Nishine Lure Works 裏日記

beatour.exblog.jp ブログトップ | ログイン

釣果報告 【チッパワフィッシュ3連発!】

釣果報告4日目です。

今日の釣果報告はdiskblackさんから頂いたチッパワフィッシュ♪

琵琶湖が爆風で釣りにならなかった為、野池に釣りに行かれたらチッパワRBで3連発されたそうです!

d0145899_22343747.jpg
d0145899_22345203.jpg
d0145899_22350716.jpg
diskblackさんによると、短時間にワンスポットで連発してくれました。着水からのポーズでルアーが目視出来るくらいのレンジをゆっくり巻き巻きでバイトする瞬間も丸見えだったので嬉しかったです。との事です♪

ゆっくり巻き巻きでバイトシーンがまる見え!って、もうお話をお聞きするだけで光景が思い浮かんでしまってワクワクが止まりません!(釣りに行きたーい!!)

デッドスローリトリーブからリール全速巻きの超高速域でもきっちり泳ぐようにチッパワRBを仕上げていったのですが、この方法は僕もぜひ試してみたいですね~♪

diskblackさん、素晴らしい釣果報告を頂きありがとうございました!!


皆様からのご連絡やフィードバックはいつでも大歓迎でお待ちしておりますので、何かありましたらご連絡頂けると嬉しいです。
ご連絡方法は、僕のFacebookTwitterにDMでも、メール(info@nishinelureworks.jp)でもなんでも構いませんので、何か釣れたり、気が付かれたことなどありましたらどうぞご遠慮なくご連絡頂ければ幸いです。



# by nishinelureworks | 2018-03-09 22:48 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【琵琶湖よりチッパワフィッシュ&ビーツァM7ロクマルフィッシュ!】

釣果報告3日目です♪

今回の釣果報告も琵琶湖より頂きました。

1発目はうめさんから頂いたチッパワフィッシュ!
d0145899_23225883.jpg
琵琶湖で試して下さり、早速ファーストフィッシュをキャッチして下さったとの事です。(嬉しい~!)

うめさんからは下記レポートを頂いておりますのでシェアさせて頂きますね。

使用フィールド:琵琶湖 

タックル:MHロッド / リール7.3 ハイギア / ライン14lbフロロ

主な使用方法:リップラップ沿いを広範囲にサーチ 

RCクランクと交互に使用気になったところ:
装着されているRCカマキリが鋭すぎる(笑)ことから、若干ゴミを拾いやすい。
私が通っている場所は底にビニールなどが堆積しているので他のルアーでもたまにひっかけます。

対処方法:
リップの裏に若干の板オモリを張り付け姿勢を前のめりに変更しました。フック交換も考えましたが、RCカマキリの信頼性とサイズ縮小はフッキング率を落とすと考えたためです。上記の対処方法でゴミを前途した問題点はある程度解決されました。

既に使い込んでくださり、自分好みのチューンを施して下さっているみたいで嬉しい限りです。(うめさん、ありがとうございます!)

カバーもそこそこ行けるチッパワRBですが、カバーの回避の仕方が強い浮力や大きなリップに依存して回避して来るというタイプではなく、カバー接触時の挙動で回避するという方向性のセッティングになっています。
そういう事もあって若干苦手にしている分野もありまして、これがまさにうめさんからご指摘頂いた部分。
昨日、ビッグフィッシュの釣果報告をご紹介させて頂きましたKazuyaさんもタニシとか、カラス貝とかキャッチされてましたが、これも同じ理由と考えています。
d0145899_00092071.jpg
d0145899_23120086.jpg
貝やごみを収集してくるのは大抵の場合は、フロントフックの下側を向いているフックポイントの場合が殆どで、根掛かりする場合もルアーが岩に挟まってしまうとかいうケースを除けば、大体このフックポイントが引っ掛かるケースが多いです。

これには理由がありまして、ショートなラウンドリップを採用していることと、水平姿勢に近い姿勢で泳いでくる事から、フロントフックの下側を向いているフックポイントが何かに接触する可能性が上がる為ではないかと考えています。

立体的なカバーに関してはボディーがフックをプロテクトするように回避してくれるので、結構するする抜けてきてくれると思うのですが、ボディー挙動では躱せない貝とか、ゴミとかなどを拾ってくることがあるんだと思います。

そういうシチュエーションで使われる場合、うめさんが実践されているウェイトチューンも効果的だと思われますし、もっと直接的にフロントフックの下側を向いているフックポイントを少し内向きに曲げてしまうか、もしくはカットしてしまうのも手ではないかと思います。

ほんの少しだけフックポイントを内側に曲げた状態。
d0145899_00013261.jpg
もし、タニシばっか釣れると嘆いていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、試してみてください。(^^)

カバー回避性能強化モデルのチッパワは、システムクランクの一員として開発を進めておりますので楽しみにしていてくださいね♪


そして、本日2発目の釣果報告はうめさんのご友人のArincoさんから頂いた釣果報告!!

ビーツァM7にドーンとロクマルが食って来たそうです!!
d0145899_23231329.jpg
すんごい丸のみ!!(驚)
昨日も同じことを書きましたが、こんなすごい口をガシッと掴んでみたい~~~!!(憧れ)

arincoさん、ビッグフィッシュキャッチおめでとうございました!
ホント嬉しいです!

詳しい釣行記はarincoさんのブログをご覧ください。^^

うめさん、arincoさん、素晴らしい釣果報告をありがとうございました~!

釣果報告は明日も続きます~♪






# by nishinelureworks | 2018-03-09 00:26 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告 【チッパワRBで琵琶湖のビッグフィッシュ!!】

昨日の釣果報告でタニシでリミットメイクして下さったタニシ男ことKazuyaさんですがw、その翌週、琵琶湖にて素晴らしい魚をキャッチしてくださいました!

しかもズドーンと2発も!!

1発目の54センチ!!
d0145899_22521341.jpg
太ーい!!

このウッドカバーを狙ったら3投目に釣れたそうです♪
d0145899_22560700.jpg
ルアーはチッパワRBのレッドクローフィッシュ!
d0145899_22524088.jpg
d0145899_22531215.jpg
タックルセレクトがシブいっすね~!



そして、この魚をキャッチした後、琵琶湖は爆風になり、南湖に移動して粘っていたらラストのラストですごいドラマが!!

ドカーンと59センチ!!!
d0145899_23011959.jpg
うぉおおおおお~~!!すんごい体形!!!

BPBチャートリュースシャッドをばっこりと丸のみ!!!
d0145899_23002590.jpg
すんごい口っすねぇ。こんな口をガシッと掴んでみたーい!

d0145899_23005580.jpg
測り方によっては余裕でロクマル超えてそうな勢いのバスさんですね~!
チッパワでリップラップを狙っていたらバイトがあり、もう一回投げたらこの凄い魚が食って来たそうです。

もう、お話をお聞きするだけでクランキングに行きたくなっちゃう~~~~!(釣りに行きたい~!)

この日、見事なビッグバスを2匹キャッチされたKazuyaさんですが、天候や月齢や今までのご経験などを考えて、この日だ!と有休を取って釣りに行かれたそうです。
まさに狙いすましてキャッチされた魚ですが、去年チッパワRBの発表があった時、この日が来ることをリアルにイメージできたそうで、確信をもってルアーを投げ続けて下さったとの事でした。(ただのタニシ男ではなかったw)

今回キャッチされた59センチのバス君はKazuyaさんのクランクベイトでのレコードフィッシュとなったとの事で僕も嬉しい限り。
チッパワを作って良かったなぁと、心底感動させて頂きました。(感涙)

Kazuyaさん、レコード更新おめでとうございました!
素晴らしい魚をキャッチして頂き、心より感謝です!!


ちなみに、その後のKazuyaさんですが、その後も兵庫の野池やホームの淀川などに足しげく通われているそうで、先日はついに淀川でこれをキャッチされたそうです。

カラス貝男w
d0145899_23120086.jpg
この日はタニシとカラス貝のミックスバックでリミット達成したそうですw

Kazuyaさん、いつも楽しいツイートありがとうございます!!

これからもガンガン巻きまくってください。感動フィッシュとの出会いをお祈りしてますね!


# by nishinelureworks | 2018-03-07 23:29 | 釣果報告 | Trackback

釣果報告第一弾 【チッパワRB】

音問題でお騒がせしてしまっているチッパワRBですが、続々と釣果報告を頂き始めておりますので、今日から数日間、頂いた釣果報告をご紹介させて頂きたいと思います♪

まずは釣果報告1番乗りはべーやんさん!!
記念すべき日本初釣果報告はコイさん!
d0145899_00085220.jpg
新作をリリースした際、一番最初に釣果報告を頂くのがバス以外の魚というのがNLWの伝統なのですが、そのジンクスはここでも健在だったようですw
べーやんさんによるとメッチャ引いたそうです。(そりゃ引きますってw)
べーやんさんがチッパワのファーストインプレッションをブログに書いてくださっていたので、下記にリンクさせて頂きますね。




そして、釣果報告第2弾はKazuyaさんから頂いたタニシw
d0145899_00092071.jpg
すでに魚ですらありませんがw、Kazuyaさんはタニシでリミットメイクし、入れ替えまでされたそうです♪
しかし、タニシしか釣れていないにも関わらず何故か自信満々のKazuyaさん。”このルアーでやりますよ!”との宣言通り、後日特大ホームランをかっ飛ばして下さったのでした。(おそるべしタニシ男w)
Kazuyaさんの特大ホームランの釣果報告はまた後日ご紹介させて頂きますね♪


釣果報告第3弾は、Tさんより頂いた40UPのバス君!!
ついにバス君登場です!!
d0145899_00093364.jpg
Tさんによると、”引いた時のピッチの速さと強い浮力気に入りました。”とのご感想を頂きました。(ありがとうございます!m(__)m)


余談になりますが、とても嬉しいのは上でご紹介させて頂いたタニシ男w、ではなくKazuyaさんのスワンプクロー。
届いてから投げ倒して下さってて、すでにこんな状態になっているみたいです。
d0145899_00332183.jpg
うっすらと刻み込まれ始めているフックサークル。。。
何の実績もないルアーを信じて投げて下さっていることにただただ感謝です。
作り手としてこれほどありがたく、そして嬉しいことはないです。(感涙)

皆様からのご連絡やフィードバックはいつでも大歓迎でお待ちしておりますので、何かありましたらご連絡頂けると嬉しいです。
ご連絡方法は、僕のFacebookTwitterにDMでも、メール(info@nishinelureworks.jp)でもなんでも構いませんので、何か釣れたり、気が付かれたことなどありましたらどうぞご遠慮なくご連絡頂ければ幸いです。


釣果報告の続きはまた明日アップさせて頂きますね~♪

# by nishinelureworks | 2018-03-07 00:54 | 釣果報告 | Trackback

重要なお知らせ 【チッパワ音問題に関して】

先日発売を開始させて頂いたチッパワRB。
既に釣果報告を頂き始めており、大変嬉しい限りです。

そんなチッパワRBですが、先日Facebookツイッターでご報告させて頂きました通り、ラトル音が安定していないという事が判明いたしました。
発売開始早々、このようなご報告をさせて頂く事態になりましたことを、心よりお詫び申し上げます。

2月に出荷させて頂いた初回出荷分ですが、本来であれば微かなノッカーサウンドが発生する設定になっているのですが、調査を進めた結果、出荷されたものの中にサイレント化してしまっている個体があることが判明いたしました。

まずはチッパワの構造からご説明させて頂きたいのですが、このチッパワRBは内臓ウェイトを完全固定せず、多少の遊びを持たせてコトコト音を発生させるような内部構造になっています。
d0145899_00591401.jpg
が、今回、このウェイトが完全固定されてしまってサイレント化している個体があるようです。

現在、原因を究明中なのですが、調査の結果、二つの原因が重なった結果サイレントモデル化してしまうという事が判明しました。
d0145899_00592466.jpg
分解して内臓ウェイトや、ボディーのサイズなどを採寸して判明したのは二つの原因でした。

まず一つ目の原因はウェイトの均一性
内臓ウェイト重量は6.1g~6.2gという事で指定してあり、製品はその公差内のウェイトが使用されているのですが、その6.1gと6.2gのウェイトでも、ウェイトの厚みに0.17㎜程度の誤差があり、少し重めの6.2gの内臓ウェイトはボディーに収まった時の遊びが少し減ってしまうという事がわかりました。

そして、二つ目の原因はボディー横幅の厚み
インジェクションルアーはご存知の通り、左右のプラスチックパーツを接着(もしくは溶着)して組み立てられているのですが、チッパワRBの場合は超音波溶着という溶着方法をとっています。
この超音波溶着は左右のプラスチックパーツに圧力をかけながら、接合面を超音波で超高速で振動させて溶かして溶着させるという方法で、高い強度を期待できる反面、溶着機械で溶着する際の圧力及び、機械にかける時間も0.1秒単位での厳密なセッティングを必要とし、そのセッティングの違いで仕上がりに微妙な差異が生まれることがわかりました。

で、今回出来上がってきた初回分のチッパワRBがカナダにも届いたのですが、サイズ測定した結果、このボディー横幅に若干のばらつきがあることが認められました。
溶着自体はうまくいっているのですが、ボディーの横幅が指定値18.2㎜に対して、18.1㎜という個体が存在しており、その18.1㎜の少し薄めの個体に6.2gの少し大きめのウェイトが組み合わさった時にサイレント化してしまうという事が判明いたしました。

ルアーは公差内で仕上げられているのですが、その公差内の0.1g&0.1㎜の範囲内の誤差で今回の事案が発生してしまったようです。

これはもう、完全に自分の突き詰めが甘かったことが招いた事案で、何の申し開きもできませんが、本当に申し訳ございませんでした。
ご迷惑をお掛けしている皆様に心よりお詫び申し上げます。

詳しくは下記動画でご説明させて頂きましたので、初回モデルをご購入下さいました方は是非ご覧いただければ幸いです。

■ NLW VLOG #14 チッパワ音問題について



今後ですが、今回の初回分でサイレント化してしまったモデルにつきましては新品交換でのご対応させて頂く事を考えております。

その際に、工場の製造スケジュール上、新品交換用のルアーを準備させて頂けるのが5月以降になってしまうので、大変申し訳ないのですが、それまでお時間のご猶予を頂きたいことと、もしお手持ちのチッパワRBの中にサイレント化した個体をお持ちの方がいらっしゃいましたら、それまでぜひ使ってやって頂ければと思います。
新品への交換は、使用後のルアーでも受け付けさせて頂きますので、この春どうぞ存分に投げてやってください。

このチッパワRBは元々サイレントで開発を進めていたモデルという事もあり、アクション面ではラトルモデルもサイレントモデルも差異はないと思いますが、ご使用されて気が付かれたことがありましたら、今後の製品改良の為にもぜひ教えて頂けると大変ありがたいです。

d0145899_00593263.jpg
パッケージ裏面に記載している"Faint knocker sound"(微妙なコトコト音)

今の段階ではコントロールできておらず、絵に描いた餅状態になってしまっておりますが(汗)、あきらめず研究を重ねていきたいと思います。

最後になりましたが、今回の件につきまして、沢山の方々からご理解と、大変温かいお言葉を頂き、ただただ感謝しております。(感涙)
本当にありがとうございます。
同時にサイレントモデルも欲しいというご要望も沢山頂いておりますので、その件につきましても真剣に検討させて頂きたいと思います。

1日も早く安定した製品を送り出せるよう全力を尽くしていきたい所存です。

今後の予定につきましては、下記のように考えておりますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

■ チッパワRB予定
次回出荷予定:3月末~4月初旬頃
次々回出荷予定:4月下旬
*上記2回の出荷につきましては既に工場で製造が進行している為、ラトル音が出るモデルを選別して出荷させて頂く予定です。

5月:改良をどこまで進められるか今の段階ではわからない関係で、今の段階ではどうなるか未定です。

■ 新品交換対応について 
交換対応の方法及び時期が決まり次第ご案内させて頂きます。



# by nishinelureworks | 2018-03-05 02:12 | Chippawa Series | Trackback

NLW VLOG #13 【チッパワRBってどんなクランク?】

YouTubeにNLW VLOG #13をアップしました。

今回のテーマはいよいよ発売となったチッパワRB。
d0145899_07412767.jpg

2月22日よりデリバリー開始したチッパワRBについて、スペックや特徴などを説明させて頂きました。

■ NLW VLOG #13 チッパワRBってどんなクランク?



既にこの土日に投げて下さった方もいらっしゃるみたいで、釣果報告も頂き始めており、ただただ感謝の一言です。(感涙)

クランキングシーズンにはまだ少し早いかもしれませんが、今シーズン、是非ボロボロになるまで投げ倒してやって頂けると嬉しいです。

いよいよ3月の足音も聞こえ始め、プリスポーンフィッシング突入間近という感じだと思いますが、もしチッパワRBで感動の一匹に出会うことができましたら、是非是非教えてください。^^
皆様からの釣果報告を心より楽しみにしております!!


■ 追記 
今後のチッパワRBの出荷ですが、現在のところ4月初旬と4月下旬の出荷を予定しておりますので、次回分をお待ちの方は、もうしばしお時間を頂ければ幸いです。m(__)m

# by nishinelureworks | 2018-02-26 08:14 | Chippawa Series | Trackback

NLW VLOG #12 【エリー湖のオールドフィッシャーマンに学ぶ驚きのビッグフィッシュパターン】

YouTubeにNLW VLOG#12をアップしました。

今回のテーマは、今年重点的にやりこんでみたいと思う釣りやルアー。

テーマその1はディープクランクの釣り。
d0145899_01342482.jpg


そして、テーマその2は、エリー湖のエキスパートアングラーの間で伝説的に語り継がれている驚きのビッグフィッシュパターンについて話してみました。
d0145899_01352945.jpg
まだまともな魚探が無かった頃、あるオールドフィッシャーマンが実践していた釣り。
ラトリンログという極めてオーソドックスなルアーを用いた特殊な釣りに、スモールマウスフィッシングの奥深さを感じます。



■ NLW VLOG #12 エリー湖のオールドフィッシャーマンに学ぶ驚きのビッグフィッシュパターン

*なぜかブログ上でYouTube動画をうまく貼り付けられないので、下記リンク↓よりご覧ください。(うまく貼り付けできるようになり次第リンクを貼り直します)








# by nishinelureworks | 2018-02-19 01:48 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #11 【TOクロー物語】

YouTubeにNLW VLOG #11をアップしました。

今回のテーマは大森貴洋プロの依頼で作り上げたカスタムカラーの話。
TOクローを中心に、その時のバックストーリーを話してみました。

d0145899_22443212.jpg

エリートシリーズ・レイクマーティン戦のウィニングルアーになったRTOクランクのTOクローカラーの原型。
d0145899_22430621.jpg

カラーパターンやコーティングの厚み等、TOのこだわりが詰め込まれたトーナメントを勝つ事のみを目的にして生まれたカラー
要求に一切の妥協はないので仕上げるのは大変でしたが、ルアービルダーとして非常にやりがいもあり、心躍る仕事でした。

■ NLW VLOG #11 TOクロー物語




■ バックストーリーのバックストーリー
ルアーを送ってしばらく後、TOからふいに送られてきたサプライズ。
d0145899_23023778.jpg
貴重なトーナメントシャツにTOのメッセージ。。ぶっきらぼうだけど、大森君らしい。(笑)
このトーナメントシャツは我が家の家宝です。^^

以前、このブログでTOとの出会いについて書いたことがあったので、記事のリンクを貼り付けておきますね。





今から29年前の約束を少しは果たせたかな。

大森君の今後の更なる活躍を祈って、僕も前進するぞ~!








# by nishinelureworks | 2018-02-15 23:12 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #10 【祝!大森貴洋エリートシリーズ優勝!!】

YouTubeにNLW VLOG #10をアップしました。

今回のテーマは大森貴洋プロのエリートシリーズレイクマーチン戦優勝!!

T.O.やってくれましたね~!!
d0145899_23101920.png
d0145899_23102982.png
d0145899_23103895.png
自分にとっても感慨深い今回の優勝。
そんな想いを話してみました。
d0145899_23104618.jpg
大森君、ラッキークラフトさん、本当におめでとうございました!

■ NLW VLOG #10 祝!大森貴洋エリートシリーズ優勝!!


# by nishinelureworks | 2018-02-12 23:13 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #9 【冬の釣り服カナダ仕様】

YouTubeにNLW VLOG #9をアップしました。

今回のテーマは防寒対策。
冬場の釣りで僕が着ている装備を説明してみました♪^^

d0145899_10563455.jpg
この装備で大体マイナス10度ぐらいまで釣り可能です。
冬場も釣りしたいけど高い服を買えないビンボーオヤジの防寒装備w、参考になるかはわかりませんが、もしよろしければご覧ください。^^

■ NLW VLOG #9 冬の釣り服カナダ仕様

# by nishinelureworks | 2018-02-12 11:03 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #8 【BASS TIMES記事 〜 忘れ去られたラウンドビルクランク】

YoutubeにNLW VLOG#8をアップしました。

今回のテーマは、ラウンドビルクランク。
d0145899_10105453.jpg
バスマスターが発行しているBASS TIMES誌に「The FORGOTTEN Shallow Crankbait」という題名で、ラウンドビルクランクベイトに関する記事が掲載されておりましたので、それについて話してみました♪

The FORGOTTEN Shallow Crankbaitを直訳すると「忘れ去られたシャロークランクベイト」

最近、クランクベイトと言えばスクエアビルみたいな感じで、ラウンドビルクランクは忘れられがちですが、そんなラウンドクランクさん達に脚光を当てる良記事ではないかと思います。

僕も昨年チッパワRBというラウンドビルクランクを開発したのですが、作って感じたのは、ラウンドビルが秘めたポテンシャルは相当のモノだという事でした。^^

この記事内でマイクアイコネリのDT4の使い方などが紹介されていましたので、そちらも軽くご紹介させて頂きました~♪

■ NLW VLOG #8 BASS TIMES記事~忘れ去られたラウンドビルクランク



■ 関連動画 NLW VLOG #2 ルアー話 〜 ラパラDT4


# by nishinelureworks | 2018-02-05 11:11 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG #7 【ルアー話~ソフトベイトにクセが付く意外な理由&解決法】

YouTubeにNLW VLOG #7をアップしました。

今回のテーマは、ソフトベイトについてしまったクセという釣り人あるあるなテーマ。

釣る気満々でパッケージからソフトベイトを出してみたら、ガッツリと変なクセが付いててがっくり来たって事ないですか?w

こんな状態で出て来たら凹みますよねぇ。↓
d0145899_10373150.jpg
実はこれって、パッケージの中に曲った状態で入っていたということ以外にも、ワームオイルがクセがつく原因になっているのではないか?と言う事を自分の失敗談から話させて頂きました。

■ NLW VLOG #7 ルアー話~ソフトベイトにクセが付く意外な理由&解決法


僕はこの失敗をするまで、ワームオイルってワームのコンディションを整える役割があるんだと思ってましたが、使い方を誤ると酷い事になるという話ですw
もし宜しければ参考にして下さい。^^



# by nishinelureworks | 2018-02-02 11:04 | NLW VLOG | Trackback

釣果報告 【琵琶湖で52センチ!-NLWフットボールジグ】

琵琶湖のモギハノンより釣果報告です!

ブラシガードの改造を施したNLWフットボールジグで52センチのナイスバスをキャッチしたそうですよ~!


d0145899_22341576.jpg
d0145899_22343190.jpg
d0145899_22344585.jpg
NLWフットボールジグで52cmのナイスフィッシュをキャッチしました♪
3/8オンスモデルのブラシガード仕様に、バルビュータを組み合わせて、水深10mの岩を狙ってバイトに持ち込みました(^^)
ボトムをズル引いて、軽くスタックさせて外して、ステイ、という感じで動かしました。

モギハノンが今回キャッチしたバルビューターとの組み合わせ、メチャクチャ釣れそうですね!
NLWフットボールジグのブラシガード付きバージョン、結構要望が多いですし、そのうち作ろうかなぁ?
ちょっと検討してみたいと思います♪

モギハノン、サンキュー!!

■ モギハノンガイド







# by nishinelureworks | 2018-01-31 22:45 | 釣果報告 | Trackback

NLW VLOG#6 【クランクベイトのスイムレンジを把握するにはどうしたらいい?】

YouTubeにNLW VLOG #6をアップしました。

今回のテーマは、自分が投げているクランクベイトのスイムレンジをより正確にイメージする為にはどうしたらいいか?という内容で話してみました♪^^
d0145899_06163925.jpg

■ NLW VLOG #6 クランクベイトのスイムレンジを把握するにはどうしたらいい?



この方法は僕自身、テストルアーのキャラクターや最大潜行深度などを掴むために日頃のルアーテストで良くやっている方法です。
オカッパリでも気軽に出来る方法ですので、もし宜しければ試してみて下さいませ~♪




# by nishinelureworks | 2018-01-30 06:22 | NLW VLOG | Trackback

NLW VLOG#5 【デンプシーテール開発秘話】

YoutubeにNLW VLOG#5をアップ致しました。

今回のテーマはデンプシーテール開発秘話。

d0145899_22272818.jpg
沢山バイトが出るのに一向にフックアップしない初期型プロトモデルのフックアップ率をどうやって上げ、製品版まで持って行ったかの過程の話をしてみました。

より強く、より深く、バスにバイトさせる為にはどうしたらいいのか?

そんな試行錯誤について話してみました~♪



より細かい開発記は過去のブログ記事に書いておりますので、もしご興味のある方がいらっしゃいましたらご覧になってみて下さい。^^

■ デンプシーテール開発記






# by nishinelureworks | 2018-01-25 22:39 | NLW VLOG | Trackback
line

ルアー開発、釣り、その他もろもろの徒然記


by nishinelureworks
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30