があるし、スピナーベイトでは難易度が高すぎます。(同じく岩に挟まる可能性大)

おそらくこの運河のバスの多くは餌を求めてブレイク伝いに回遊してて、リップラップにいるゴビーなどをついばんで食べているはずなので、ニシネナマズなどのノーシンカーなんかは釣れそうですが、それにしても魚影が薄くて効率が悪すぎる感じ。😅

ってな訳で、いつの間にやらこのフィールドに足が向かなくなっていました。

その難攻不落のフィールド攻略に一縷の希望の光を与えてくれたのが、今回のチッパワDDチャレンジでした。

チッパワDDなら沖に投げて岸に向けて巻けば、リップラップの下のエッジに届きますし、ソフトベイトより遥かに広いエリアをカバーできます。

問題はリップラップに到達した後、ヒルクライム状態になった時にどうやって根掛かりを回避したらいいのか?という点。
チッパワDDは根掛かりが少ないクランクですが、調子こいて巻けば、あっという間に石の間に挟まって根掛かりするのは明白です。

が、逆に言えば、根掛かりさえ克服できれば、その先には大きな可能性が広がっているとも言えます。

そんな条件を踏まえた上で、今回のチャレンジでは、タックルのテストから始め、バスキャッチに至るまでの過程を映像に収めることができました。

正直、釣れたバスは小さいし、動画にするかどうか迷いましたが、魚のサイズは別にしても、もしかしたらこの過程はご覧頂いたら何かの役に立つかも?と言う気がして、あえてこの日の夕方の釣行の模様は全てのキャストをノーカットで動画にしてみました。

結果、38分超えという、僕の動画としては異例の長さになってしまいましたが💦、もし興味のある方がいらっしゃいましたらご覧頂ければ幸いです。

と言うわけで、今回のチッパワDDチャレンジの動画です〜!😊

■ NLW VLOG #51 超根掛かりスポットにチッパワDDで挑む!


by nishinelureworks | 2019-07-25 22:52 | NLW VLOG | Trackback

■ NLW VLOG #50 【チッパワDDオカッパリチャレンジ!】

ちょいと今マイブームになりつつあるのが、岸からディープクランクは出番はあるのか?というテーマ。

その発端になったのは、先日、小規模池で何の気なしに投げたチッパワDDにビッグバスが食ってきたことに端を発するのですが、これがやってみると何かありそうな予感😍

その時の動画はこちら↓
確かにオカッパリからディープクランクを投げるのは根掛かりが怖いですし、普通はあまり選択肢に入らないと思うのですが、ルアービルダーの観点から、根掛かり恐怖はひとまず置いておいて、オカッパリでディープクランクが必要になるシチュエーションがあるのかないのか?そして釣れるのか釣れないのか?という可能性は確認しておきたいところ。

何事も試してみないとわからないですし、もしかしたらヒョウタンからコマが出てくるかもしれませんw

ってなわけで、最近チッパワDDを岸から投げまくっています♪😊

d0145899_22202897.jpeg

今回の動画のテーマは、オカッパリでディープクランクはありなのか?

とりあえず、手ごたえは感じていますが、まだその可能性は自分の中では未知数。🤔

このトライアルは、これからしっかりやり込んでいきたいと思っていますが、もし宜しければその第一発目のトライアルの模様をご覧ください。

■ NLW VLOG #50 チッパワDDオカッパリチャレンジ!
ちなみにこの日の夕方、全く違うロケーションでチッパワDDオカッパリチャレンジしてみたら、ナイスサイズのスモールマウスも食って来てくれました♪
d0145899_22184655.jpeg
これはちょっと本腰を入れて追求してみる必要があるかも?と感じている今日この頃です。😊

by nishinelureworks | 2019-07-22 22:00 | NLW VLOG | Trackback

水面動画 【チッパワDDくんの水中大冒険その2】

少し間が空いてしまいましたが、NLW水中動画その2がアップになりました。

d0145899_21310486.jpeg
チッパワDDくんの水中大冒険!😊

現在取り組んでいるこの水中動画シリーズですが、水中カメラを装着したヘビータックルでひたすら投げ続けるという、まぁまぁ重労働な作業💦

超クリアーなフィールドで、カメラがついたリグ(シンカーの代わりがカメラのキャロライナリグw)をドボンドボンと投げ込みまくり、違和感ありまくりなカメラが目の前についているルアーを引きまくりで、撮影中は釣れる気全くゼロw

実際になかなか釣れないのですが、撮影を終えて録画した動画をパソコンで紐解いてみると、全く想像していなかったレベルで水中では様々なドラマが繰り広げられていた事に毎回驚かされます。

ちなみに今回の動画で、自分が最も興味を惹かれたのはこのシーン。
d0145899_21391233.jpeg
どこからともなく登場してチッパワDDを追尾し始めた片目のスモールマウス君なのですが、目が見える側ではなく、目が見えてないと思われる側でルアーに沿って追尾。
まるでルアーの振動を感じているかのような素振りにすごく興味を惹かれました。😊

今回の動画では魚のバイトを得ることが出来ませんでしたが、それでも十分ご覧頂く価値がある動画になっていると思いますので、もし宜しければご覧になってみて下さいませ〜♪

■ アンダーウォーターエクスプローラー#2

by nishinelureworks | 2019-07-21 21:30 | 水中動画 | Trackback

NLW VLOG #49 【トロント近郊の小規模池でビッグバス連発!】

Youtubeに最新動画をアップしました♪

d0145899_20504196.jpeg
今回のNLW VLOGはトロント近郊の小規模池での釣行動画なんですが、ほんのちょっと釣りするつもりで横着こいてチェストカメラ無しで釣りしてたら、そんな時に限って奇跡的にビッグバスを連発してしまいましたw

この小さな小さな池、住宅地のど真ん中にある関係で釣り人も入れ替わり立ち代り釣りしてて、歩けば5分ぐらいで一周できてしまうぐらい小さな池なんですが、全ての条件が整っていれば、こんなに小さな池でもバスはこんなに健康的に大きく育つ事が出来るんだなぁと、しみじみと感じたこの日の釣行でした。

ってなわけで、最近小さな池の探検が楽しすぎて、グーグルマップを見入っては次はどこに行こうかなぁとワクワクする毎日を過ごしています〜♪😊

■ トロント近郊の小規模池でビッグバス連発!


by nishinelureworks | 2019-07-19 20:49 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #48 【フロリダの池で出たとこ勝負!!】

Youtubeに動画をアップしました♪

d0145899_07064316.jpeg

今回の動画テーマはリアル初フィールドチャレンジ。

全く何も下調べしてない中、グーグルマップを頼りに池を探し、迷子になりながらフロリダのオカッパリフィッシングにチャレンジしてきました♪

なかなか思い通りには行かない新フィールドチャレンジですが、こういう釣りって楽しい〜!😊


■ NLW VLOG #48 フロリダの池で出たとこ勝負!!





by nishinelureworks | 2019-07-17 07:04 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #45 【ニシネナマズでビッグフィッシュを狙い撃ち!】

昨日の釣行の模様をYoutubeにアップしました♪

d0145899_22142145.jpeg

今回の釣行のテーマはニシネナマズ5インチ一本勝負!

この時期、ニシネナマズが効き始めるスポットに行ってみたら、まんまとビッグフィッシュが食いついて来てくれましたw

d0145899_22275111.jpeg

今回の動画では、サイトでビッグフィッシュを発見したところから、キャッチに至るまで全て映像に収める事が出来たのですが、特にご覧頂きたいのは、食ってきてからフッキングまでのシーン。

ニシネナマズを食ってくるバスは、ガッツリ食ってくる事がほとんどで、しっかり食い込ませてからフッキングをした方がフックアップ率も高まるのですが、今回のビッグフィッシュは特に動き回る魚で、クラッチを切って、ライブベイトの泳がせ釣りのような感じで糸を送り込んでからフッキングしてますw

ニシネナマズ5インチの発売はもう少し先になりますが、使って頂く上で最重要事項となりますので、こんな感じとイメージトレーニングしておいて頂ければ幸いです♪

と言う訳で、ニシネナマズ5インチの実釣動画#1です〜!

■ NLW VLOG #45 ニシネナマズでビッグフィッシュを狙い撃ち!

by nishinelureworks | 2019-07-07 22:13 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #44 【即席プロトでLet‘s Go!】

先日の釣行の模様を動画にアップしました。

d0145899_22564506.jpeg

先日、往年の名作のスピナーテールバングオーで良い釣りが出来て、それに感化されて作った即席プロトを引っさげて突撃!

が、朝の釣りではカメしか釣れないという、まさかの展開💦
d0145899_23092760.jpeg

新しいルアーのファーストフィッシュは何時もバス以外の魚というのはNLWの伝統ですが、今回は魚ですらなかったという、NLW史に名を刻むプロトとなりましたw

そんなわけで、カメさんだけでは終われん!と、工房に舞い戻ってプロトの改良を施し、夕方にまたチャレンジ!(←懲りないヤツw)

雨が降り出した夕刻。
雨にも負けず、カメにもメゲず、トライした先には、これまた、まさかそんな事が起こる?みたいな展開が待っていましたw

この動画は、ある意味ルアービルダーの釣り&生活はこんな感じというのが垣間見える動画になっているんじゃ無いかと思います。

ヒントを手繰り寄せるために試行錯誤し、考え、作り、改良し、ダメだったとしても諦めないでトライし続ける。
ビッグフィッシュが釣れたとか、トーナメントのビッグステージに立つとか、華々しい事は一切ありませんが、この地道な作業と釣りが自分の生きる道だと信じてやっています。

というわけで、そんなルアービルダーの日常の釣りをご覧頂ければ幸いです〜。😊


by nishinelureworks | 2019-07-04 22:55 | NLW VLOG | Trackback

2019年新製品 【ニシネナマズ5インチ】

先日公開になったニシネナマズ5インチですが、公開以降、大きな反響を頂き、ただただ感謝です。

釣れそう!!とか、カワイイ!!とか、ナメクジに見える!!とかw、沢山のご感想やご意見を頂きホント嬉しいです♪😊

そんなナメク・・・じゃなかったw、ナマズくんですが、今日は少しだけどんなルアーかご紹介させて頂きますね♪

d0145899_22532095.jpeg

このニシネナマズですが、元を辿るとゴビゾーと呼ばれるゴビー型ソフトベイトのプロトモデルが出発点になっています。

ベースモデルになったゴビゾーさん達♪
d0145899_22462514.jpeg
ゴビゾー開発奮闘記はコチラ

ゴビーが進化して行ったらナマズになってしまったという、進化論を説いたダーウィンさんもビックリな進化を遂げたニシネナマズですがw、ゴビーがナマズになったのには一つのキッカケがありました。

それは釣りをしてたある日、“実はバスはナマズの幼魚を食べてるんじゃ無いか?”と、ふと思った事があったんです。

何をきっかけにしてそう思ったかは今となっては思い出せませんが💦、たしかに考えてみたら、ナマズの幼魚って、毒もなければ硬い鱗もないし、動きは鈍いし、生息圏もバスと一緒だし、栄養価は高そうだし(しかも美味そうw)、考えれば考えるほど、バスにとって理想的なエサなんじゃないかな?っと閃めいた訳です。

で、早速ナマズ型のプロトを作って試してみたところ、もう釣れるわ釣れるわでビックリしまくり💦

何に一番驚いたって、食ってくるバスの殆どが一度食いついたら吐き出すことなく、モグモグと一生懸命飲み込もうとすること・・・。

そんな食い方をするバスを見るにつけ、こりゃ本当に食いたいんだな、ナマズさんが大好きなんだなと確信するに至った次第です♪💪

なぜバス達がそういうガッツリバイトをしてくるのか、それはバスのみぞ知るという感じではありますが、自分が想像している中で、その一つの理由になっているのかも?と考えているのが、ナマズくんが水中で醸し出す存在感。

d0145899_22343641.jpeg

この写真はプロトモデルをハンドインジェクションした後、水に浸して熱を冷ましているところなのですが、水中での存在感というか見た目がもうナマズの群れw

もう最初にバスに発見された時点で、かなり食いたい状態になっているんじゃないかな?と想像しています。(あくまで妄想です)

そう感じる理由は、このナマズくんを色んな素材で作って試してみたのですが、ソルトを混ぜ込んだ高比重素材であれば、多少硬かろうが柔らかかろうが、臭いがついてようがついてなかろうが関係なく食ってくる感じで、バスからしてみたらボトムにステイしてるベイトフィッシュにしか見えてないんじゃなかろうかという気がしています。😊💪

ハードベイトの釣りでは、最初にバスがルアーの存在に気がついた瞬間にどれだけ深く信じ込ませる事ができるかどうかが勝負だと常日頃思っているのですが、ソフトベイトも一緒だな、と感じさせてくれたのがこのナマズくんでした♪

そんなニシネナマズ5インチですが、また追い追い釣行動画等でご覧頂く事になるかと思いますが、このルアーのテストにご協力頂いたスタジオソラの越岡さんが、テスト時の模様&ルアーの感想をブログに綴って下さっておりますので、もし宜しければご覧下さい。😊

ニシネナマズ、今年日本でも発売を予定しておりますので楽しみにしてて下さいね〜♪😊




by nishinelureworks | 2019-07-01 22:24 | Nishine Namazu | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31